機密文書の保管方法とは! 法律による保存期限や電子化などを解説

機密情報の漏洩(ろうえい)が問題視され、文書の取り扱いが厳しくなりました。文書の保管については、決まりがあることをご存じですか? 文書保管期間を定めた法律もあり、約束事はきちんと守らなければなりません。しかし、文書は日々出るもので、保管場所で困ることが多いものです。管理が不十分では、機密情報が漏(も)れてしまう危険性もあります。
「文書の保存について知りたい」「安全に預けられる場所はないか?」など、文書保管に関する疑問は自然と生じることでしょう。大切な情報が記載されているのですから、セキュリティー面も意識しておきたいですよね。
今回は、機密文書の保管についてご紹介します。膨大な量の文書を保管する場所で困っている方は、この記事を参考にすることで保管方法や保管に関するアイデアを得ることができるでしょう。

  1. 文書の保管について
  2. 文書の保管方法について
  3. 文書の保管ができるトランクルームについて
  4. 文書の保管でよくある質問
  5. まとめ

機密文書は絶対に流出を防がなければなりません。文書箱に入れたまま放置していたという方は危険です。また、文書はデータ化などコンパクトに保管する方法もあります。この記事でさまざまなアイデアを身につけてください。

次のページ1.文書の保管について解説します。続きを読む
トランクルームで収納不足の悩みを解決!