意外に難しい本の収納方法を紹介! 上手に本棚を収納する3つのコツ

デジタル書籍は増えている中でも、書籍やコミックなど本は現在でも根強い人気を持っています。本は人気のある一方で、本の整理というのは意外に難しく、本の収納に関して苦慮するというのも珍しいことではありません。
本棚収納は本に合わせた最適な本棚選びや保管場所選びなど様々なコツがあります。
本棚収納のコツと注意すべきポイントについて紹介します。

・本棚収納のコツ1:本のサイズを知ろう!

本棚収納を考える前に自分の持っている本のサイズを知るということが大切になります。
本には様々なサイズがありますが、好みによって本のサイズというのはある程度の統一性がある傾向にあります。
例えばコミックを集めているという場合には“新書判”が中心になり、文庫本を集めているという場合には“A6判”が中心になるなど好みによってある程度の統一性が生じるのです。
本のサイズに合わせた本棚を使用することで効率的な本棚収納が可能になり、より多くの本の収納に繋がるのです。

本棚収納の最初のコツは、自分の所持している本のサイズを知り、多く所持する本に合わせた本棚を使用するということです。

・本棚収納のコツ2:収納力と装飾性のどちらを重視する?

本棚を使用するに当たり、収納力を重視するか、装飾性を重視するかは個人に好みによります。
自分の集めた本を飾りたいという場合には装飾性を重視した本棚を使い、とにかくコンパクトに収納したいという場合には収納力を重視した本棚を使用するようにしましょう。
それぞれの特徴をもつ本棚を例にご紹介しましょう。

【本を飾るための本棚】

本を飾るための本棚の代表は“ディスプレイラック”です。主に雑誌などを飾るための本棚で、雑誌ごとに収納することで整理と収納を同時に行なえるという特徴があります。
通常の本棚でも整然と並んだ本というのは非常に装飾性があります。通常の本棚でも装飾性の高い収納は可能ですが、本に合わせたサイズの本棚を使用することで更に装飾性が高まります。コミック用本棚や文庫用本棚なども販売されているので目的に合わせた本棚を利用しましょう。

【コンパクトに収納するにはスライド本棚】

本を飾るというよりも収納力が重要という場合には引き出し式のスライド本棚を使用しましょう。
引き出し式のスライド本棚の中でも縦に並べるタイプの本棚は普段はクローゼットのように見えます。本棚を縦に並べたスライド本棚は日光やホコリを遮ることで本劣化が起こり難いという特徴があります。

本棚を選ぶ際には自分がどのように本を収納したいのかということを考えて最適な本棚を使用するというのが本棚収納のコツです。

・本棚収納のコツ3:本は重い?本を“トランクルーム”で管理する

本の重さというのは意外にも重く、コミック100冊で20~30Kg程度の重さがあります。
大袈裟なケースですが、本によって床が抜けたというケースもあり、本の収納が家や部屋に与える影響は少なくありません。
大量の本を収納したいという場合、マンションやアパートでは適切ではないと考えて良いでしょう。

本を大量に収納したいという場合にはトランクルームを使用するというのも良い方法です。トランクルームは鉄筋コンクリートのオフィスビルを利用していることが殆どなので重量物の保管に関しては最適な空間です。またトランクルームでは空調による温度や湿度の調整も行なわれており本の保管に関しては非常に最適です。
大量の本を所持しているという場合にはトランクルームでの保管というのも選択肢の一つになります。

・目的に合わせた管理方法というのが大事!

本を収納するということは自分の目的や好みに合わせた方法で本棚を選び収納することが大切です。
整理された本棚というのは心を和ませる自分だけの空間を作成するということに繋がります。
自分だけの空間を作るという気持ちで本棚収納を考えてみましょう!

トランクルームで収納不足の悩みを解決!