靴の収納をなんとかしたい人へ!収納のワザとアイデアを伝授します!


「いつのまにか玄関に靴があふれてしまった」「下駄(げた)箱に入りきらない靴の収納をなんとかしたい」など、靴の収納にかんする悩みが増えています。靴は、ファッションの決め手のひとつとして複数を持つことが当たり前のものです。おしゃれな人は、数十足持っていてもおかしくありません。しかし、玄関の収納量にも限度がありますから困りますよね。そこで、今回は靴の収納ワザとアイデアを詳しく伝授することにしましょう。

  1. 靴の収納について
  2. 靴の収納アイデアをとことん伝授!
  3. 靴の収納場所を作る方法
  4. 靴の収納にかんするよくある質問に回答!

今回の記事では、収納ワザとアイデアを伝授すると同時に、収納場所自体が足りない場合の方法も採り上げています。記事を読んだ人は、靴の収納にかんする悩みを必ず解消できることでしょう。もう靴の収納で悩みたくない人は、ぜひ記事を読んでみてくださいね。

1.靴の収納について

まずは、靴の収納にかんする悩みの内容を確認することから始めましょう。どんな悩みがあるか、詳しく確認することが解決への第一歩となりますよ。

1-1.靴の収納にかんする悩みには何がある?

靴の収納にかんする悩みと言っても、さまざまな内容があります。主な悩みにかんしては、以下を参考にしてください。

  • 靴が増え過ぎた
  • 狭い玄関で収納場所が無い
  • ブーツなど大きな靴の収納に困る
  • 靴にカビが発生して困る

靴の収納にかんする悩みは、ほぼ上記の内容に当てはまるはずです。主な悩みは何かによって、適切な対策も異なります。

1-2.靴収納の悩みをそれぞれ解説

次に、靴の収納にかんする悩みをもっと具体的に考えてみましょう。自分が悩んでいる内容を中心に確認してくださいね。

1-2-1.靴が増え過ぎた

おしゃれな人や、靴が大好きな人は、知らず知らずのうちに靴の数が増えていきます。しかし、収納場所には限りがあるため、収納できない悩みが発生するというわけです。靴が増え過ぎた人は、履かなくなった靴を処分して量を減らすことを第一に考えましょう。

1-2-2.狭い玄関で収納場所が無い

物理的に狭い玄関の場合は、靴の数が多くなくても収納に困るものです。玄関が狭いと下駄(げた)箱のサイズも小さいため、靴がそのまま玄関に出したままの人も多いでしょう。靴がそのままの状態では、来客があったときにもあわてることになります。狭い玄関の場合は、玄関以外にも靴の収納場所を考えるなどの工夫が必要です。

1-2-3.ブーツなどの大きな靴の収納に困る

下駄(げた)箱の収納量が少ないために、ブーツなどの大きな靴の収納に困ることがあります。女性は、冬場にブーツを履く機会が多くなるため、複数持っている人も多いでしょう。しかし、すべて収納をするとなるとスペースを確保する必要があります。折って収納するとシワになったり傷んだりするため、どうやって収納したらいいのか悩むのも不思議ではありません。ブーツの収納は、特に工夫が必要になると考えましょう。

1-2-4.靴にカビが発生して困る

玄関の下駄(げた)箱は、湿気がこもりやすいものです。特に収納したままになっていた靴は、気が付いたらカビが生えていたということもよくあります。靴にカビが発生すると、修復不可のことも多いため悩む人が多いのも事実です。靴を長く履くためにも、湿気を防いでカビの発生を抑えることが肝心と言えます。

1-2-5.靴の収納にかんするそのほかの悩み

靴の収納では、臭(にお)いで悩んでいる人も多いです。靴は、足から出る汗をたくさん吸収しています。定期的に乾燥しないと、嫌な臭(にお)いが発生する原因になるので注意しましょう。また、ブーツなどの大型の靴は特に臭(にお)いがこもりやすいものです。臭(にお)いを防ぐためには、できるだけ同じ靴を履き続けないようにして湿気を逃がすことが大切だと覚えておきましょう。また、下駄(げた)箱にたくさんの靴を収納し過ぎないように気を付けてください。

2.靴の収納アイデアをとことん伝授!

