夏物の賢い収納方法とは? トランクルームを活用する方法も!

夏物の収納についてお困りではありませんか? 涼しくなってくると、洋服をはじめ、夏の間しか使わないものを収納する必要があるでしょう。そこで、問題になるのが収納場所です。扇風機やレジャー用品など大きなものもあるため、「収納するスペースが足りない」という人も多いのではないでしょうか。この記事では、夏物を収納するコツについてご紹介します。

  1. 夏物の収納について
  2. 夏物を収納するコツ
  3. トランクルームを活用して夏物を収納しよう!
  4. 夏物の収納に関するよくある質問

この記事を読むことで、夏物の収納に関する悩みを解決できるはずです。ぜひ実践してみてください。

1.夏物の収納について

まずは、夏物にはどのようなものがあるのか、よくある収納の悩みなどをご紹介します。

1-1.夏物とは?

夏物といって思いつくのは、以下のようなものでしょう。

  • 夏服
  • プール用品
  • キャンプ用品
  • 扇風機
  • ラグマットなど夏用のインテリア用品

1-2.収納の悩み

夏物の収納にはさまざまな悩みがあります。まず、来年まで使用しないため長期間の保管が必要という点でしょう。カビやダニ・ホコリの影響を受けにくい場所に保管することを考えなければなりません。また、重くてかさばるものが多いため、収納場所がないという悩みも多いはずです。来年の夏がきたときに同じ状態で使えるようにするためには、どのように収納したらよいのでしょうか。

2.夏物を収納するコツ

夏物を収納する上で知っておくべきコツをご紹介しましょう。

2-1.しまうときのコツ

夏物をしまうときのコツをまとめました。

2-1-1.衣類の場合

夏は汗をかきやすいため、衣類に汗の成分が残ったまま収納すると黄ばみの原因になってしまいます。毎回きちんと洗濯していたものでも、収納する前に中性洗剤を溶かしたぬるま湯に30分ほどつけてから洗濯機にかけましょう。型崩れを防ぐために、ワンピースやブラン巣などはハンガーにかけて収納します。Tシャツはシワになりにくいよう丸めて収納するのがおすすめです。

2-1-2.道具の場合

キャンプ用品やプール用品・家電などは、できるだけ1か所にまとめて収納してください。次に使用する際、持っているものを把握しやすくなります。かさばるものが多いため、ラックや棚などを使って縦にも収納するようにしましょう。扇風機などの家電は、外箱やカバーなどに入れて収納することでホコリから守ることができます。

2-2.収納のコツ

収納のコツは、どこにあるか一目で分かるようにすること、狭いスペースでも収納できるようにすることです。そのためには、グッズを活用することをおすすめします。アイテムやカテゴリー別に分けて収納ボックスに入れ、中身を書いたシールなどを貼っておくとよいでしょう。また、収納スペースを少しでも有効活用できるように、空間を使った収納方法を検討してみてください。つっぱり棒やラックなどを使うと便利です。もう一つ、多機能製品に買い替えて一年中使う方法もあります。扇風機と暖房機が一体になった製品などを使用することで、季節が変わっても収納する必要がなくなるのです。収納スペースが足りない場合は、検討してみるとよいでしょう。

2-3.収納場所について

自宅で夏物を収納する場所としては、押し入れやクローゼット・納戸などが思いつくでしょう。ただし、こういった場所に収納する場合は、風とおしを確保しておく必要があります。湿度の高い場所に長期間保管しておくと、カビやダニが発生する可能性が高くなるのです。定期的に扉を開けて風をとおすなどの手間が必要になる場合もあるでしょう。

3.トランクルームを活用して夏物を収納しよう!

夏物の収納場所としてトランクルームを活用する方法もあります。

3-1.トランクルームについて

トランクルームのメリットは、気軽に荷物を保管できるという点です。「自宅の収納スペースが足りない」「ものを少なくして部屋をすっきりさせたい」という人は、ぜひ活用を検討してみてください。夏物は次の夏が来るまで使用しないため、自宅から離れた場所に保管しておいても問題ないでしょう。空調設備が整ったトランクルームであれば、カビやダニの心配もなく夏物を保管しておくことができます。夏物の収納に向いているのは、次のようなトランクルームです。

  • 屋内タイプ
  • 空調設備が整っている
  • セキュリティーがしっかりしている

3-2.注意点

「夏物以外にもトランクルームに保管したいものがある」という人も多いでしょう。趣味の道具や自宅に収納しきれない家具・雑誌など、トランクルームに保管できたら助かりますよね。そのような場合は、自由に出し入れすることを考えてなるべく自宅から近い場所にあるトランクルームを利用したほうがよいでしょう。遠いと出し入れが面倒になり、トランクルームを借りるメリットがなくなってしまいます。

3-3.料金について

トランクルームの料金については、業者ごとに設定が異なります。サイズや設備・立地条件などによっても差があるため、複数の業者を比較して選ぶようにしてください。事務手数料やセキュリティー登録料などの初期費用についても、事前に確認しておきましょう。

3-4.業者選びのコツとポイント

トランクルームのレンタルを行っている業者は、以下のポイントを参考にして選びましょう。

  • 自宅から近い場所でトランクルームの貸し出しを行っているか
  • 保証やセキュリティーはしっかりしているか
  • 利用しやすい料金設定であるか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーであるか

アルファトランク」では、ホームページのフォームからお問い合わせやお申し込みを受け付けています。ぜひご利用ください。

4.夏物の収納に関するよくある質問

「夏物を収納したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.夏物の布団を収納したいのですがどうすればよいでしょうか?
A.洗濯機で洗えるものは洗い、天日干しをして完全に乾かしてください。布団が床や壁に直接触れないようにして収納し、除湿対策も忘れないようにしましょう。収納スペースが足りない場合は、布団用の圧縮袋を使用するのがおすすめです。

Q.夏用の靴を収納する際の注意点を教えてください。
A.ブラシやぬれタオルで汚れを落とし、しっかりと乾かしましょう。型崩れを防ぐためにシューキーパーや新聞紙などを靴の中に入れた状態で靴箱にしまうことをおすすめします。靴箱の中にも除湿剤を入れておくことを忘れないでください。

Q.たたんで収納しても問題のない洋服にはどのようなものがありますか?
A.シワになりにくい素材のもの、シワがついてもアイロンで伸ばすことができるものであれば問題ないでしょう。また、ハンガーにかけると伸びで型崩れしてしまう素材のものも、たたんで収納するべきです。

Q.夏物の洋服が多すぎて収納しきれません。どうしたらよいでしょうか?
A.着る機会が少ない洋服は、この機会に処分することをおすすめします。状態のよいものはリサイクルショップに売るとよいでしょう。まだ着る予定のある洋服は、トランクルームに保管する方法も検討してみてください。

Q.トランクルームを利用する際に発生する可能性があるトラブルとはどのようなものですか?
A.カビや虫食いなど荷物の劣化が最も多いでしょう。そのほかにも、ほかの利用者と出し入れのタイミングが重なり、邪魔をしてしまったなどの理由でトラブルに発展する例もあります。

まとめ

いかがでしたか? 夏物の収納について、よくある悩みや収納のコツ、トランクルームを活用する方法などをまとめてご紹介しました。衣替えの時期になると、収納場所について悩む人は多いでしょう。自宅に収納するのが難しい場合は、便利なトランクルームについても活用を検討してみることをおすすめします。ぜひこの記事を参考にして、スムーズな衣替えをしてください。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!