押入れの収納をスッキリさせたい!効率的な方法をご紹介

押入れはたくさんのものを収納できるとはいえ、よく考えずにものを詰め込んでしまってどこに何があるのか分からない状態になっている人も多いようです。せっかくの収納スペースですから、スッキリと収納できる方法を知っておきましょう。

目次

  1. 押入れの収納方法について
  2. 押入れを有効活用するアイデア
  3. トランクルームを活用してみよう
  4. トランクルームを使う際の注意点

1.押入れの収納方法について

一般的な押入れは、上段と下段、そして天袋に分かれています。それぞれの特徴をいかした収納をするのが基本です。

1-1.天袋

出し入れするのに踏み台を必要とする天袋に重いものを収納すると危険ですから、軽めのものを入れるようにしましょう。もともと天袋は、季節によって飾り変える掛け軸や人形などを収納するスペースとしてつくられました。ですから、季節によっては全く使わないものや滅多に使わないものを収納する場所にしましょう。
天袋は押入れと同じく奥行が結構あります。しかし、奥ものを出し入れするには脚立を使っても簡単ではありません。収納する箱も、軽い素材を選ぶようにしてください。

1-2.上段

押入れでもっとも使いやすい場所といえるのが、上段でしょう。ですから、頻繁に出し入れするものを入れると便利です。奥行があるので、手前と奥のスペースを分けると収納量を増やせます。箱などを上手に活用して、奥のものを取り出しやすい状態にしておくとよいでしょう。

1-3.下段

低い位置にある下段は、重さのあるものを収納するのに適しています。また、子供でも出し入れしやすいので、子供用品やおもちゃなどを収納する場所にしておくと自分で片付けができるでしょう。下段はキャスター付きの収納アイテムを使えるのも大きなメリットです。

2.押入れを有効活用するアイデア

2-1.クローゼットとして使う

増えるいっぽうで収納に困るものの代表といえば、衣服ではないでしょうか。衣服の収納スペースをきちんと確保しておかなければ、部屋のあちこちに積み重ねられたり乱雑に置かれたりしてしまいます。そんなお悩みをお持ちの人には、収納スペースがたっぷりある押入れをクローゼットとして活用する方法がおすすめです。
衣服を押入れに収納するときのポイントは、押入れを手前と奥に分けること。あまり着ない服は奥に、日常的に着る服は手前にしまうとよいでしょう。ジャケットやスカートなどたたむとシワになってしまうものはハンガーで吊るせるように突っ張り棒などを使います。空いたスペースに衣装ケースをおきましょう。
衣装ケースにしまう際には、たたみ方を工夫してください。積み重ねるのではなく、立てて収納しておくと服を探しやすくなります。衣装ケースも奥行がありますから、頻繁に着る服を手前に収納しておくとよいでしょう。

2-2.本棚として使う

押入れに本を収納するという方法もあります。押入れの下段にキャスター付きのラックを使うと、たくさんの本を収納できるでしょう。ただし、押入れはカビが発生しやすいので注意してください。特に、マンションの場合は冬に結露が起こりやすいところが多いようです。押入れに本を収納する際には、除湿シートを使い、定期的にふすまを開けて風通しをよくするように心がけてください。

2-3.バッグの収納法

意外と収納に困るのが、たくさんあるバッグです。形や大きさが不揃いなため、どうしてもうまく収納できずにあちこちに置かれているケースがよく見られます。バッグを適当に収納したり押入れに詰め込んだりすると型崩れをしてしまうので気をつけてください。
本来ならば、バッグは一つひとつ箱に入れて収納するのがベストです。しかし、これではかなりのスペースを使ってしまうので現実的ではありません。そこで、バッグを吊るして収納するやり方をおすすめします。専用の収納ハンガーも売られているので、探してみてください。バッグを個別にくるむように収納できるので型崩れの心配がありませんし、ホコリから守れるでしょう。少ないスペースでたくさんのバッグを収納できるのも大きな魅力です。

3.トランクルームを活用してみよう

押入れをスッキリとさせるために、トランクルームを利用する人が増えています。トランクルームを使うメリットについてご紹介しましょう。

3-1.押入れの収納スペースが増える

トランクルームには、いろんなものを保管しておけます。あまり使う機会がないけれど捨てられないものはトランクルームに預けておくとよいでしょう。このようにしておくと、家の押入れは日常的に使うものだけを収納する場所とすることができて、使いやすくなるはずです。置き場所に困るものはトランクルームに保管しておけば、押入れの中だけでなく家がスッキリと片付くでしょう。

3-2.出し入れが自由

トランクルームに保管したものは、自由に出し入れできます。出し入れするために面倒な手続きが必要なわけではありません。契約によっては24時間365日いつでも出し入れできるので、家の外に押入れがあるような感覚で使えます。トランクルームにしまっておいても、急に必要なときに取り出せるので安心です。

3-3.手軽に利用できる

トランクルームの利用を申し込むときには、簡単な契約をするだけのところがほとんどでしょう。身分を証明できる運転免許証や保険証を用意できれば大丈夫です。

4.トランクルームを使う際の注意点

4-1.気温や湿度に気をつける

トランクルームのある場所や環境によっては、気温と湿度に気をつけてください。高温や湿気に弱いものを収納する場合には、空調設備が整っているトランクルームやビルの中にあるトランクルームを選んだほうが安心かもしれません。ただし、この場合は屋外に設置されているタイプより料金は高くなるでしょう。
契約前にどのような環境にトランクルームがあるのか確認しておくことをおすすめします。

4-2.セキュリティー

トランクルームを利用する際に気になるのが、セキュリティーではないでしょうか。一度調べてもらうと分かると思いますが、トランクルームのセキュリティーは想像以上にしっかりしているはずです。
おすすめなのが、契約者以外は出入りできないようになっているトランクルーム。また、セコムやアルソックといった警備会社と契約していることも重要なポイントです。

4-3.料金システム

業者によって料金システムは異なります。しかし、ほとんどの場合は1か月単位で支払うようになっているでしょう。年払いをできるところもあります。
契約をする際に確認してほしいのは、解約時のことです。途中解約が可能かだけでなく、解約すると保証金が返ってくるかも確認しておきましょう。また、契約をする前に電話でも構わないので見積もりをお願いすることをおすすめします。

まとめ

押入れをスッキリさせるために、次のことを覚えておきましょう。

  • 天袋には季節によっては全く使わないものや滅多に使わないものを収納する
  • 上段には頻繁に出し入れするものを入れる
  • 下段には重さのあるものを収納する
  • 押入れをクローゼットとして活用するとよい
  • 押入れの下段にキャスター付きのラックを使うと、たくさんの本を収納できる
  • バッグは吊るして収納する
  • 押入れをスッキリさせるためにトランクルームを活用するとよい

押入れの収納を工夫して、それでも入りきらなかったり使い勝手が悪かったりしたらトランクルームを上手に利用してみてはいかがでしょうか。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!