衣替えの収納方法とは? 保管の仕方やトランクルームについてご紹介

季節の変わり目には、衣替えが必要です。衣替えで困るのは、収納の仕方についてでしょう。赤ちゃんの服・コート・セーターなど洋服以外に、靴・ブーツ・布団などがあり、スマートな収納は難しいと思われがちです。ところが、収納の基本を押さえるだけで、使い勝手のいい収納をすぐに実現することができます。衣替えを予定している方は、収納について覚えておきましょう。
今回は、衣替えに伴う収納方法をご紹介します。

  1. 衣替えの収納について
  2. 衣替え収納にかんする実践の仕方
  3. 衣替えの収納・トランクルームの活用について
  4. 衣替えの収納でよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、衣替えの収納についてよく分かります。収納の仕方で迷っている方は、ぜひご一読ください。

1.衣替えの収納について

まず、衣替え収納の基本やよくある困りごとを見ていきましょう。

1-1.衣替え収納の基本・ポイント

衣替えでは、最初に使うものとしまうものを線引きすることが大切です。

1-1-1.しまうもの・使うもの

衣替えをする際は、しまうものと使うものをきちんと分けることを最優先しましょう。なぜなら、衣替えの基本は季節を意識した服を選(え)り分け、使わないものは処分するか、次のシーズンまでしまうことだからです。春夏はブーツ・セーター・コートが季節外のものとなります。また、サイズアウトした赤ちゃんの服も、衣替えをきっかけに収納するか、処分するようにしましょう。

1-1-2.ハンガーにかけたほうがいいもの

クローゼットを有効活用するために、ハンガーにかけて収納すべきものを仕分けしてください。シワになっては困るもの・型崩れを防ぎたいもの・丈の長い服などは、ハンガーにかけて収納したほうがいいでしょう。季節外のものは畳んでしまう収納に切り替え、オンシーズンのものだけをハンガーにかけて収納するようにすれば、限られたスペースを有効活用する収納を実現できます。

1-1-3.畳んで収納すべきもの

薄手の服やセーターなどは、きちんと畳んでからしまいましょう。というのは、雑多に詰め込むより、畳むことで収納スペースを節約できるからです。収納スペースが限られているなら、畳み方を統一するだけでもコンパクトにすることができます。しまう前に意識しましょう。

1-2.注意点・困りごと

衣替えで多い困りごとは、収納時の畳みジワでしょう。コートなどの型崩れも心配です。大事な洋服をシワから守りたい場合は、巻いたタオルなどを洋服の間に挟んでから畳むようにしてください。また、しまうことに意識が集中するあまり、ぎゅうぎゅうに詰め込む方法はよくありません。通気が悪くなるため、収納容量の8割ほどに留(とど)めてください。

衣替え収納の基本がよくわかりました。
通気性を考慮して8割ほどにするのも忘れないようにしてください。

2.衣替え収納にかんする実践の仕方

衣替え収納の仕方を詳しく見ていきましょう。

2-1.どこに何を収納するか?

クローゼットやタンスの活用方法を覚えておけば、収納の仕方で迷うことがありません。成長が著しい子ども服の整理方法も覚えておきましょう。

2-1-1.クローゼット

クローゼットには着ていない季節外のものを中心にしまうようにしましょう。なぜなら、クローゼットの空間は限られているため、オンシーズンのものまで収納しようとすれば、すぐに容量がいっぱいになってしまうからです。コートなど季節外のものは畳んでコンパクトに収納し、普段着るものだけをクローゼットにしまうようにしてください。

2-1-2.タンス

タンスはしまい方をひと工夫するだけで、使い勝手がぐっとよくなります。というのは、使うものとしまうものを区別し、収納位置を変えるだけで、出し入れがしやすくなるからです。タンスは奥行きがあります。手前によく使うものを入れ、しまうものは奥に収納するようにしましょう。

2-1-3.子供服

赤ちゃんや子ども服は、すぐにサイズアウトしてしまいます。保管場所に困ることが多いものです。衣類保管ボックスなどを活用し、ひとまとめにして保管することをおすすめします。保管時は、季節ごとに分類し、サイズ別に分けて収納しておくと、一目で保管状況を把握できるでしょう。

2-2.収納グッズなどについて

収納するときは、保管スペースに見合うサイズの収納ボックスを用意するといいでしょう。保管時は、湿気や害虫などから洋服を保護するため、密閉できる容器を使うようにしてください。除湿剤と防虫剤も使用するようにしましょう。押し入れ収納の場合、奥行きがあります。キャスターのついた引き出しケースを奥と手間に配置して使えば、奥のものが取り出しやすく便利です。衣替えも、引き出しの配置を入れ替えるだけで済み、とても簡単になります。布団をしまう際は、不織布など通気性のいい袋を選ぶようにしましょう。

2-3.収納するときの配置

クローゼットや押し入れの配置を決めるときは、軽量なものを上に、重たいものを下に配置すれば、出し入れや衣替えの際は、楽に作業を進めることができます。収納の仕方と同時に、配置にも目を向けるようにしてください。

具体的な実践方法がわかりました。
収納グッズを活用し、考えて配置することで楽に作業が進められます。

3.衣替えの収納・トランクルームの活用について

衣替えのときに、収納場所がなくて困るという方が増えています。なぜなら、狭小住宅が増えており、収納場所が確保できない家も多いからです。新たな保管方法をご紹介します。

3-1.トランクルームの活用法

トランクルームを利用する方は、年々増加傾向にあります。なぜなら、衣替えで整理した洋服や靴などを保管する場所に困るケースが多いため、自宅以外の保管場所を探すケースが多いからです。衣替えした季節外の洋服や雑貨をトランクルームに一時保管し、自宅を広々とした環境で使いたい場合、トランクルームを自宅以外の収納場所として活用してみてください。

3-2.どんな人におすすめ?

