部屋の掃除をしたい人必見! 正しい仕方と3つのアドバイス

「部屋の掃除をしたい」と思っていても、方法が分からなければいつまでも汚い部屋のままです。散らかった部屋をきれいに掃除するには、正しい方法と手順を知る必要があります。

「汚い部屋を掃除したい」「いつもきれいな部屋を維持したい」「効率的な部屋の掃除をするための手順を知りたい」そんな人たちのために、掃除の仕方や手順、部屋を掃除するメリットについてご紹介しましょう。

掃除の仕方が分かれば、いつもきれいな部屋で快適に過ごすことができるようになりますよ。

  1. 部屋掃除の仕方
  2. 部屋を掃除するメリット
  3. 部屋掃除の手順

1.部屋掃除の仕方

「部屋掃除が苦手…」という人は多いでしょう。しかし、部屋の掃除はコツさえ分かればそれほど難しいことではありません。まずは、部屋掃除を成功するためのポイントをいくつかご紹介しましょう。

1-1.なぜ散らかるのか、原因を知る

あなたの部屋は、なぜ散らかってしまうのでしょうか。部屋が散らかる原因は人それぞれです。散らかった部屋の共通点としてよくあるのが「ものが多すぎる」ということ。ものが多すぎると「片づける場所がない」「ものが散乱してしまう」という事態に陥りやすくなるでしょう。

収納場所に入りきらず置く場所のないものが、床に落ちていたり、テーブルやイスの上に乗っていたりしていませんか?部屋が乱雑に見えると、なかなか片づけようとする気持ちにもなれないものです。

1-2.散らかる原因を解消する

部屋が散らかる原因が「ものの多さ」であるなら、その原因を解消する必要があります。散らかる原因を解消すれば、部屋をきれいに掃除することができるでしょう。ものが多くて掃除できないなら、ものを減らすしかありません。「捨てるのがもったいない」「思い出の品なので捨てられない」など、ものを減らすのが難しい人もいるでしょう。しかし、ひとたびものを減らすコツが分かれば簡単です。

クローゼットや引き出しの中身を出してみましょう。1年を通して使っていないものは、あなたにとって「いらないもの」です。捨てるのがもったいないなら、売ったり譲ったりする方法を考えましょう。捨てるのが面倒なら、簡単に捨てる方法を見つけてください。

1-3.効率的な部屋掃除の方法を考える

ものを減らすことに成功したら、後は「どれだけ効率的に部屋掃除をするか」です。効率的な部屋掃除方法が分かれば、あまり時間や手間をかけずに済むでしょう。部屋掃除を「面倒なもの」と思う気持ちも少なくなります。

効率的な部屋掃除のために、以下のことをチェックしてみてください。

  • 掃除する順番はどうするか
  • 掃除道具は何を用意するか
  • どうやって収納するか
効率的な部屋掃除方法を知ることが大事なんですね。
掃除のコツがわかれば面倒なものという意識をなくすことができるでしょう。

2.部屋を掃除するメリット

部屋を掃除することにはさまざまなメリットがあります。知っていれば部屋掃除のモチベーションも上がるはずですよ。

2-1.心身ともに健康になれる

部屋が汚いとダニやハウスダストが発生しやすくなります。ダニやハウスダストはアレルギーや皮膚炎の原因になるでしょう。また、部屋の掃除は「心の掃除」ともいわれており、掃除をすると部屋だけでなく心もスッキリするのです。

よく「気分転換に部屋の掃除をする」という人がいます。自分で掃除をすると達成感があり、気分をリフレッシュすることにつながるのでしょう。きれいな部屋で過ごすのは精神的にも良いことです。

2-2.ものが見つかりやすい

部屋が散らかっていると、どこに何を置いたか分からなくなってしまいます。欲しいものがあっても見つけることができず、いちいち探さなければならないでしょう。時間と労力を無駄にしてしまいます。

さらに、経済的にも良くないのです。「持っていたはずなのに見つからない。また同じようなものを買ってしまった」という経験はありませんか? 部屋を掃除するということは、節約にもつながるでしょう。

2-3.いつでも人を呼べる

部屋が散らかっていると、急な来客に困ってしまいますよね。いつでも人を呼べるような部屋の人を見て「羨ましい」と思ったことはありませんか?

