整理整頓が苦手な人必見! 収納がうまくいくコツや増やし方を一挙紹介!

ものが多すぎて、整理整頓に手間取っている。収納が足りなくて持ち物が収まりきらない。このような悩みを抱えている人はいませんか? 特に、単身者向けの賃貸物件は収納スペースが少なく、どうにかして部屋を片付けようと四苦八苦している人もいるでしょう。
そこで、今回は収納スペースに上手に整理整頓をするコツや、収納がどうしても足りない場合の対処方法を解説します。

  1. 収納スペースと整理整頓
  2. 収納場所が足りない場合の対処方法
  3. 収納スペースの借り方・選び方
  4. 整理・収納・トランクルームに関するよくある質問

この記事を読めば、収納スペースや整理整頓関係の悩みは解決するでしょう。部屋がなかなか片づかないという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.収納スペースと整理整頓

はじめに、部屋が片づかないという問題を収納スペースの面と整理整頓の面から説明します。どのような問題の違いがあるのでしょうか?

1-1.整理整頓すると収納スペースが増える理由

整理整頓とは、乱れた状態にあるものを整えることです。持ち物が乱雑に置かれていれば、どこに何があるかもわからず、収納スペースの中にも無駄が生まれます。たとえば、箱の中に無造作にものを投げ込んでいけばあっという間にいっぱいになってしまいますが、隙間を埋めるようにいれてていけば、無造作に放りこむよりもずっと多くのものを入れることができるでしょう。
また、整理整頓をすることで不要品を見つけ、処分することもできます。そのため、整理整頓をすると収納スペースが増えたように感じられるでしょう。

1-2.収納スペースの容量と整理整頓の関係

収納スペースとは、文字どおりものを収納する専用の場所です。押し入れ・クローゼット・納戸など種類はさまざまですが、ものを入れる専用スペースがあれば、とりあえずここに入れればよいので、家の中が散らかりにくくなるでしょう。タンスをはじめとする収納家具もありますが、いれられるものが限られがちなうえ、どうしても部屋が狭くなります。収納スペースがなければ収納家具で代用すればよい、と思う方もいますが、収納スペースのほうが内部の整理整頓もしやすく、たくさんのものも収納できて便利です。

1-3.収納スペースを整理整頓するコツ

収納スペースは、広い方がたっぷりものが入って便利です。しかし、広いスペースはものを乱雑につめこみがちになるデメリットもあります。「広い収納スペースは何でも入れることができて便利だけれど、どこに何が入っているか分からない」と悩んでいる人もいるでしょう。収納スペースを上手に使うためには、以下のことを意識して荷物を入れてみましょう。

  • よく使うものは胸から目線の高さの位置に来るようにしまう
  • 使う季節が限られている軽いもの頭よりも上の位置、重いものは腰から下の位置にしまう
  • 箱状の収納容器に入れて収納スペースにしまう場合は、容器ごと出さなくても中身が取り出せるような形の収納容器を選ぶ
  • ダンボールに入れて収納する場合は、側面に中に入っているものの名前を書いておく
  • 1年に1度は収納スペースの中を確認し、不要品は処分する
  • 収納スペースには、常に3割の空きを作っておく

これだけで、中に何が入っているか分からなくなることはありません。また、よく使うものは取り出しやすくなります。

1-4.収納スペースを増やすコツ

東京など大都市にある単身者向け物件は、収納場所がとても少ないところも珍しくありません。物件によっては、全くないというところもあるでしょう。そのような物件の場合は、収納家具を買うほか、突っ張り棒や金属製のネットなどを利用して収納スペースを増やす方法があります。
突っ張り棒は壁の間に渡すだけで、ハンガーかけになり、複数本渡せば簡易的な収納棚になるでしょう。インターネットを検索すれば、アイデアがたくさんヒットします。あまり重いものは置けませんが、壁を傷つけないので賃貸物件で収納を増やしたいという場合におすすめです。
金属性のネットも壁に取りつけてS字フックをかければ、ちょっとした収納スペースになります。キッチンの調理器具やアクセサリーなどを収納するのに適しているでしょう。
また、マグネットがついたフックを鉄製の扉につけても収納場所ができます。

2.収納場所が足りない場合の対処方法

この項では、どう工夫しても収納場所が足りない場合の対処方法をご紹介します。どのような方法があるのでしょうか?

2-1.収納場所が足りなくなるときとは?

家族が増えたり道具が必要な趣味を始めたりすると、どうしても収納場所は不足しがちになります。特に、スキー・サーフィン・ダイビング・登山などアウトドアスポーツを始めると、装備品が増えがちになるでしょう。また、子どもが生まれたり、兄妹が増えたりしても収納場所は足りなくなりがちになります。

2-2.収納場所を増やす方法

収納場所を増やす方法には、上記でご紹介した整理整頓を工夫したり突っ張り棒などで収納スペースを増やしたりするほか、収納スペースがより広い家に引っ越す、荷物を預ける場所を別に借りるといった方法があります。
家族が増えた、これからも増える予定があるという場合は引っ越しも視野に入れて考えましょう。そのほかの場合は、荷物を預ける場所を別に借りたほうがお得で手軽です。

2-3.賃貸できる収納スペースとは?