狭小住宅にお住まいの方・増え続ける洋服や雑貨の保管に困っている方・自宅に収納を増やすことができない方には、トランクルームの活用がおすすめです。衣替えで出た大量の季節外品を別の場所で保管したいという場合にも、トランクルームを使うことは大きなメリットがあるでしょう。

3-3.業者選び・トランクルーム選びのポイント

月額利用料以外に、利用方法や使い勝手のよさにも目を向けましょう。24時間自由に出し入れができることや、車での運搬が可能なことも大切です。また、セキュリティー面が万全な業者なら、安心して荷物を預けることができます。防犯カメラを設置しているか、警備会社の連携はあるかなど、あらかじめ確認しておきましょう。

3-4.料金・利用の流れなど

トランクルームの運営をするアルファトランクの料金をご紹介します。以下は一例です。

  • 麻布(あざぶ)十番(0.85平方メートル) 11.988円
  • 三軒茶屋(1.47平方メートル) 17.280円
  • 椎名町(1.62平方メートル) 13.824円
  • 府中・分倍河原(0.81平方メートル) 6,696円
  • 日吉(1.21平方メートル) 9,720円

月額利用料は税込み価格となります。立地や広さに応じて料金は変わるものです。利用時は、アルファトランクのホームページより空室状況を確認し、メールまたは電話で申し込みをしてください。送付した申込書に必要事項を記入し、本人確認書類と一緒に弊社までご返送をお願いします。 利用料の入金確認が取れたら、鍵・契約書・口座引き落とし依頼書が届くので、必要な箇所に記入をして返送してください。書類の手続きが完了後、トランクルームの利用開始が可能となります。

3-5.トランクルームを利用するときの注意点

衣替えした洋服や靴などの保管にトランクルームを利用する場合、預けっぱなしではよくありません。セキュリティーがきちんとしているとはいえ、定期的に保管状況を自分の目で確認し、荷物の管理はしっかりしましょう。

収納場所が確保できないときはトランクルームを活用すればいいんですね!
者を選ぶ際は月額利用料のほかにも利用方法や使い勝手のよさも重視して選びましょう。また、セキュリティー面で安心できる業者がよいでしょう。

4.衣替えの収納でよくある質問

衣替え収納やに関する疑問をまとめました。参考にしてください。

Q.収納場所がない場合にまずやるべきことは?
A.衣替えは、断捨離するタイミングとして適しています。長く着ていない洋服や靴は処分し、収納を空(あ)ける工夫もしてみてください。荷物の量が減ることで、衣替えが楽になります。

Q.収納したものを一目で分かるようにするにはどうすべきか?
A.透明のボックスを利用するか、ラベリングをするなどの方法を取り入れてください。わざわざ中身を出さなくても、中身を把握することができます。

Q.衣替えした洋服や靴を保管する際にやるべきことは?
A.保管時は、防虫剤や除湿剤を入れるようにしましょう。次のシーズンでも快適に使うために、洋服や靴を害虫や湿気から保護することが大切です。

Q.ダンボールで洋服や靴を保管するのはいけないのか?
A.ダンボールは保管には向きません。なぜなら、ダンボールのすき間に害虫が産卵している恐れがあり、虫食い被害に遭う場合があるからです。プラスチックボックスなどを活用し、安全に保管してください。

Q.クローゼットで効率のいい収納を実現するアイデアはないか?
A.高さで分割した収納がおすすめです。クローゼットは縦長なので、上・中央・下の3段階に分けて収納するといいでしょう。上は使用頻度が低い軽量のものを、中央はハンガーラックとして活用する場所として、下には使用頻度が高くて重たいものを配置するようにしてください。

これで衣替えの収納で気になっていたことが色々とわかりました!
断捨離で洋服などの量を見直すほか、保管場所に困ったらトランクルームを利用して上手に衣替えを実行しましょう!

5.まとめ

いかがでしたか? 衣替えを終えた後は、収納の仕方で困ることが多いものです。まず、洋服や靴の量を見直し、使わないものを処分することもポイントになります。断捨離を実行するだけでも、衣替えがとても楽になるでしょう。また、保管場所に困ったら、トランクルームなど自宅以外で保管する方法も取り入れてみてください。トランクルームをうまく活用することで、自宅のクローゼットや押し入れをすっきりした環境にすることができます。収納のコツを覚え、衣替えをスムーズに進めましょう。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!