こんな使い方があった! 倉庫スペースの有効活用法

最近とても多くなった貸倉庫。会社やお店の荷物や在庫を一時保管するためだけではなく、一般の家庭でも借りている人が多いようです。倉庫スペースを意外な方法で活用している人がたくさんいますので、その方法をいくつかご紹介したいと思います。

自宅の収納が少なくても、この活用法を知れば快適な生活を手に入れることができるのです!

  1. 家の倉庫として活用する
  2. ネット通販の在庫を保管する
  3. 転勤や長期出張時に荷物を保管する
  4. 家を建て替える際に家具などを保管する

1.家の倉庫として活用する

家や土地が狭く、自宅に収納スペースが少ないと悩んでいる人が多いようで、それをきっかけに引っ越しや家の増築などを考える場合もあるようです。しかし、収納スペースを確保するために、そこまでする必要があるのでしょうか?「ないものは借りればいい!」「必要がなくなったら返せばいい!」そう考えると、無駄がなくシンプルに暮らせるはずです。

家の中の荷物には、すぐに使わない季節限定の物や今は必要ないけど捨てるのは勿体ないなど、必ずしも家に保管しておく必要がない物がたくさんあるはずで、それらを貸倉庫に収納すると今必要な物だけが手元に残り、快適な生活ができるようになるのです。

物置き代わりに倉庫スペースを借りるケースも多いんですね。
はい。特に都市部に住んでいると、家の収納スペースには限りがあるため、利用している人が多いことでしょう。

2.ネット通販の在庫を保管する

最近とても増えているネット通販。家に居ながら買い物ができるということで、多くの人が利用しているのではないでしょうか?

ネット通販の会社を自宅で立ち上げる人も多く、主婦でも自分のお店を持つことができるということで、大変人気の仕事になっています。しかし、ネットショップの場合は自宅で仕事ができるため、便利な反面、商品の保管場所に困ってしまうそうです。そのような人は、貸倉庫を借りてそこに在庫や仕事に必要な物を保管すると、家の中に大量の荷物が増えることなく管理も楽になるのではないでしょうか?

在庫を管理する場所としても貸し倉庫スペースは便利なんですね。
はい。貸し倉庫スペースを利用すれば、在庫を劣化させることなく保管もできるでしょう。

3.転勤や長期出張時に荷物を保管する

数か月から1.2年と期間が決まっている転勤や出張の場合、その間だけ家具や荷物をどこかに預けておきたいという場合があります。いずれ戻るのだから処分するのは勿体ない、かと言って持って行くこともできないという場合があり、そのような時に貸倉庫に保管すると安全で便利です。

荷物の一時保管場所にも使えるんですね。
はい、1か月単位でレンタルできるので、短期利用も可能です。

4.家を建て替える際に家具などを保管する

家を建て替える際は、数か月他に部屋を借りなくてはなりません。そこに家中の家具や荷物を運び込むことは難しいので、一時保管場所として貸倉庫を活用するのです。すぐに必要な物以外は貸倉庫に入れてしまえば、引っ越しもスムーズでムダがなく、わざわざ全ての荷物が入るような大きな家を借りる必要もないので、節約につながるのではないでしょうか?

貸し倉庫スペースは家具や家電も預かってくれるんですね。
はい。広い倉庫スペースを借りれば大量の荷物も預けられます。

まとめ

何気なく目にする貸倉庫ですが、工夫次第で様々な活用方法があるのです。家が狭く収納スペースがス少ないことを嘆いている人が多いようですが、貸倉庫を一度使ってみると使い勝手が良くとても便利な物だと分かるはずです。限られたスペースを上手に利用して、快適な生活を手に入れましょう!

トランクルームで収納不足の悩みを解決!