それでは、靴の収納アイデアの数々を伝授します。さまざまな方法をお伝えしますから、できそうなものから試してみてください。

2-1.靴の収納の悩み別アドバイス

靴の収納にかんする悩みは、人によってさまざまです。ここでは、靴の収納の悩み別にアドバイスをします。自分が悩んでいる内容を中心にチェックしてみてください。

2-1-1.不用になった靴の捨て方がわからない

靴がたくさんあって、中には不用になったものもあるとわかってはいても靴の捨て方自体がわからない人もいます。靴は、ごみとして出すこともできますので自治体に燃えるごみとして出すべきか燃えないごみとして出すべきか確認してみましょう。もしくは、リサイクルや不用品回収に出す方法もあります。不用になった靴をそのままにしておくとどんどん増えていくため、早めに対策してください。

2-1-2.下駄(げた)箱のスペースを増やす方法がわからない

下駄(げた)箱のスペースの使い方がうまくない人もいます。せっかくの下駄(げた)箱も、収納方法を知らないことには無意味です。下駄(げた)箱のスペースを増やすためには、靴用の収納グッズを使ったり、靴を入れる方向を工夫したりするなどしてみましょう。今まで何も考えずに収納していたときと比べると格段に収納量を増やすことができますよ。

2-1-3.ブーツ収納のコツがわからない

ブーツは縦長の靴ですから、下駄(げた)箱にブーツ用のスペースが無い場合は収納に困ることになります。下駄(げた)箱に収納ができない場合は、玄関にそのまま出しておくことになるでしょう。しかし、ブーツが玄関に出したままでは邪魔になるだけです。ブーツの収納については、玄関以外の場所に収納することも考えましょう。

2-1-4.カビ対策の方法がわからない

カビ対策は、湿気取りをこまめに行うことが基本となります。下駄(げた)箱は、余裕を持って収納をし、定期的に開放して中にこもった湿気を追い出しましょう。また、市販の湿気取り剤を使うことも良い方法です。さらに、同じ靴を何日も続けて履かないようにして靴に余分な湿気を残さないことも重要と言えます。1日履いた靴は、よく乾かして収納してください。万が一カビが生えてしまったときは、靴のクリーニングを行っている業者に対応を依頼するのも良い方法ですよ。

2-2.靴の収納場所について考える

では、靴の収納場所について考えてみましょう。今ある収納を有効利用するコツや、そのほかの場所を靴の収納場所として使うアイデアなど、いろいろとご紹介しますのでご覧ください。

2-2-1.下駄(げた)箱空間をもっと活用しよう

下駄(げた)箱の収納は、空間をもっと利用できないか考えてみましょう。たとえば、普通に靴を収納した上側にもう1足収納するといった感じです。下駄(げた)箱の中でも、ひとつの棚を使って靴を上下2段に収納するための便利グッズもあります。空間をうまく利用することで収納力が格段にアップするので試してみましょう。

2-2-2.吊(つる)したり掛けたりしてみよう

靴は、置くことだけが収納方法ではありません。たとえば、吊(つる)したり掛けたりしてみてください。靴を吊(つる)したり掛けたりするのは気が引ける、という気持ちもわかります。しかし、実際にやってみると意外と実用性の高い収納方法であることに気が付くことでしょう。下駄(げた)箱の上側や、玄関の側面を利用して「見せる収納」を心掛けましょう。

2-2-3.玄関以外に収納場所を作る方法もある

靴の収納場所は、玄関に限らなくても大丈夫です。たとえば、自分の部屋に収納しても良いし屋外の物置に入れても良いでしょう。玄関に置かなくてはいけない、と思うのは間違いです。特に、玄関スペースが広くないときは玄関以外の収納場所を考えてみてください。探してみると、意外と靴の収納に向いている場所もあるものです。

2-3.靴の収納におすすめのグッズと活用法

靴の収納に便利なおすすめのグッズや活用法をご紹介します。いずれも簡単な方法ですから、ぜひ試してみてくださいね。

2-3-1.100円ショップのグッズを活用

100円ショップに出掛けると、さまざまな収納グッズを売っています。中には、靴の収納にも役に立つものがたくさんありますのでチェックしてください。たとえば、小型のつっぱり棒を2つ並行に使い、上部にプラスチック板を渡すことで棚を増やすことができます。すると、靴の収納も2倍にできるのです。また、下駄(げた)箱の横のスペースにフックを使えば靴を掛けることも可能になります。100円ショップのグッズは、使い方しだいで無限のアイデアを引き出すことができるのでやってみてくださいね。

