片付けは収納次第でうまくいく! 多すぎるモノを片付けるコツとは?

「片付けが苦手」「モノが多くて収納できない」と悩んでいる人はいませんか? 部屋が狭くて荷物が多いと、どうやって片付けたらいいのか困ってしまうことでしょう。片付けや収納は、コツをつかめば誰でもできるものです。この記事では、モノが多くても片付けや収納がうまくいくヒントをお伝えします。

  1. 片付けと収納の関係
  2. 片付けと収納の困りごと
  3. 片付け上手、収納上手になる方法
  4. 片付けと収納、トランクルームの利用について
  5. よくある質問、役立ち情報

この記事を読むことで、上手な片付けや収納のコツや、部屋を広く使うアイデアが分かります。すっきり暮らすために、ぜひ参考にしてください。

1.片付けと収納の関係

片付けと収納は、一見同じように感じますが、実は明確な違いがあります。片付けとは乱雑に置かれているモノをまとめて整えることです。一方で収納とは、モノをしまっておくことを指します。この違いを知ることが、片付け・収納上手への第一歩です。

1-1.片付けと収納の関係とは

片付けと収納は2つでひとつのセットだと思ってください。部屋の片付け、机の上の片付けなど、乱雑にモノが散らかっている空間を整えるには、散らかったモノを整理してどこかにしまう必要があります。そこで登場するのが「収納」です。収納をするには、モノを入れる場所が必要になります。棚やクローゼット、押し入れなど、そのモノがあるべき場所に収納することで、片付けが完了するのです。

1-2.片付け上手は収納上手?

片付けを始めるにはまずは不用品を処分し、必要なモノだけの状態にしてから、それぞれに定位置を決めて片付けていきます。収納するときは、ただしまい込むだけでなく、取り出しやすさ・使いやすさを心がけましょう。このとき大切なのは、自分がどんな暮らしをしたいかを思い描くことです。「子どもとゆっくりと過ごしたい」「仕事の疲れをいやす空間にしたい」など、自分が一番優先したいことを意識することで、どこに何が必要か明確になります。

1-3.収納の重要性

片付けを完了させるには、収納を抜きにはできません。その場に合わせた収納ができることで、部屋が本来の目的を持った空間として機能するのです。毎日使う・1週間に1回だけ使う・季節ごとに使う・めったに使わないけど大切なモノ、など使う頻度によって収納の仕方も収納場所も変わります。目的に合わせた収納スタイルを考えることが重要なのです。

2.片付けと収納の困りごと

片付けの初めに、いるモノといらないモノを区別する、という話をしました。でも、なかなかうまく仕分けができないことがあります。

2-1.モノが多い

一番多い悩みはモノが多すぎるということです。家族の人数が多い場合はもちろん、趣味が多い人も持ち物が多くなります。また、子どもがいると、その成長とともにどんどんモノが増えるのでやっかいです。服が大量にある、本が多いなど、その人のライフスタイルによっても持ち物の数は変わってきます。

2-2.モノが捨てられない

断捨離しようと思っても、モノがうまく捨てられないという人は多くいます。使わないモノをしまい込んでいるため、収納場所が足りなくなってしまうのです。結果として部屋の中にモノがあふれることになります。

2-3.収納に困るモノ

モノが捨てられないと、収納に支障をきたします。増え続ける子どものおもちゃは場所をとるし、めったに使わないモノは、どこにどうやってしまえばいいのか迷ってしまうでしょう。収納に困るモノの代表は、子どもや家族の思い出の品です。節句用品など1年に1回しか使わないモノや、季節の家電品なども困ります。アウトドアやスポーツなどのかさばる道具も収納場所の確保が困難です。さらに、骨とうやプラモデルなど、コレクションの趣味がある場合は、スペースも必要で家族に理解してもらえないことも多く、困っているという人が多くいます。

2-4.収納の困りごと

収納で困るのは、何といっても収納場所の確保です。もともと押し入れや物入れなどの収納が少ない家や、部屋が狭い場合などは、収納家具を置くのにも苦労します。モノに対して収納場所が少ないため、収納場所に入りきらないのです。特に、リビングや玄関など、家族全員のモノが置かれる場所は、モノであふれることになってしまいます。   

3.片付け上手、収納上手になる方法

入りきらないモノを上手に収納するにはどうしたらいいでしょう? 片付け上手になるにはすべてのモノの住所を決めることです。キッチンだったらお鍋、調味料、食器など、すべてに「定位置」を決め、決めたところに戻す習慣をつけます。

3-1.モノを少なくする方法

減らす基本は、必要のないモノを捨てることです。断捨離とまではいかなくても、今の自分に何が必要かを良く見極め、いらないモノを手放すことを意識しましょう。そのために必要なのは「仕分け」の作業です。
「いるモノ」「いらないモノ」という分け方では基準があいまいなので、迷わず処分できるような問いかけをします。それは「今使っているか」「使っていないか」です。使っていないモノについては、洋服なら「3年間着なかったら処分する」というように決めていきます。使う場面を具体的に想像できるモノは残してもいいでしょう。たとえば「痩せたら着る」というのは、時期があいまいなのでNGですが、「来年の同窓会に着る」というように具体的に設定するようにします。

