整理できないスパイラルに入る前に! 4つの整理整頓術

忙しくなればなるほど、面倒になってくる部屋の整理整頓。
「今度の休みには必ず」などと思っていても、一日ダラダラしているうちに休みが終わってしまい悪循環に入っていくことも……そうなる前に、どれだけ忙しいときでも守ってほしい内容を含めた整理整頓術方法をご紹介していきます。

目次

1.整理整頓を実現する「考え方」

よく整理整頓の本などに「収納術」や「片付け方」などといったものが沢山あります。それと同時に、収納グッズなどが一緒に載っているものです。いざ、それを使って部屋の片づけをしようとするのですが、逆にグッズばかりが重ばり余計部屋が汚くなった経験などはないでしょうか。
たしかに、収納術に合わせたグッズを有効的に使えば綺麗になりますが、整理整頓の最も基本となる考え方は「捨てること」に尽きると思います。もし、あなたが収納グッズを買ったにも関わらず、それを有効活用できていないのであれば、それはゴミでしかありません。
整理整頓で大事なことは、いかに自分が住んでいる場所の空間スペースを活用するかになってきます。その第一歩として、部屋のいらないものを捨てていきましょう。スペースが生まれてくると、そこに何をしまう必要があるのかが見えてくるはずです。

  • イベント等でもらった使わない食器
  • もう一度読むと思って溜めたままの雑誌
  • 全く着る機会のない洋服

そういったものが自分の部屋にないか確認してみましょう。

2.4つの整理整頓術=自分への4つの約束

さきほど整理整頓術の基本的な心構えを確認しました。
では、ここからは実際にどういった片付け方を実践していけばいいのか確認していきましょう。

2-1.増えた分だけ減らしていく

年ごとに様々な流行があります。衣服類・家具・雑貨・玩具と様々です。それらを買うな、というつもりは全くありません。その代わり、古くていらなくなったものをきちんと処分していきましょう。
処分するときお金になりそうなものがあれば、リサイクルショップなどに一度持っていくことをおススメします。もし、ご自身でコレクションしているものがあれば、ネットオークションなどに出品するのもいいですね。予想してなかったお小遣いが転がりこんでくるかも。

2-2.物の定位置を決め、生活しやすい環境を作っていく

「昨日、カギをどこに置いた?」
「またリモコンがない」
「ヤバイ! 大事な書類を失くした」

こういった経験を、みなさんも一度は経験したことないですか?
なぜ、部屋にモノが散乱していくのか。それは物の定位置を決めてないからです。
靴は靴箱へ、本は本棚へ。このようにしまうべきモノが明確にわかっていれば、その場所にモノをしまいます。しかし、先ほどの例にも挙げたような細々としたものは、割とテーブルの上に置いたままで定位置が決まっていないことも多いかと。
とりあえず、テーブル上に置かれているような細かいモノをまとましょう。それらをいるモノといらないモノに分けていきます。その後、いらないモノは捨てているモノを箱や買っておいたケースに収納しておくといいでしょう。中身はまた後日、整理したので構いません。何度も繰り返していく内に、自然と必要なものだけが残って行き、生活環境が整っていきます。

2-3.些細なことほど後回しにしない

部屋の片づけもそうですが、食器洗いなども後回しにしてしまいがち。でも、後に回せば回すほどやらなくなるのが人の心理です。そんなネガティブな気持ちが大きくなる前に、日ごろから少しでもいいので片付けるようにしていきましょう。
リモコンを片付ける位置を決めていたのに、またテーブルに出しっぱなしになっている。そんな場面を見つけたら、元の場所に収納するところから始めましょう。些細な積み重ねが、整理整頓された部屋への第一歩です。

2-4.部屋に飽きたら、配置を変えてみる

部屋の片づけができなくなってしまう理由のひとつに、自分の部屋への興味関心が失われていることも考えられます。特に会社と部屋の往復だけになっていると、部屋自体に興味を持つことが難しいです。
せっかくモノの定位置を決めた部屋を変えるのは億劫ですが、いちどダメになったものを修復するのは至難の業。もう無理とわかったときは、部屋のインテリアの配置からやり直しましょう。テーブル・タンス・テレビなどの位置を変えるだけで、部屋はその顔を大きく変えます。
部屋の新しい顔をみることで新鮮味が生まれ、再びいるモノといらないモノが見えてくるでしょう。また、新たな収納スペースを見つけることにもつながり、自然と整理整頓が終わってしまうことも珍しくありません。

3.約束を守るために

4つの具体的な方法を紹介しましたが、行動に移せるかどうか不安な方も多いかと。そこで、4つの整理整頓術を確実に実践するための「きまり」を提案します。
それは「悪い変化を受け入れない」ということです。
頑固な汚れというのは、いちど付いてしまうとなかなか落ちません。トイレ・お風呂・シンクなどを想像していただけるといいでしょう。これらの汚れは放っておくと、あっという間に繁殖していき、落とそうとしたときにはなかなか落ちない汚れの代表格です。
トイレが少し汚れていると思ったら除菌シートで拭く。もしなかったらトイレットペーパーでもいいからと拭いておく。こうした行動を繰り返すだけで、美化意識に変化が現れると思います。
部屋の整理整頓においても同じです。部屋が少し汚れているのに「これでいいか」と思い始めると、黄色信号が点滅状態。変化することは悪いことではありません。しかし、それが悪い方向に流れているときは、少しでもいい方向に向かうようにしましょう。

4.部屋をキレイに維持すると心の平静さも維持できる

4-1.「部屋の綺麗さは心の綺麗さ」ってホント?

「部屋の綺麗さは心の綺麗さ」というのはよく聞く文章ですが、これはバカにできない文章だと思います。自分の整理がつかないと、部屋にいろいろとモノが溜まっていくものです。そして部屋にモノが溜まっていくと、さらに心の整理がつかなくなって負のスパイラルまっしぐらなんてことも。

4-2.「心のゆとり」がなくなると、部屋も汚くなる

「少し忙しいな」と思ったときは、自身の部屋を一度見渡してください。そのとき、自分が決めた定位置にモノが収納されていなければ、それを元の場所に収納しましょう。ゴミだとすぐわかるものはまとめて捨てます。すぐに捨てられないものは、ダンボール箱などにまとめましょう。
部屋からモノが無くなってくると、自然と心にもゆとりが生まれます。そして、心にゆとりが生まれてくると、また部屋をキレイにしようと思えるようになってくるでしょう。

4-3.感情は移りゆくもの

どうしても人間ですので、感情の波は正にも負にも動くものです。その感情のまま動くのではなく、上手くコントロールしようとするかが部屋の整理整頓に繋がってきます。自分でコントロール出来てくると、自然と部屋の収納スペースが見えてくるはず。

5.さいごに

いかがでしたでしょうか?
部屋をキレイに保つための整理整頓術をご紹介してきましたが、さいごに要点の確認をしておきましょう。

  • 整理整頓の基本は「捨てる」こと
  • 収納グッズに頼るのではなく、自分で収納スペースを作っていく
  • 整理整頓するためモノの定位置を決めていく
  • 悪い変化を受け入れない
  • 心のゆとりを生み出すことで、部屋を片付けるモチベーションを上げる

これらを実践するだけで、あなたのお部屋は見違えるほど変化していきます。片付けられない、と嘆く前に身近にあるいらないモノを捨てることから始めましょう。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!