仕事・プライベートに効果大!部屋から物を減らす生活とは?

部屋の中に大量のものがありませんか? ついものを買ってしまう人は、部屋中がもので散らかっている可能性があります。
「物があれば生活は便利」と考える人は多いです。しかし、増えすぎると不便だけでなく精神面にも影響を与えます。そこで、今回は物を持たない暮らしのメリットを紹介していきましょう。
この記事では、物を減らす効果についてまとめました。

目次

  1. 物が増える原因
  2. 物を持たない暮らしのメリット
  3. 物を減らすためのポイント
  4. まとめ

1.物が増える原因

まず、どうして自分がものを買い込んでしまうのか。その原因を考えてみましょう。

1-1.ものを捨てることができない

そもそも、買ったものをいつまでも部屋に置いてしまうパターンです。
ものを増やしてしまう人は、「いつか使うかも」や「思い出の品だし」という気持ちが先行して捨てることができません。
もしくは、ものを整理するのが苦手な人です。「いつか捨てよう」や「次の日には掃除をする」と考えても実行に移せません。

1-2.計画性がない

特に、衝動買いが多い人に多いケースとなります。
「バーゲン」や「お買い得」、「特売」に釣られて買ってしまう人は、部屋にものを増やしている人です。
しかし、安いからと言って必要なものを買っているとは限りません。安いのをいいことに不用なものを買っていることが多いです。
また、冷蔵庫や日用品を「切れ掛かっていたかも」と予想で買う人はいませんか? そのような人もものを増やしてしまう人です。計画性がないため、無駄な買い物をしてしまいます。無駄な買い物をする上、使えずに捨てるのは「もったいない」の一言。

1-3.「買い物」がストレス発散の対象になっている

買い物が趣味になっている人は、自分の部屋を確認するクセを付けましょう。もし、収納場所や床がものでいっぱいならば注意が必要です。ストレス発散のためにものを買うことが目的になっています。
買い物が目的になっていると不必要なものも買ってしまうもの。そのため、着たくない服や使わない日用品まで部屋にあります。
また、買い物が趣味になっている人には、ストレスによって感情のコントロールが難しくなっている人も多いです。もしくは、自分の価値観が無くなっていて買い物で解消しようとしています。

2.物を持たない暮らしのメリット

ものを買うのは、とても楽しいことです。しかし、それも度が過ぎれば精神的に余裕がないことを意味します。そこで、ものを持たないことでどのようなメリットがあるのか知っておきましょう。

2-1.整理整頓した部屋は、精神的にも落ち着く

疲れて家に帰ったとき、床が散らかっていては落ち着くこともできません。また、ものが大量にある状態だと「このままでいいか」と気持ちもネガティブへ向かいます。「このままでいいか」と思い続けると悪循環の始まりです。
しかし、部屋がきれいで整えられていると「きちんとしなきゃ」とメリハリが付きます。ちょっとした汚れもすぐに直そうという心理が働くでしょう。また、自分がリラックスできるスペースをちゃんと作っていれば心の奥底から休めるものです。

2-2.ゆとりを保つことができる

部屋を整理しておけばゆとりの確保にもつながります。
自分にゆとりがないと部屋も汚くなるもの。忙しいときは、部屋の中を見渡してみましょう。いつも収納していた衣服やインテリア、鍵、リモコンなどがテーブルや床に出しっぱなしになっていれば整理します。
コツは、気付いたときに直すことです。気付いたときに行動しておけば後々やらずに済みます。ものを増やすと後々整理するのが面倒です。そのため、普段からきちんと片付けておけばゆとりを持つことをたもてます。

2-3.変化に対応しやすくなる

ものが大量にあると精神的・肉体的に変化への対応が難しくなるものです。
部屋がものであふれていると圧迫感があります。また、自分に何らかの変化があっても受け入れることができません。ものが大量にあると引っ越しなどで苦労します。
物事は常に変化するもの。一定であることのほうが珍しいです。それは、自分の部屋でも同じだと思いましょう。
部屋の中も気持ちに併せて変化します。その変化に併せて部屋の中もきれいにしたいもの。そのとき、ものがいっぱいだと変化に対応できません。
物事の変化に対応できるようにものは整理しておきましょう。

3.物を減らすためのポイント

ものを増やさない生活には、さまざまなメリットがあります。では、どのような方法でものを減らせばいいのでしょうか。この項目でチェックしておきましょう。

3-1.生活を見直す

まず、自分の生活スタイルを見直してみましょう。何でもかんでもものを捨てることが整理・片付けではありません。自分が無計画にものを買っている可能性があれば直す必要があります。ものが増える原因を断って部屋をきれにしましょう。
また、ものが増えるのは捨てられないことも原因です。部屋の中に1年間使っていない衣服や家電などがあれば処分を検討しましょう。
このとき、捨てることに抵抗があればリサイクルショップなどで売れないか調べてみます。きれいで需要があれば高値で買い取ってもらえるのでおすすめです。

3-2.収納してある場所を見直す

次に、自分が普段ものを収納してある場所を見てみましょう。クローゼットや押し入れがものであふれていれば整理する必要があります。
まず、収納してある場所からものを出しましょう。その後、収納していたものを分類していきます。
分類方法は、使うものと使わないもので分けていきましょう。絶対使わないものは、すぐに処分していきます。
次に、同じようなもので種類分けしていきましょう。たとえば、クローゼットの中から同じようなシャツが3枚ほど出てきたとします。形や色もほぼ一緒のようなシャツです。その場合、使っているものだけ残して後は処分します。
ものを整理した後は、元の場所に収納していきましょう。このとき、クローゼットや押し入れに入りきらないときは整理のやり直しをします。無理やり入れようとしないように。

3-3.どうしても捨てられないときは「トランクルーム」を使ってみる

整理している中、どうしても捨てられないものが出てきます。アルバムやいただき物が該当するでしょう。どうしても捨てられないものは、いちどトランクルームを使ってみるのをおすすめします。
トランクルームでは、高いセキュリティーにて保管できるのです。また、大きさが選べるので量に応じて使い分けることもできます。
さらに、短い期間でも預けられるのもポイント。
トランクルームは、片付けで困っている人をサポートするアイテムです。有効活用してものを減らしてみましょう。

4.まとめ

いかがでしたか?
この記事ではものを減らす生活について紹介しました。最後に、ものを効率よく減らすポイントを中心にチェックしておきましょう。

  • ものが増えるのは、捨てられない心理が働いている。
  • 減らす量よりも買う量が増えていることがある。
  • ストレスによって買う量が増えているときは要注意。
  • 整理した部屋なら心からリラックスできる。
  • 変化にも対応できるようになる。
  • ものを減らすときは、まず自分の生活を見直す。
  • 無理に捨てる選択を取る必要はない。

ものを減らすのは、ものを増やすより大変なことが多いです。しっかりとものを減らすコツをつかみましょう。そして、リラックスできる部屋作りを目指してくださいね!

トランクルームで収納不足の悩みを解決!