簡単に実践できる!?冷蔵庫をすっきりさせる収納のコツとは!?

キッチンの中で最も散らかりやすい場所のひとつが、冷蔵庫です。
冷蔵庫がパンパンで、どこに何が入っているか分からないというお宅も多いでしょう。
そこで、今回は冷蔵庫にものをすっきりと収納するコツをご紹介します。
インターネットを少し検索すれば、たくさんの収納方法がヒットするでしょう。
しかし、それをただまねただけではうまくいきません。
冷蔵庫をすっきりさせたいのならば、最初に「あること」を行いましょう。
興味がある方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. なぜ、冷蔵庫は散らかるのか?
  2. 器を統一すれば片付くの?
  3. 冷蔵庫の中身をすっきりと収納するコツとは?
  4. ​おわりに

1.なぜ、冷蔵庫は散らかるのか?

収納のコツをご紹介する前に、なぜ冷蔵庫が散らかりやすいのかをご説明します。
ここにご紹介するような行動をとってはいませんか?

1-1.あいている場所にものをつっこむことが多い

冷蔵庫は、かなり大きな収納スペースです。
ファミリーサイズのものならば、大きな鍋もすっぽり入るでしょう。
ですから、あいたスペースにどんどんものを詰めこむ人も少なくありません。
実はこの行動こそ、冷蔵庫が散らばる原因なのです。
あきスペースにものを詰めこんでいけば、どこに何が入っているか分かりません。
必要なものを探すには、冷蔵庫をあちこちひっかきまわさなければならないのです。
そのため、冷蔵庫はますます散らかるでしょう。
さらに、同じものが2個も3個もある、ということにもなりがちです。

1-2.ものの置き場所が決まっていない

冷蔵庫は一応、どこに何を置くかの目安があります。
「ここにこれを入れると便利だよ」という仕切りや、「ここはこの食材を入れておくのに適した温度だよ」というスペースがあるでしょう。
しかし、その中でもものの置き場所が決まっていないと、ごちゃごちゃしてしまいます。
さらに家族が好き勝手にものを入れると、余計に散らかってしまうでしょう。

1-3.入れるものの大きさがバラバラ

冷蔵庫に入れる食材は、大きさがバラバラです。
調味料の小袋のように小さいものもあれば、スイカなど丸のままでは入らない食材もあるでしょう。
このような大きさがバラバラのものをきれいに収納するのは、なかなか大変なのです。
整理整頓が苦手な人は、どんなに気をつけても、散らかりやすいでしょう。

2.器を統一すれば片付くの?

冷蔵庫の収納アイデアでよく見かけるのが、同じ形の器をたくさん用意してそれに食材を入れる収納方法です。
確かに、収納容器をそろえれば見た目がすっきりとしますし、片付きやすいでしょう。
しかし、収納容器に入れられないものもたくさんあるのです。
また、収納容器に入れる方法は手間がかかります。
スーパーで買ってきた食材を、いちいち分解して収納容器に収めて入れる。
想像するだけで大変ですね。
また、家族が多いほど収納する食材の量は多くなります。
ですから、収納容器をそろえる方法に代表される手間のかかる収納方法は、時間に余裕がある人か根気のある人が行ってください。
ずぼらな人や、忙しい人が行ってもうまくいきません。

3.冷蔵庫の中身をすっきりと収納するコツとは?

では、ずぼらな人や忙しい人にも実践しやすい収納のコツはなんでしょうか?
この項では、その一例をご紹介します。

3-1.おおよその置き場所を決める

まず始めに、冷蔵庫の中で食材の置き場所を決めましょう。
冷蔵庫は大きな家具ですから背伸びをしなくては届かない場所や、かがまなくては物が取りだせない場所もあるでしょう。
ですから、最も取りだしやすい腰から胸の高さまでの場所に、毎日使う食材を入れまてください。
また、野菜は野菜室に、お肉や魚はチルド室に入れましょう。
空いているスペースにつっこんではいけません。

3-2.こまごましたものは、かごを利用する

小さな調味料などは、100円ショップに売っているプラスチックのかごを利用しましょう。
そこにまとめて入れておけば、出し入れも簡単です。
また、ほかのものの中に紛れこむこともありません。
かごはどんなものでもよいのですが、プラスチック製にすると丸洗いできて衛生的です。

3-3.野菜の使いかけは手前に置く

ファミリータイプの冷蔵庫の場合は、野菜室は深さがある広いスペースの場合が多いです。
ですから、無造作に野菜を放りこむとどこに何が入っているのか分からなくなるでしょう。
丸のままの野菜は奥に、使いかけの野菜は手前に置いてください。
そうすれば、使いかけの野菜が中で行方不明になることもありません。
また、野菜室に上下の仕切りがある場合は、上の方に小さな野菜を入れて、下の方に大きな野菜を入れるとよいでしょう。
ミニトマトやショウガ、ニンニクなど小さなものは同じようにかごに入れておくと出し入れしやすいです。

3-4.冷凍食品は縦に置く

冷凍食品は厚みが薄いものが多いです。
ですから、縦に置くとたくさんの量が入りますし、どこに何があるか分かりやすいでしょう。
また、カレーなどを自分で冷凍するときも、平べったく伸ばして冷凍すれば、収納しやすいです。
ただし、自家製の冷凍食品は買ったものよりも賞味期限が短いでしょう。
できるだけ早く食べてしまってください。

3-5.冷蔵庫に隙間を作る

冷蔵庫にぎっしりとものを詰めこむと、冷やす力が弱くなります。
たとえパワーをあげても、隙間のある冷蔵庫より冷えにくいでしょう。
そうなれば、ものがいたみやすくなります。
ですから、冷蔵庫には必ず隙間を作りましょう。
また、何を入れてもよい「フリースペース」を作っておくと、ご飯のおかずが余ったときにラップをしてすぐにしまえます。
最近は、共働きの家庭も多く、1週間まとめて買い物をして冷蔵庫に入れておくご家庭も多いでしょう。
しかし、ものを買いすぎると管理しきれなくなります。
特に、野菜などは一部を除いて賞味期限が短いです。
ですから、「安売りをしてきたから」という理由だけでたくさん買ってしまうと結局使わないままゴミ箱へ、ということになります。
これでは、ちっとも節約になりません。
長年家族の食事を作り続けていれば、1日に必要な食材の量も分かってきます。
ですから、安さだけにつられて物を買わないようにしましょう。
今は、急に食材が切れても、よほどいなかでないかぎりスーパーやコンビニがあります。
そのときに買いに行っても問題ありません。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回は冷蔵庫をすっきりさせる収納のコツについてご巣紹介しました。
まとめると

  • 冷蔵庫に物を詰めすぎれば散かる。
  • 面倒な収納方法は続かない。
  • 冷蔵庫の中でおおよその置き場所を決める。
  • 冷凍食品は経てて収納しよう。
  • 細かいものは、かごを用意してその中に収納する。
  • 冷蔵庫には常にあきスペースを作っておこう。

ということです。
料理上手な人ほど、冷蔵庫の中はすっきりと片付いています。
冷蔵庫にぎっしりとものが詰まっている人ほど、食材を無駄にすることが多いでしょう。
節約のつもりで買いだめをしても、食材が管理できなければダメなのです。
また、家族が増えると食材もたくさん必要になります。
複数の子どもが大きくなってきたご家庭は、冷蔵庫の買い替えを検討した方がよい場合もあるのです。
特に、小さめの冷蔵庫を使っているご家庭は、家族の人数と冷蔵庫のサイズが合っているか、もう一度確認してみましょう。
小さいものに無理やり大量のものを詰めこめば、片付くわけがありません。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!