トランクルームの上手な使い方とは? ズバリご紹介しましょう!

家に置ききれない荷物を預かってくれるトランクルーム。
利用したいと思っている方も多いでしょう。
しかし、トランクルームの使い方や活用の仕方がわからないという方もいると思います。
そこで今回はトランクルームの活用術をご紹介しましょう。
トランクルームの契約の仕方や契約時に必要な書類などもご説明しますよ。
また、同じようなサービスにレンタル収納ルームがありますが、トランクルームとの違いは何でしょうか?
トランクルームを使ってみたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. トランクルームとは?
  2. どんなものを預けられるの?
  3. トランクルームを借りるにはどうしたらいいの?

1.トランクルームとは?

この項ではトランクルームの活用方法やレンタル収納ルームとの違いをご説明しましょう。
トランクルームとはいったいどのようなサービスなのでしょうか?

1-1.トランクルームとはどんな場所?

トランクルームとは、個人を相手に倉庫業者が荷物を預かってくれるサービスのことを言います。
一昔前までは、倉庫業というと法人を相手に大量の荷物を預かるのが一般的でした。
これの個人向けのサービスがトランクルームです。
トランクルームは倉庫業法という法律に基づき、倉庫業者が国土交の許可を得て営業をしています。

1-2.レンタル収納スペースとの違いは何?

レンタル収納スペースは、家では置き切れない個人の荷物を預かってくれるというサービスは同じです。
しかし、レンタル収納スペースを経営しているのは不動産業者です。
この2つの違いは、荷物を預かる場所と補償の有無です。
トランクルームは倉庫業法に基づいた建物で荷物を保存してくれます。
また、預かった荷物が盗難にあったり、破損したりすれば一定額を補償する義務があります。
ですから、トランクルームは防犯設備が整っていますし、警備員やトランクルームの社員が常駐していたり、警備会社と契約を結んで、何かあったらすぐに警備員がかけつけるようになっています。
一方レンタル収納スペースは借り手が付かなくなった古いマンションやアパートを再利用していることも多く、防犯設備は一般的な住宅と同じくらいか少し頑丈な程度です。
また、警備員が常駐している所も少なく、職員が週に1度程度見回りに来るくらいのところも多いですね。
さらにレンタル収納スペースの契約は法的には普通の住宅を借りるものと同じです。
ですから荷物が破損したり紛失したりしても保証はありません。
なお、空き地に貨物用のコンテナを積み上げて「貸しスペース」としてレンタルされているのは、レンタル収納スペースの一種です。

1-3.個人でしか借りられないの?

トランクルームもレンタル収納スペースもいろいろなサイズがありますが、在庫を大量に置くだけのスペースがあるところはほとんどありません。しかし、少量の貴重品を預けたいという場合や、イベントの荷物を一時的に保管したいなどという場合は法人で契約することも可能です。
また、法人で契約したほうが保管料がお得というところもあるでしょう。

2.どんなものを預けられるの?

では、トランクルームにはどのようなものが預けられるのでしょうか?
この項ではそれをご紹介します。

2-1.高価な家電や価値のあるものを預けよう

トランクルームはレンタル収納スペースに比べて防犯設備がしっかりしていて、場所によっては温度や湿度も管理されています。
ですから、高価な家具や家電、もしくは楽器などを預けるとよいでしょう。
出張で長期的に家を留守にする場合や、引っ越し荷物を一時的に預かってほしい場合など活用術はいろいろあります。
また、ビンテージもののワインなど、家では管理が難しいものを預かってもらっても良いでしょう。

2-2.預かってもらえないものはあるの?

  • 爆発などの危険のあるもの
  • 生ものなど時間がたつと腐敗するものやペット等のいきもの
  • 美術品など高価すぎるもの
  • 現金や宝石、証券など

は預かってもらえません。特に資産価値の高すぎるものは銀行の貸金庫などを利用しましょう。

2-3.トランクルームの中で長時間過ごすことはできるの?

レンタル収納スペースの中には、「楽器の練習など趣味の時間を過ごす場所としてお使いください」というところもあります。
これと同じことはトランクルームでもできるでしょうか?
結論からいうとできません。
トランクルームはあくまでも荷物を預ける場所です。
荷物を預けている契約者も防犯のためあまり長くトランクルームにとどまることはできません。
さらに、トイレや水回りなど長期滞在に必要な設備は一切ありませんから、長期滞在することは不可能でしょう。

3.トランクルームを借りるにはどうしたらいいの?

では最後に、トランクルームを上手に借りる方法をご紹介します。
使いやすいトランクルームを借りるためにはどうしたらよいのでしょうか?

3-1.使いやすいトランクルームとは?

トランクルームを選ぶ際は、できるだけ家の近くにあるところや、国土交通省より優良トランクルームの認定を受けたところを選びましょう。
優良トランクルームの認定を受けるとそれを示すステッカーが貼ってあるはずです。
また、ピアノなどの大型楽器を預けたいという場合は、それを専門にしているトランクルームもあります。
輸送などの相談にも乗ってくれるので、ひとりでは運べないものを預けたい場合は、そのようなものを専門に預かってくれるところを探すのもひとつの方法です。
また、引っ越し荷物を一時的に預けたい、という場合は、引っ越し業者に直接トランクルームに行ってもらえるように指示もできます。

3-2.トランクルームに預けるものの大きさを測ろう

トランクルームの大きさにはいろいろな種類があります。
当然広いほうが保管料が高額になりますので、まずはトランクルームに預けるものの大きさを測りましょう。
また、前述したように頻繁に出し入れしたいものは、トランクルームよりもレンタル収納スペースのほうが適していますから、注意してください。
トランクルームに預けたいものが、温度や湿度管理が必要なものならば、そのような設備が整っているトランクルームに預けなくてはなりません。ですから、まずは預けたいものをはっきりさせることも大切です。

3-3.トランクルームを借りる際に必要な書類とは?

トランクルームを借りる際は、身分証明書やクレジットカードが必要です。
銀行口座から保管料を引き落としてほしいという場合は、通帳も持っていきましょう。
「最近引っ越したばかりで、身分証の住所と実際の住所が違っている」という場合は、電気料金やガス料金の支払い証明書なども必要です。また、18歳未満はトランクルームを借りられないので気をつけましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今回はトランクルームの使い方や活用術をご紹介しました。

  • トランクルームとは?
  • どんなものを預けられるの?
  • トランクルームを借りるにはどうしたらいいの?

これからトランクルームを借りたいという方はぜひ参考にしてくださいね。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!