2-3-2.シューズボックスを活用

靴を購入したときには、紙製のシューズボックスも付随してくるはずです。シューズボックスは捨てずに取っておくと収納に活用できます。普段使わない靴は、シューズボックスに入れて積み上げたり下駄(げた)箱の下段に入れたりしておくと良いでしょう。また、シューズボックスに入れた状態であれば下駄(げた)箱以外の保管場所に置いても周囲を汚すことがありません。ただし、シューズボックスでの保管でも安心し過ぎは禁物です。こまめに中身をチェックしたり湿気対策をしたりして、放置しないようにしましょう。

2-3-3.そのほかでおすすめの活用法

そのほかにも、靴の収納に役に立つグッズはまだまだあります。たとえば、布製のきんちゃく袋に靴を入れて吊(つる)したりプラスチック製の小型ケースに靴を1足ずつ収納したりすることも可能です。靴の収納専用ではなくても、使い方しだいで収納力をアップしたり新たな収納場所を考えるヒントをくれたりします。皆さんも、ぜひいろいろとアレンジしてみてください。

3.靴の収納場所を作る方法

玄関などに靴の収納ができない場合は、ほかの場所に収納場所を作ることも考えましょう。今回は、トランクルームの活用について解説します。

3-1.トランクルームの活用法

靴の収納のために十分な場所を確保できない人は、トランクルームを借りる方法も考えましょう。トランクルームは、ひと月数千円程度で借りることが特徴です。トランクルームは、特に収納場所が少ない人にとっては願ってもないサービスと言えるため人気が高まっています。トランクルームを上手に活用することで、靴の収納にかんする悩みを解消することができるでしょう。

3-2.トランクルームとは

では、改めてトランクルームについて基本を押さえることにしましょう。トランクルームの主な特徴は、下記を参考にしてください。

  • 月額制で規定のスペースをレンタルできるシステム
  • 契約者は基本として24時間出入り自由(業者によっては時間制限あり)
  • トランクルーム内の使用は契約者の自由(法律や倫理に反しない範囲で)

トランクルームは、収納などを目的として利用することを前提に生まれたサービスです。月額数千円程度で専用のスペースをレンタルできるため、収納が無い人や足りない人から高い支持を得ています。

3-3.トランクルームはどんな人におすすめ?

トランクルームは、以下のような人におすすめします。

  • 大量の靴の収納に困っている人
  • 収納場所が無くても靴を捨てたくない人
  • 家の下駄(げた)箱が無かったり収納スペースが少なかったりする人
  • 靴のほかにも捨てることができない不用品がある人
  • トランクルームが通える範囲内にあること
  • 収納スペース確保のために月額料金を支払ってもいいと考えている人

靴の収納スペースを探している人で、月額料金を支払ってもいいと考えている人にはトランクルームがぴったりです。自宅から通える範囲内にトランクルームがあれば、ますます使い勝手がよくなりますよ。

3-4.トランクルームを利用するメリット

トランクルームを利用するメリットは、想像以上にたくさんあります。

  • 靴であふれていた部分がスッキリする
  • そのほかの不用品もトランクルームに移動できる
  • 自宅の収納スペースが増える
  • 玄関や部屋を広く使うことができる
  • 空調管理が行き渡っているので、自宅保管よりも状態よく維持できる

靴が大好きな人なら、状態よく維持できることは何よりのメリットとなります。カビなどや折りジワなどのトラブルに悩む必要が無くなるのも大きなメリットです。また、何と言っても収納スペースをトランクルームに移したことで玄関が広くなり、スペースを有効に使うことができるのも魅力と言えます。

3-5.トランクルームの業者選びのポイント

最近は需要が高まっているため、トランクルームを運営している業者も増えてきています。トランクルーム業者の選び方については、以下のポイントをチェックしてください。

  • 通える範囲内のトランクルームを経営していること
  • 月額料金が良心的な設定であること
  • 利用プランがさまざまに選べること
  • 24時間出入り自由など柔軟な対応ができること
  • 空調管理や清掃が行き届いていること
  • セキュリティー面がしっかりしていること
  • 個人情報の管理がきちんとしていること
  • 担当者の感じがよく明快な回答ができること

