ワンルームの収納アイデア! 収納場所を増やす方法を紹介!

ワンルームのお部屋にお住まいで収納スペースに悩んでいる方は多いでしょう。しかし、収納スペースが狭いワンルームでも、工夫をすれば上手に収納できます。ワンルームだから…とあきらめる必要はありませんよ。

そこで、ワンルームの収納アイデアや快適に暮らすコツ、収納スペースを増やす方法について説明します。ワンルームで1人暮らしを始めた方は、ぜひチェックしてくださいね。上手に工夫をして、快適に生活していきましょう。

  1. ワンルームの収納アイデア
  2. ワンルームでも快適に暮らすコツ
  3. トランクルームの利用方法
  4. まとめ

1.ワンルームの収納アイデア

ワンルームでも工夫しだいでは、収納スペースをつくることができます。部屋が狭いなら、狭いなりの工夫が必要です。どうすれば、ワンルームでも上手に収納ができるのでしょうか。ワンルームの収納アイデアをいくつか紹介していきましょう。

1-1.「壁」を最大限利用する

ものを収納するところは、押し入れやクローゼットが主になるでしょう。床にたくさんのものを置いていませんか?収納場所がないと、床に置くしかないと考えてしまいますよね。

そこで、おすすめしたいのが「壁」です。壁は収納する場所ではないと考える人が多いでしょう。しかし、実際のところ、壁は大きな収納スペースになります。特に、ワンルームは収納場所が決まっているので、「壁」が大きなポイントになるのです。

たとえば、おたまやフライ返しなどの小さなものをキッチンの壁につるしてください。フライパン類でも構いません。ワイヤーネットやS字フックなどを利用すれば、上手に「壁収納」ができますよ。ピアスやネックレス、アクセサリーなどは小さいので、壁にかけておくとキレイにディスプレイできるでしょう。このように、ぜひ「壁」を利用してください。

1-2.天井付近のスペースを利用する

洗濯機を置いている場所やトイレの中など、天井付近のスペースがあいているでしょう。収納アイデアは、「天井付近のスペース」が大きなポイントになります。あいている天井付近のスペースに収納スペースをつくっていきましょう。100円均一で売っている「つっぱり棒」がおすすめです。つっぱり棒を天井付近のスペースにくっつけてください。そうすれば、つっぱり棒にひっかけるよう、さまざまな収納ボックスを置くことができます。

収納ボックスの中にトイレットペーパーや洗剤などを入れておけばOKですよね。見てわからないようにしたい場合は、カーテンをつくると良いでしょう。つっぱり棒はさまざまな場所で利用できます。ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

1-3.すのこや収納ボックス、ハンガーバスケットを利用する

家具と家具の間に隙間はありませんか? ワンルームの場合、ちょっとした隙間でも収納スペースに大変身します。
たとえば、隙間にすのこで簡単な棚をつくってください。買ってきた本や雑誌、小さいものを置くことができるでしょう。すのこは、サイズに合わせて自由に組み合わせができます。100円均一で手に入るので要チェックですよ。

また、サイズに合わせた収納ボックスを利用するのも1つの方法になります。キッチンまわりはハンガーバスケットを利用して棚をつくると良いでしょう。さまざまなアイテムを活用するのも、ワンルームの収納アイデアですよ。ぜひ収納アイテムをチェックしてみてください。

2.ワンルームでも快適に暮らすコツ

2-1.狭い部屋を広く見せるコツ

ワンルーム=狭いイメージがありますよね。多くの人が持っているイメージをがらりと変えてみましょう。狭い部屋を広く見せるコツについて説明します。主な方法は、以下のとおりです。

  • 部屋の色を「白」に統一する
  • 全身鏡を利用する
  • 床面をできるだけ多く見せる
  • 低い家具で統一する

主なポイントは、以上のとおりになっています。部屋の色が暗めだと、部屋が狭く見えてしまうものです。そのため、部屋の色を明るめの色、「白」に統一してみてください。白に統一すると部屋の中が明るくなり、光をたくさん入れることができます。自然と部屋が広く感じるのです。全身鏡を1つ置くと、鏡の反射効果で部屋の中が広く感じますよ。床面にはできるだけものを置かないでくださいね。床面が隠れてしまうと、部屋全体が狭くなります。

また、低い家具で統一するのも良いでしょう。壁の面積が広くなるため、部屋の中も広く感じるのです。このように、部屋を少しでも広く見せてください。快適なワンルーム暮らしができるでしょう。

2-2.置き場所を決めておく

ワンルームでも快適に暮らすコツは、「置き場所を決めること」です。置き場所を決めておけば、ものが散らかることもありません。部屋の中がごちゃごちゃになってしまうと、快適に生活できなくなってしまいます。散らかさないようにするには、ものの置き場所を決めることが1番です。

リモコンはテーブルの上、本や雑誌はラック、郵便物は一時的保管ボックスの中に入れるなど、自分なりのルールをつくってください。一時的に保管するためのボックスは大活躍ですよ。あちこちにものを置く必要なく、パッと置くことのできるボックスは役立ちます。ついごちゃごちゃになってしまう人は、使う頻度によって適切な置き場所を決めてくださいね。

3.トランクルームの利用方法

3-1.トランクルームを利用する

どうしても部屋の中にものが置けなくなった場合、トランクルームの利用も1つの方法ですよ。トランクルームは、さまざまな種類・サイズがあります。自分が収納したいもののサイズに合わせて、適切なサイズのトランクルームを選んでくださいね。バイクや自転車、大きいアウトドア用品などは屋外のトランクルームがおすすめです。車の駐車スペースがあれば、簡単に出し入れができますね。大切にしたい思い出の品や洋服、家財道具などは室内のトランクルームが良いでしょう。

室内のトランクルームは屋外よりも防犯設備が整っています。24時間監視システムや空調管理がきちんとなっているので、安心して預けることができるでしょう。トランクルームの利用を検討してみてください。

3-2.月額料金を比較する

トランクルームの利用はとても簡単です。身分証明書と印鑑さえあれば、簡単に契約できます。ただし、トランクルームを利用するには「月額料金」を支払っていかなければなりません。毎月一定の利用料金がかかるので必ず確認しておきましょう。室内・屋外のトランクルームか、サイズや防犯設備によっても料金は異なります。さまざまなトランクルームの月額料金を比較してください。自分にとってどこが1番使いやすいのか、比較することも大切です。月額料金は契約をする前に、必ずチェックしておきましょう。

4.まとめ

ワンルームの収納アイデアや快適に暮らすコツ、トランクルームの利用方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。狭いワンルームでも、上手に工夫すれば快適に生活できます。収納スペースも自分でつくることができるでしょう。どうしても部屋に入らない場合は、トランクルームを利用してください。トランクルームは、さまざまな場所にあります。大きさもいろいろな種類があるので、一時的な利用はもちろん、長期に利用することもできるでしょう。

  • 「壁」を最大限利用する
  • 天井付近のスペースを利用する
  • すのこや収納ボックス、ハンガーバスケットなどを利用する
  • 狭い部屋を広く見せる
  • 置き場所を決めると散らからない
  • トランクルームを利用する
  • 月額料金を比較する

以上は、ぜひ押さえておきたいポイントになります。コツを知り、ワンルームを快適な空間に変えましょう。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!