部屋を掃除しておけば、好きなときに友達や恋人を呼ぶことができるでしょう。そして、定期的に人を呼ぶことこそが、きれいな部屋を維持する秘訣でもあるのです。

部屋を掃除することにはメリットが色々とあるんですね!
メリットがわかれば掃除をするモチベーションにつながるでしょう。

3.部屋掃除の手順

では、最後に部屋掃除の手順についてご紹介します。掃除は自分のやりやすいように行うのが一番ですが、効率良くすすめたいならぜひ参考にしてください。

3-1.床にものが落ちていない状態にする

部屋掃除を始める前に、まず部屋の中を見わたしてみてください。床にものが落ちていませんか?床にものが落ちていると、部屋全体が乱雑に見えてしまうものです。まずは、床に落ちているものをすべて拾い、歩くスペースを確保しましょう。

3-2.ものを仕分けする

床に落ちているものを含め、部屋中のものを「いるもの」と「いらないもの」に仕分けします。クローゼットや引き出しの中身もすべて出して仕分けしていきましょう。大切なのは「捨てる勇気」を持つこと。長い間手に取っていないものは「いらないもの」と判断して、思いきって処分してください。

しかし、捨てられずに迷ってしまうものも多いでしょう。そこで、「いるもの」「いらないもの」「迷っているもの」をいれる3つの段ボールを用意してください。「迷っているもの」をいれる段ボールを用意するのがポイントです。

この段ボールにいれたものは、すぐに処分せず1か月ほど手元に残しておきましょう。不思議なことに、1か月ほどたってからもう一度考えてみてください。すんなり「やっぱり捨ててもいい」という気持ちになります。ものを捨てるためには、一定の保留期間をつくることも大切です。

3-3.不要なものを捨てる

次に、不要なものの処分に取りかかります。「いらないもの」の段ボールにいれた不用品を処分していきましょう。この作業は意外と面倒で時間がかかりますが、部屋をきれいにする上で非常に重要です。明らかに「ゴミ」だと思うものは、どんどんゴミ袋にいれていきましょう。「捨てるにはもったいない」というものは、ひとまずよけておいてください。

後からリサイクルショップやネットオークションで売ったり、人に譲ったりする方法を考えましょう。

また、処分する以外にも「預ける」方法があるということを覚えておいてください。「今は使わないけれど、いずれ必要なもの」もあるでしょう。たとえば、スキーや扇風機など季節ごとに使用するものは、一時的にトランクルームに預けるという手もあります。部屋が見違えるほどスッキリするはずですよ。

3-4.収納する

いらないものを処分して必要なものだけが残ったら、後は収納していきましょう。収納スペースが足りなければ、少し工夫してみてください。100円ショップで購入した便利な収納グッズを利用するのもおすすめです。

また、インターネットで検索すれば、空間を利用した収納法などが紹介されています。ぜひ参考にして、スッキリ収納できる方法を見つけてください。

3-5.拭き掃除をする

最後は、テーブルやイス、棚、床の拭き掃除をして終了です。長い間掃除していないとホコリがたまっている可能性もあるでしょう。先にモップで取ってから雑巾がけをしてください。

掃除の具体的な手順がよくわかりました。
こちらを参考にしてすすめることで、効率良く掃除を行うことができるでしょう。

まとめ

部屋掃除の仕方についてご紹介しました。

  • 部屋掃除の仕方
  • 部屋を掃除するメリット
  • 部屋掃除の手順

「部屋を掃除したい」「部屋掃除の手順を知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!