優良なトランクルーム業者を選ぶためには、対応の良さを見ることも重要なポイントとなります。何か不安な点があったときにすぐに対応してくれるなど、対応の良い業者を選ぶことがストレス無くトランクルームを使い続けるコツでもあるので覚えておきましょう。ちなみに、トランクルーム業者選びのときには下記も参考にしてくださいね。

アルファトランク:http://www.alpha-trunk.jp

3-6.トランクルームの業者を選ぶときの注意点

トランクルームの業者を選ぶときには、個人情報の管理とトランクルームのセキュリティー管理の点をしっかり確認することが大切です。信頼できない業者と契約すると、個人情報の漏えいや不審者の侵入などのトラブルが発生することもあります。大切な靴を安心して保管するためにも、個人情報の漏えいリスクから身を守るためにも、厳しくチェックしてください。

4.靴の収納にかんするよくある質問に回答!

それでは、靴の収納にかんするよくある質問に回答します。ほかの皆さんが悩んでいるポイントもしっかり確認しておきましょう。

4-1.靴の収納場所を自分の部屋の中に作るメリットとデメリットは?

玄関や下駄(げた)箱の収納量が限界の場合は、自分の部屋のデッドスペースを利用して収納する方法もあります。たとえば、ベッド下などが空(あ)いていれば靴の収納に利用してみましょう。自分の部屋の中に靴の収納場所を作るメリットは、デッドスペースを有効利用できることです。デメリットは、使いかけの靴を保管するときに泥汚れや湿気が心配な点と、部屋から出るときに靴を持っていくのが面倒な点でしょう。メリットとデメリットに納得できるのなら、自分の部屋に靴の収納場所を作っても問題ありません。

4-2.季節ごとに靴を買い換えて捨てる方法にすれば収納しなくても良いのでは?

確かに、季節ごとに靴を買い換えて捨てることを繰り返す場合は、靴を保管する悩みもありません。不必要になった靴は、処分するだけですからね。しかし、靴を買い換えていくには費用が高く付くだけでなく、環境にもやさしくありません。また、シーズンごとにお気に入りの靴が見つかるとも限らないでしょう。やはり、お気に入りの靴を長く履く方が現実的と言えます。必要最低限の収納にかんしては、避けることができないと考えましょう。

4-3.備え付けの下駄(げた)箱の収納力に不満があるときは取り替えた方がいいですか?

下駄(げた)箱は、多くの場合で現在の玄関スペースに合ったものになっているはずです。玄関スペースに余裕が無いのに下駄(げた)箱だけを取り替えても、今度は玄関の使い勝手が悪くなる可能性もあります。下駄(げた)箱の取り替えにかんしては業者の意見も聞きつつ慎重に行いましょう。下駄(げた)箱を取り替えなくても、収納方法の工夫で収納力をアップすることも可能です。まずは、いろいろと工夫をしみてください。

4-4.トランクルームの利用を考えていますがお試し期間などありますか?

トランクルームは、大体1か月単位での契約となります。そのため、お試し期間は無いと考えてください。そのかわり、契約初月は日割り計算をしている企業を選ぶとお得です。もしも、何らかの点で気に入らなかった場合は、すぐに解約を申し出ることで最低限の費用負担で済みます。しかし、ひとたび入れた靴や荷物を持ち出すのも大変ですから契約はしっかり考えて進めてくださいね。

4-5.トランクルームに靴を保管する場合のコツを教えてもらえますか?

トランクルームは、温度や湿度管理などが行き届いています。通常、保管中の靴の劣化については考えなくてもいいでしょう。ただし、靴を積み上げるように重ねたり乱雑に置いたりしただけでは、せっかくのトランクルームが台無しです。たとえば、ラック類を上手に使って棚を作ることで、見やすいだけでなく取り出しやすい収納スペースが完成します。トランクルームでもアイデアを駆使して使いやすくアレンジしてください。

まとめ

靴が多い人にとって、収納の問題は大きな悩みとなります。玄関や下駄(げた)箱の収納を工夫してもあふれてしまう靴たちは、不用なものを処分することも考えましょう。もしも、処分したくない場合は、トランクルームを利用する方法もあります。トランクルームの利用は、靴の収納だけでなくそのほかの不用品の保管にも役に立つので積極的に検討してみてください。記事を読み終わった今、早速対策をして靴の収納の悩みから脱出しましょう。


トランクルームで収納不足の悩みを解決!