3-2.捨てられないモノをどうするか

こうして仕分けると、今現在使っているモノと、捨てるモノ、取っておくモノに分かれます。しかし、中には「使っていないけど捨てられないモノ」も出てくるでしょう。思い出の品などがその代表です。あるいは、収納場所が少なくて、「季節品をしまったら日常に使うモノをしまう場所がなくなってしまった」というケースもあるでしょう。そんな場合は、新たな収納場所を確保する必要があります。

3-3.おすすめ収納術

収納上手になるコツは、持ち物の数を決めることです。タオルなら人数分プラス3枚、トイレットペーパーなどの消耗品は使用中プラス1組、パジャマは季節ごとに2組など、「定量」を決めておきます。洋服や靴・バッグなどは1つ買ったら1つ処分するというルールを決めましょう。こうすることで余分なモノが減り、収納にゆとりが生まれます。
収納場所は、家の中の動線を考えて、使う場所に合わせてモノを配置しましょう。収納のコツは、少ないスペースにいかにたくさん詰め込むかではなく、いかに使いやすくしまうかです。そこで、収納場所には3割のゆとりをもたせるといいでしょう。

3-4.トランクルームの提案

どんなにがんばっても家の中に十分な収納場所が確保できないときは、広い部屋に引っ越すしかないのでしょうか? 実は、引っ越しをしなくても今の住まいを広く使う方法があります。それは、トランクルームを利用する方法です。
トランクルームは、普段使わない荷物を一時的に保管する場所として利用できます。トランクルームは収納力があるため、新しく1部屋増えるような感覚です。トランクルームには倉庫型、ビル型、コンテナ型などがあります。用途や預けるモノによって使い分けるといいでしょう。

4.片付けと収納、トランクルームの利用について

最近のトランクルームはビルインタイプという屋内型のものもあり、たとえばアルファトランクのトランクルームは、駅近くのビルの中にあるので便利です。空調やセキュリティーもしっかりしているので、大切な品も収納することができます。アウトドア用品やバイクなど大型のモノを保管するには、屋外タイプのトランクルームが適しているでしょう。

4-1.トランクルームのメリット

トランクルームを使うことで、収納のさまざまな悩みが解決します。

  • 趣味の品などを家族に気兼ねなく収納ができる
  • オフシーズンの荷物を収納できる
  • かさばるモノを収納しておける
  • 家財道具の一時置き場にできる
  • 引っ越しや建て替えまでの荷物の仮置き場にできる
  • 収納場所が増えることで部屋が広く使える

4-2.申し込み、使用の流れ

トランクルームの申し込みは、インターネットでできる場合がほとんどです。アルファトランクを例にとってご説明します。契約には、本人確認書類の提出が必要です。

  • 利用したい部屋のタイプ・大きさを選ぶ
  • 希望物件の空き状況をホームページで確認
  • 希望物件が空いている場合は申し込む
  • 倉庫会社から申込書・契約書が届く
  • 申込書・本人確認書類を提出
  • 支払い
  • 入金確認後鍵・契約書・口座引き落とし依頼書が届く
  • 契約書・口座引き落とし依頼書を提出

4-3.業者選びのポイント

大切な荷物を保管する場所なので、業者選びは慎重に行いましょう。以下のポイントを参考にしてください。

  • 豊富な部屋タイプがそろっているか
  • 空調や換気は完備されているか
  • 警備システムが整っているか
  • 利用しやすい立地か
  • 保険の取り扱いがあるか
  • 現地見学が可能か

4-4.価格について

トランクルームの使用料は、部屋の広さによって変わります。ホームページに料金表が出ているケースが多いので、月額料金を必ず確認しましょう。使用料以外に契約時には保証金などが必要になります。申し込み時に確認しておいてください。

4-5.注意点

保管するものの中に貴重品や大切な品がある場合は、24時間警備システムや空調管理がしっかりしている業者を選びましょう。

5.よくある質問、役立ち情報

Q.リビングがすぐにモノであふれてしまいます。どうしたらいいでしょう?

A.リビングは家族の共有スペースです。「私物は持ち込まない」というルールをつくって、家族みんなで守るようにしましょう。

Q.片付けの順番のおすすめはありますか?

A.まず、押し入れや物置などの大きな収納スペースから片付けましょう。その後キッチン・水回り、リビング・玄関を片付けるとスムーズです。

Q.トランクルームのサイズはどのように選べばいいでしょう?

A.預けたいものの量や大きさに合わせて選びます。トランクルームのサイズはホームページで確認できますが、大きさの実感がわきにくいので、現地を見学するといいでしょう。

Q.トランクルームの荷物の出し入れは、いつでも自由にできますか?

A.通常は24時間可能です。念のため契約内容をよく確認しましょう。

Q.トランクルームに収納できないものはありますか?

A.動植物を始め、危険物、異臭・悪臭のする物品、水分・高温を発する物品、他の使用者の方に悪影響を及ぼす物品などは収納できません。

まとめ

片付けと収納は切っても切れない関係です。気持ちよく片付けをするためには、収納スペースの使い方がポイントになります。モノを減らすためのルールをつくり、実践することで、片付けがラクになるのです。収納が足りない場合は、トランクルームを活用し、すっきりした暮らしを目指しましょう。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!