トランクルームとは?あらゆる場面で活用できるトランクルームの魅力

収納したくてもスペースが足りない、収納スペースを増やしたいけれどどうすればいいのかわからない…。ものが増えれば増えるほど、大きくなる悩みでしょう。そこで、おすすめしたいのが「トランクルーム」です。トランクルームを利用すれば、収納スペースに入らなかったものが収納できます。しかし、上手に活用するためにも基本的な知識が必要です。

これから、トランクルームのシステムやメリット、活用方法、利用時の注意点などについて詳しく説明していきましょう。ぜひ収納で悩んでいる人はチェックしてください。

  1. トランクルームとは
  2. トランクルームを利用するメリット
  3. トランクルームの活用方法
  4. 利用者の声やよくある質問

1.トランクルームとは

もう1つの収納場所、引越しの一時的な荷物保管場所などトランクルームにはさまざまな使い方があります。上手に収納するためにもトランクルームのサービス概要を知らなければなりません。しっかり収納のコツを身につけていきましょう。

1-1.トランクルームサービスの需要

基本的に、トランクルームは「貸し倉庫」の1つになります。トランクルームを運営している業者から月単位で借りるシステムです。トランクルームといえば屋外にあるコンテナが代表例でした。しかし、近年はオフィスビルの1室やマンションの1階部分など屋内型トランクルームが増えているのです。気軽に使用しやすい、災害時に便利だということで使用率が年々あがってきています。

1-2.コンテナタイプとビルトインタイプ

トランクルームにはさまざまなタイプがあることをご存じでしょうか。代表的なのは屋外にある「コンテナタイプ」です。空き地や街中でも見かけることが多いでしょう。また、倉庫内にコンテナを積みあげる「屋内コンテナタイプ」も出ています。屋内コンテナタイプは荷物の出し入れに専用の機材が必要です。よって、事前に予約しなければなりません。一方、室内型になるのが建物の一角を仕切っているのがビルトインタイプです。ビルトインタイプは屋外にはない空調設備・防犯機能が整っています。

1-3.利用までの流れ

トランクルームの利用方法はとても簡単です。まず、自分の目的に合ったトランクルームを選びます。そして、利用したいトランクルームの業者に連絡を取って契約をしてください。契約に必要なのは基本的に「印鑑」と「本人証明書」だけです。2点をそろえておけば契約してすぐに使うことができます。ただし、業者によっては必要な書類が異なるでしょう。契約前にホームページなどで注意事項や必要書類を確認してくださいね。

1-4.気になるセキュリティー面

大切なものや絶対になくしたくないものをトランクルームに保管する際、セキュリティー面を重視しなければなりません。トランクルームのセキュリティーはサービス内容や立地によって異なるでしょう。たとえば、屋外タイプはセキュリティーに不安要素があります。なぜなら、そとに置いているので盗みやすくなるからです。もし、大切なもの、貴重品などを収納するのなら室内のビルトインタイプをおすすめします。24時間体制、警備保障など防犯機能が充実しているトランクルームを選んでください。

1-5.空調設備はどうなっているの?

湿気に弱いものを収納するとき、空調設備が気になるものです。屋外のトランクルームはそとに置くため、空調設備がありません。一方、室内のビルトインタイプなら空調設備がきちんと整っています。空調・換気ともに完備しているトランクルームなら、快適な空間で保管できるでしょう。ただし、業者によっては空調設備が整っていないところもあります。失敗しないためにも契約前に必ず確認してください。

2.トランクルームを利用するメリット

トランクルームには一体どんなメリットがあるのでしょうか。さまざまなメリットを知ることで、状況に合った使い方ができます。ぜひ、利用前にチェックしてください。

2-1.収納場所が増える

トランクルームを利用する最大のメリットは「収納場所が増えること」です。もう1つの収納場所が増えることで、自宅に収納できなかったものが収納できます。家の中がすっきりすると同時に、時間をかけながら要らないものを片づけることができるでしょう。特に、1人暮らしの収納スペースには限界があります。ものが増えすぎて困っている、処分できないものがたくさんある人はトランクルームを利用してみてください。

2-2.迷惑をかけずに収納できる

自分にとっては大切なものでも他の人にとってはガラクタに見える可能性があります。「早く片づけて」と家族から急(せ)かされることもあるでしょう。手元に置いておきたくても処分しなければならない状況になるときもあるはずです。しかし、トランクルームを利用すれば人に迷惑をかけず、自分のものが収納できます。

2-3.共有しているもの、シーズンものが保管できる

サークルや部活仲間で使っているもの、シーズンものの収納場所としても利用できます。共有しているものは使用場所の近くにあるトランクルームに収納すれば、出し入れが非常に簡単です。シーズン中にしか使わないものは置き場所に困ります。自宅以外の場所に収納すれば安心です。

2-4.災害時に役立つ

トランクルームは「災害・緊急時用」としても活躍します。実は、東日本大震災で起きた津波の経験から、トランクルームの需要が高まりつつあるのです。もし、地震や火災で自宅がなくなったとき、一気に必要なものを失うでしょう。しかし、トランクルームに飲食、生活用品などを保管しておけば安心です。必要なものをほかの場所で保管しておけば、いざというときに安心できます。

3.トランクルームの活用方法

単なる収納場所になることがトランクルームのメリットではありません。トランクルームにはさまざまな使い方があります。上手に使えるよう、多種多様な活用方法をチェックしておきましょう。

3-1.引越し時の一時預け入れ

トランクルームは引越し時の一時的な保管場所になります。引越しをする際、荷物の多さに困るケースが多いです。一時的な荷物の保管場所としてトランクルームを利用すれば、新居がすっきりします。また、自分のペースで不用品の片づけもできるでしょう。忙しくなりがちな引越し時だからこそ、トランクルームを上手に活用すべきです。引越し時の荷物が少なければ、費用も節約できます。

3-2.どんなものが収納できるの?

