部屋の片付けを習慣化するコツが知りたい!キレイな部屋にする方法

「部屋を上手に片付けることができたらな…」と思っていませんか?
片付けに苦手意識を持っている人でも、コツさえつかんでおけば部屋がキレイになります。
コツをつかんで、片付けの習慣を身につけていきましょう。
これから、片付けの習慣を身につけるコツ、片付けで注意すべきこと、収納スペースが足りないときの対処法について説明します。
片付けが苦手な人はぜひ参考にしてください。

  1. 片付けの習慣を身につけるコツ
  2. 片付けで注意すべきこと
  3. 収納スペースが足りないときの対処法
  4. まとめ

1.片付けの習慣を身につけるコツ

片付けの習慣が身についたら、キレイな部屋が維持できるでしょう。
いつお客様を呼んでも慌てて片付ける必要はありません。
しかし、片付けに苦手意識を持っている人は習慣化するまで手こずってしまうものです。
そこで、片付けの習慣を身につけるコツをご紹介します。

1‐1.使ったらすぐに元の場所に戻す

片付けの習慣を身につけるには、“使った後”が大切になります。
あなたはものを使った後、適当な場所に置いていませんか?
コートや靴下は脱ぎっぱなし、雑誌やCDは乱雑になっているなど、片付けない環境はすぐ汚部屋になってしまいます。
特に、子供は使った後放置するケースが多いでしょう。
子供がすぐに片付けない場合は、大人が見本を見せてあげなければなりません。
「おもちゃは使った後、ボックスに入れるんだよ」と、行動を見せながら教えてあげましょう。
そして、自分自身も使った後は必ずすぐに元の場所に戻してくださいね。
「使った後はすぐ片付ける」ことを徹底して注意しておけば、自然とキレイな部屋が維持できます。

1‐2.種類ごとに置き場所を決める

部屋が散らかる人ほど、ものの置き場所を決めていません。
雑誌は本棚、CDはラック、リモコンはテーブルの上、はがきや手紙は専用ボックスなど、ものの種類ごとに置き場所を決めていきましょう。
事前に、置き場所をきちんと決めておけば乱雑になることもありません。
さらに、片付けやすい環境になります。
置き場所を決める際は、“使う頻度”について考えるといいですよ。
自分にとってよく使うものほど取り出しやすい場所に置き、使わないものは押し入れやクローゼットの奥などに保管してください。
置き場所がわからないものは「一時保管ボックス」に収納するといいでしょう。
一時保管ボックスを1つ用意しておけば、とりあえず収納できます。
自分にとって使いやすい・片付けやすい環境にすることが大切です。

1‐3.1つずつゆっくり片付ける

片付けに苦手意識を持っている人は、「一気に片付けようとする」共通点があります。一気に片付けようとする気合いは大切です。
しかし、結局中途半端になってしまい片付けることにあきらめてしまいます。
まずは、片付けたという達成感を味わってください。
部屋の中をみわたして1か所ずつゆっくり片付けていきましょう。
最も気になる場所から掃除を始めるといいですよ。
たとえば、散らかりやすい子供部屋の場合、「今日は本棚を徹底的に掃除しよう」と片付ける範囲を決めてください。
自分にとって無理のない範囲が好ましいです。
焦らずゆっくり片付けていけば、達成感を味わえます。
そして、片付けが楽しくなるでしょう。

2.片付けで注意すべきこと

2‐1.「要らないもの」は次々と処分する

汚部屋になりがちな人は、「必要なもの」と「要らないもの」の区別ができていません。
「要らないもの」まで部屋にたまっているため、整理整頓ができていない環境になるのです。
よって、片付けで注意すべきことは、「要らないものを処分すること」になります。
自分にとって必要ないもの、使っていないものはすぐに処分してください。
捨てるべきか、取っておくべきか悩んだときは“1年以上使ったかどうか”を目安にしましょう。
1年以上使っていないものはこれから先も使いません。
処分したほうが収納スペースに余裕ができます。収納スペースは常に余裕をつくっておいてください。新しいものを購入したとき、すぐに収納しやすくなるでしょう。

2‐2.汚れが際立っているところから掃除する

たくさんのものであふれている部屋は、どこから掃除すべきか悩んでしまうものです。掃除は、特に「汚れが際立っているところ」から始めてください。
汚れが目立っているところはホコリがたくさんつもっています。
ホコリがたまっているところを後まわしにすると、せっかくキレイにしたところが再び汚れてしまうでしょう。
効率的に片付けるためにも、汚れやホコリがたまっているところを中心に掃除してくださいね。
そして、大きいものから片付けるのもポイントです。大きいものから片付けていけば、スペースが確保できます。片付けやすい空間になるでしょう。

3.収納スペースが足りないときの対処法

3‐1.トランクルームを利用する

片付けをしても、収納スペースが足りなくなるでしょう。
収納スペースが足りないときは、「トランクルーム」を利用してください。
トランクルーム=屋外コンテナというイメージは強いですが、決して屋外コンテナだけというわけではありません。
オフィスビルの1室など室内のトランクルームも多数存在しています。
室内のトランクルームは24時間空調・防犯設備がととのっているので安心です。貴重品や大切なものを保管するにはぴったりの場所になるでしょう。
また、トランクルームにもさまざまなサイズがあるので自分にとって最適な広さが選択できます。
サイズが大きければ大きいほど、月額料金も増えるので注意してください。
処分しようかどうか悩んでいるものを一時的に保管する場所としても最適ですよ。
トランクルームを活用して部屋をキレイにしていきましょう。

3‐2.契約前に月額料金と設備を確認する

トランクルームを借りるときは、契約前に必ず「月額料金」と「設備」を確認してください。
トランクルームの会社・種類によって月額料金は異なります。
身分証明書と個人情報を記入すればすぐに借りることができる気軽なシステムです。
しかし、毎月の使用料がかかることを忘れてはいけません。
毎日忙しく過ごしているとトランクルームの存在も忘れてしまいます。
毎月支払うべき金額は必ず確認したほうがいいでしょう。
そして、「設備」にも十分に注意してください。
室内のトランクルームすべてに空調・防犯システムがついているとは限りません。
大切なものを保管する場合は、安心できるトランクルームを利用しましょう。
もし、盗難にあった場合は保証してくれる金額が異なります。
また、貴重品を預ける場合も金額の上限があるので要注意です。
簡単に利用できるトランクルームだからこそ、確認すべきところは確認しておかなければなりません。

4.まとめ

片付けの習慣を身につけるコツや片付けで注意すべきこと、収納スペースが足りないときの対処法について説明しました。いかがでしたでしょうか。
片付けの習慣はすべて自分次第で身につけることができます。
まずは、自分にとって片付けしやすい環境をつくっていかなければなりません。
使った後はすぐに片付ける、置き場所を決める、要らないものは処分するなど基本的なことから始めていきましょう。
片付けの際、収納スペースが足りなくなったときは「トランクルーム」を利用するのも1つの方法です。
一時的に保管する場所としては最適でしょう。
トランクルームにもさまざまな種類があるので、自分に合ったタイプを選び利用してくださいね。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!