個人が借りられる収納スペースとしては、トランクルームやレンタルスペース・野外コンテナなどがあります。それぞれ特徴や費用が異なるので、用途に合わせて借りましょう。では、次の項でそれぞれの特徴や借り方・選び方などをより詳しく解説します。

3.収納スペースの借り方・選び方

この項では、収納スペースの選び方などについて解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.トランクルームやレンタルスペースの基礎知識

トランクルーム・レンタルスペース・野外コンテナなどは、個人や法人向けに少量の荷物を預かるサービスです。荷物運搬用のコンテナを再利用したものや、元々賃貸物件だったところを荷物預かり専用にしたもの、荷物を預かる専用の建物を利用しているところ、などさまざまな種類があります。
今は、ホームページを開設している業者も多いので、一度最寄りの業者を探してみましょう。特徴やセールスポイントが詳しく記載されています。

3-2.収納スペースと一般的な賃貸物件の違い

トランクルームやレンタルスペースは、荷物を預かることに特化した物件です。ですから、大きさもさまざまで、物件によってはコインロッカー程度のサイズを借りることもできます。また、物件によっては温度管理や湿度管理もされており、防犯対策に力を入れているところもある一方で、安さを売りにする代わりに野外にコンテナを置いて鍵つきの扉をつけただけ、というところもあるでしょう。
なお、賃貸の収納スペースは倉庫業法か民法の借地借家法にそって運用されています。倉庫業法に基づきトランクルームを運営している業者は、預かった荷物に対して一定の責任を持つので、盗難や破損があった場合は補償を受けることが可能です。一方、借地借家法に基づき、普通の家を借りるのと同じ契約でレンタルスペースを借りた場合は、荷物の盗難や破損に対する補償はありません。

3-3.トランクルーム等の選び方

賃貸の収納スペースを借りたいという場合は、預けるものや量によって、業者を選びましょう。たとえば、高級家具や家電・精密機械・楽器など資産価値の高いものを預けたい場合は、温度や湿度の管理・防犯がしっかりしている業者を選んでください。
一方、温度や湿度にあまり影響されないアウトドアグッズ等を預けたい場合は、防犯がしっかりしているところを選びましょう。値段が安い物件は一見すると魅力的ですが、防犯が今ひとつだったり、湿度が高くて壁に結露が発しやすかったりするなどデメリットが大きい物件もあります。迷った場合は実際に物件を見せてもらったり口コミサイトなどで評判を確認したりするとよいでしょう。

3-4.注意点

トランクルーム・レンタルスペース・野外コンテナには、生物・食べ物(缶づめ・ビンづめ・レトルトは除く)・現金や有価証券などは、預けられません。また、臭いの強いものや火事になる危険性があるものもダメです。預かってもらえるかどうか判断がつかない場合は、業者の問い合わせてください。
また、トランクルームには自分で荷物を出し入れするところと、従業員が出し入れしてくれるものもあります。定期的に使用したりお手入れしたりしたいものを預ける場合は、自分で荷物を出し入れできるもののほうが便利です。また、トランクルームなどは基本的に自分で荷物を預けたり引き取ったりしなくてはいけません。ですから、家から近い物件がおすすめです。

4.整理・収納・トランクルームに関するよくある質問

Q.トランクルーム等は、どのくらいの期間借りることができますか?
A.基本的に、月単位・年単位の契約です。日にち単位で借りることはできないところが一般的ですが、1か月と5日というように、月単位・年単位+1か月未満という借り方はできます。この場合、賃料が日割になるところも多いでしょう。

Q.トランクルーム等の賃料はどのくらいですか?
A.借りる場所の広さや管理状況によって異なります。温度や湿度までしっかり管理されているところは、値段が高い傾向にありますが、管理体制と値段の安さの両方を売りにしているところもありますので、探してみてください。

Q.トランクルームの中で一定時間過ごすことはできますか?
A.基本的に荷物を出し入れする以外のことはできません。

Q.アウトドアグッズで汚れが取れないものも預けられるでしょうか?
A.あまり汚れが激しく、洗っても取れないものは預けられないところもあります。まずは業者に確認してください。

Q.複数の人間が共同でトランクルームを借りることはできますか?
A.業者にもよりますが、代表者を1人決めてその人が業者と契約を結ぶ形が一般的です。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は収納スペースの整理整頓のコツを中心に解説しました。収納スペースは定期的な荷物の整理が大切です。荷物を整理し続けていれば、「ここに何が入っているか分からない」ということにはなりません。どうしても収納場所が足りない場合は、トランクルーム等を利用しましょう。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!