人によってトランクルームに収納しているものはさまざまです。たとえば、洋服、フィギュアやおもちゃなどのコレクションアイテム、使わなくなったベビーカー、大切な貴重品、思い出のアルバム、スポーツ用品などいろいろなものが収納できます。ただし、トランクルームによっては収納できないものがあるのです。よって、事前にチェックしておかなければなりません。基本的に、動植物・危険物・水分や高温を発する物品・異臭や悪臭のする物品などはNGです。

3-3.利用料金はいくらになるの?

トランクルームの利用料金は「大きさ」と「立地」によって異なります。大きさが半畳~1畳程度なら月額7,000円が相場になるでしょう。3畳以上になると月額数万円まで高く跳ねあがります。大きくなればなるほど高くなると思っておいてください。また、トランクルームの場所によっても費用が大きく変動します。都内でも立地条件がよく、人気のある地域では高値がつくでしょう。南青山付近は月額1万円以上が相場です。さらに、屋外・屋内かどうかによっても利用料金が異なります。屋外のトランクルームは空調設備や防犯設備が整っていないので安いです。一方、設備が整っている屋内のトランクルームは同じ大きさでも費用が高くなるでしょう。毎月支払っていく費用なので、使用前に必ず確認しておきたいですね。

3-4.利用時の注意点

収納のコツをつかむにはトランクルームの注意点を把握しなければなりません。事前に注意点を把握しておけば、失敗することなく上手に活用できるでしょう。後悔しないためにも一緒にチェックしていきたいと思います。

3-4-1.保険内容を確認しよう

トランクルームの契約を交わす前に必ず確認してほしいのが「保険内容」です。もし、トランクルームに泥棒が入っても保険が適用できます。きちんと保険をかけておけば安心して利用できるでしょう。きちんと荷物に保険がかかっているかどうか確認してから利用してください。しかし、預けるものによっては保険が適用できないケースがあります。たとえば、50万円以上価値があるものです。高額なものを保管する場合は保険が適用できるかどうかも確認するといいでしょう。

3-4-2.値段を確認しよう

基本的にトランクルームはレンタルです。毎月一定の使用料を支払うことで利用できます。トランクルームを利用する際、毎月支払える値段かどうかきちんと確認してください。立地や大きさばかり重視していては、毎月の使用料が払えなくなってしまいます。特に、長期的利用を考えている人は1年単位での使用料を考えてみてください。きちんと計算しておけば安心できます。

3-4-3.目的に合った場所・大きさを選ぶ

トランクルームの上手な活用法は「目的に合った場所・大きさを選ぶこと」です。よくありがちな失敗に選び方のミスがあります。失敗しないためにも、目的に合った「場所」と「大きさ」を考えて選んでください。収納するものを明確にしておけば、場所・大きさが決まりやすいです。たとえば、スポーツ用品なら体育館や運動場の近く、バイクを収納するのなら屋外の大きいトランクルームなどになります。

4.利用者の声やよくある質問

ここで、実際にトランクルームを利用している人の声を聞いてみましょう。利用者の感想を知ることでより上手に活用できます。そして、よくある質問にも触れていきましょう。

4-1.自分のペースで整理整頓ができる

洋服が大好きなAさんはクローゼットのスペースに困っていたところ、友達におすすめされたのがトランクルームでした。クローゼット代わりに1畳サイズのトランクルームを使い続けています。Aさんは「空調が整っている室内タイプがあるなんて知らなかった」「シーズンごとに洋服の出し入れをしています」とおっしゃっていました。また、収納スペースが増えたので自分のペースで整理整頓ができるようになったのです。今までどんな洋服を持っていたのか再確認できるでしょう。

4-2.途中解約はできるの?

急にトランクルームの利用をやめたいとき、途中解約はできるのでしょうか。業者によってルールは異なりますが、基本的に途中解約は可能です。ただし、解約を申し出た翌月末日が応対日になります。つまり、3月に申し出た場合、4月末日まで使用料を支払わなければなりません。そして、解約するときは解約書面の記入が必要です。解約を考えているのなら、できるだけ早めに申し出ておきましょう。

4-3.いつでも自由に出し入れできるの?

トランクルームの場合、自分にとって出し入れしやすい環境かどうか重要になります。出し入れしたいときにできないのなら不便に感じるでしょう。トランクルームを上手に活用できません。トランクルームのタイプや立地によって自由に出し入れできるかどうか変わってきます。コンテナを積み重ねているタイプは自分が利用しているコンテナを動かさなければなりません。よって、事前の予約が必要、出し入れするのに時間がかかるデメリットを持っています。いつでも自由に出し入れしたいのなら、365日24時間利用できるトランクルームを選んでください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?トランクルームの活用方法や注意点、サービス概要など基本知識を身につけることができたと思います。トランクルームは屋外型だけではなく、オフィスビルやマンションの1室などさまざまな種類があるものです。自分が収納したいもの、トランクルームの利用目的をきちんと明確にしたうえで適切な「場所」「大きさ」のトランクルームを選択してください。また、契約前は保険内容や月額料金をチェックしておきましょう。基本的な知識をきちんと身につけておけば、トランクルームが上手に活用できます。自分の状況によって活用方法を変えると、さまざまな使い方ができ楽しくなるでしょう。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!