サイズアウトした子供服はどうする?収納方法と処分についてご紹介

子供の成長は著しく、あっという間に洋服がサイズアウトしてしまいますよね。嬉(うれ)しい反面、サイズアウトした子供服の保管や処分に悩むことも多いものです。
子供が成長する喜びと愛着がある子供服。あっさり処分してしまうという方が少ないのです。着られなくなった子供服を捨てられずに保管していると、膨大な量に膨れ上がってしまうこともあります。保管方法にも工夫を加えたいですね。
また、子供服はほんの少し汚れやシミがあるだけで、リサイクルショップへ売却できず、親しい方へ譲ることもためらってしまいます。
サイズアウトした子供服の保管方法や活用法に悩んでいる方は、この記事を参考にしてみてください。

  1. サイズアウトした子供服の収納法
  2. 子供服の活用法
  3. 子供服の処分方法
  4. まとめ

1.サイズアウトした子供服の収納法

子供が3歳前後になり、2人目の子供をほしいと願う方もいるでしょう。次に生まれる子供にまた着せようと思い、子供服を保管するケースも多いのです。
明確な予定はないけれど、次の子供への憧れを抱いて保管しておくのは珍しいことではありません。年数を重ねるごとに増えていく子供服は、効率良く保管しておくと安心です。

1-1.サイズごとに分別

子供服を80・90・95・100など、サイズごとに分別してみましょう。子供服はサイズは同じでも、薄手のものや厚手のものなどさまざまです。
最初にサイズごとに分別してから、細かな整理を進めていくといいでしょう。サイズ別に収納しておくことで、内容を振り返りやすいメリットがあります。

1-2.プラスチックケースに収納

ダンボールに収納する方もいますが、虫が発生しやすい環境を作ってしまうことがあります。子供服の収納には、プラスチックケースがおすすめです。同じ大きさのプラスチックケースを用意しましょう。同じ大きさのものなら重ねて収納でき、省スペースで済ますことができます。
収納するときのポイントは、縦に入れること。縦入れ収納は、蓋(ふた)を開けたときに一目でどの服かがわかり、出し入れもスムーズです。
虫の発生を抑えるため、乾燥剤や防虫剤を入れておきましょう。プラスチックケースの前面にサイズと季節を明記しておくことで、探す手間を省くことができますよ。

1-3.透明窓がある不織布ケースを活用

プラスチックケース以外の収納方法として、不織布ケースもおすすめです。透明窓がついたものを用意しましょう。内容物がわかりやすく便利です。
不織布ケースの大きさも揃(そろ)え、重ねても場所を取らないようにするといいでしょう。増え続ける子供服は、いかにスリムに収納するかがポイントです。

2.子供服の活用法

思い入れがある子供服。食べこぼしで黄ばみやシミは、洗っても残ってしまうことも多いですよね。部分的な汚れがあると、保管に悩むこともあるでしょう。思いきって処分することも大切です。しかし、意外な活用法もあります。
思い出が違う形になり、新たな方法で活用できるのは新鮮でしょう。

2-1.ミシンでリメイク

上下がつながったロンパースなどの子供服は、足を入れる部分を切り取ってミシンでリメイクしてしまいましょう。裁断してほかの布と組み合わせ、大きなサイズに生まれ変わることができます。
肩や袖がきつくなったシャツなどは、タンクトップにリメイクしてもいいでしょう。リメイクは、工夫しだいでオリジナリティあふれる可愛らしい子供服に変身します。
子供の成長に合わせて、新しい服作りにチャレンジしてみてください。

2-2.ぬいぐるみ・ペットの服に変身

小さくなった子供服は、ぬいぐるみやペットの洋服にリメイクしてみてはいかがですか?汚れがある部分を避け、お気に入りに模様を生かして作ることができます。
ぬいぐるみやペットの服にすることで、小さいころの話をしながら懐かしみ、子供との会話が広がるでしょう。思い出を子供と共有するのも楽しいですよね。

2-3.雑貨に使う

ミシンや裁縫が苦手という方は少なくありません。リメイクができず、やむなく処分するというのは少し残念ですよね。
直線に縫うだけで作れる雑貨は、裁縫が苦手な方にもおすすめ。クッションカバー・巾着袋などは、裁縫初心者でも比較的簡単に仕上げることができます。
お気に入りの模様だけを切り取り、額縁に入れて子供部屋に飾ると可愛(かわい)らしいアートに変身して楽しいですよ。

3.子供服の処分方法

成長が早い子供服は、すぐにサイズアウトしてしまいます。使用回数が少なく、まだきれいな状態のものもたくさんあるのではないでしょうか? 
子供が大きくなるにつれ、どんどん増えていく子供服は効率良く処分する方法を検討していきたいですよね。

3-1.譲渡する

1番多いのは、親しい方に譲る方法です。子供服を必要としている方は身近にたくさんいますよね。
ただし、親しい方に譲るものは、なるべく状態が良いきれいなものを選ぶようにしましょう。流行(りゅうこう)のデザインかどうかも意識しておくこと。譲渡し再利用することは、資源を大切にする意味も込められています。

3-2.リサイクルショップに売却

近年急速に広がっている育児専門リサイクルショップがあるのをご存じですか?使わなくなった育児用品は、ベビーカー・おもちゃ・子供服など、幅広く扱っています。きれいな状態の靴も売却することが可能です。
子供服と同様に、靴もすぐにサイズアウトしてしまうもの。保管しておくかどうか悩むポイントになりますよね。長く保管していると、靴底が劣化する可能性があるでしょう。
特に、フォーマルな衣類はニーズが高く、ブランド服なども好まれるため、査定価格も上がる傾向があります。

3-3.ネットオークションを活用

子供服をネットオークションに出す方法もおすすめ。サイズや季節が異なるものが混在していても、まとめ売りすることができるのです。
サイズを明記し、売却する子供服を写真に撮ってオークションサイトにアップするといいでしょう。シミやキズがある場合、必ず投稿するようにしてください。落札者とのトラブルを未然に防ぐ方法です。

4.まとめ

サイズアウトした子供服についてご紹介しました。

  • サイズアウトした子供服の収納法
  • 子供服の活用法
  • 子供服の処分方法

子供の成長はあっという間。思い入れがある子供服や靴も、すぐにサイズアウトしてしまいますよね。
次に子供が生まれることを見据えて保管しておく場合は、プラスチックケースや不織布ケースにサイズ別にわけておくといいでしょう。増え続ける子供服を処分する方法は、親しい方に譲渡するのもいいですが、育児リサイクルショップに売却・ネットオークションを活用してみてください。収益を得ることができ、今必要な子供服購入にあてることができます。 捨てるのはもったいないという方におすすめです。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!