必見!「衣服の収納が足りない」ときに知っておくべきアイデアを紹介


衣服の収納にお困りではありませんか? 増えすぎてしまいがちな洋服を収納するためのスペースが足りなくて困っている人は多いでしょう。衣服はカビや虫食いなどの問題もあるため、気をつけて収納する必要があります。そういった問題を解決するためには、どうしたらよいのでしょうか。この記事では、衣服の収納によくある悩みや収納アイデア、トランクルームを活用する方法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 衣服の収納について
  2. 衣服の収納アイデア
  3. 衣服の収納、トランクルームの活用について
  4. 衣服の収納に関するよくある質問

この記事を読むことで、衣服の収納に関する悩みを解決できるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.衣服の収納について

衣服の収納についてよくある悩みごとをご紹介します。

1-1.増えすぎてしまう

洋服をたくさん持っていることは心の豊かさにもつながります。しかし、気づいたら増えすぎていて「クローゼットに入りきらない」ということもあるのではないでしょうか。特に増えがちなのがベビー服です。そのほかにも、おしゃれをするのが好きな人、洋服を買うのが趣味の人などは、増えすぎてしまった洋服をどう収納すべきか考えなえればなりません。

1-2.収納スペースが足りない

自宅の収納スペースには限りがあります。もともと狭い収納スペースしかない場合、収納スペースに入りきらないほど衣服が増えてしまうことも多いでしょう。

1-3.季節もの、大きなものの収納について

衣服は季節によって変わります。オフシーズンの衣服をどこに収納しておくべきか、考える必要があるでしょう。長期間着ないことになるため、きちんとした保管方法を知っておくことも大切です。また、コートやオーバーなどの大きな衣類は収納するのにスペースをとるため、「収納する場所がない」といった悩みも出てきます。

1-4.カビなどの悩み

「衣替えをしたら衣服にカビや虫食いがあった」という経験をしたことがある人も多いでしょう。衣服は長期収納しておくとカビや虫食いなどの影響を受けてしまうことがあります。そういった問題を防ぐためにも、収納場所や収納方法をしっかりと考える必要があるのです。

2.衣服の収納アイデア

衣服の収納アイデアを、悩み別にご紹介します。

2-1.衣服の量を減らす

収納の悩みを解決するために、衣服の量を減らすことも検討しましょう。まず、「自分はどんな洋服が好きなのか」「どんな洋服を着たいのか」を考えてみてください。そして、クローゼットの中にある「長期間着ていない洋服」がどのくらいあるか確認してみましょう。少なくとも、1年以上袖をとおしていない洋服はあなたにとってもう「着ない洋服」です。残したいものだけを選んだら、あとはすべて処分してください。また、再び洋服が増えてしまうことを防ぐための工夫も必要です。できるだけすべての洋服が見えるような状態で収納し、どんな洋服をどのくらい持っているのか把握するようにしましょう。着まわし方を検討し、「たくさんの洋服は必要ない」ということに気づくのも大切です。

2-2.しまい方のポイント

衣服を収納する際は、しまい方にもポイントがあります。たとえば、「Tシャツ」「セーター」「スカート」というように、種類ごとにしまうことでどんな洋服を持っているのか把握しやすくなるでしょう。また、可能なものはできるだけ小さくたたんだり、つるして収納したりしてください。そうすることで、収納スペースを有効的に使うことができます。

2-3.収納を増やす方法

衣服を減らすことも大切ですが、可能であれば収納を増やすことで悩みを解決する方法を考えてみましょう。たとえば、クローゼットを上・中・下の3つに分けて使い、下段の空(あ)いているスペースに衣装ケースを置いて衣服を収納するとよいでしょう。また、細いハンガーに統一して収納をすっきり見せる方法もおすすめです。部屋の空間に余裕があるなら、ラックを設置するなどしてクローゼット以外の収納スペースを作り出しましょう。

3.衣服の収納、トランクルームの活用について

自宅の収納スペースだけでは足りない場合、トランクルームを活用する方法も検討してはいかがでしょうか? 衣服の収納以外の活用法や、利用する流れなどをご紹介します。

3-1.トランクルームの活用法

トランクルームにはさまざまな活用法があります。衣服の収納以外にも、以下のようなものを保管するために利用することが可能です。

  • 扇風機や暖房器具、ひな人形などの季節用品
  • 増えすぎた趣味のアイテム
  • 捨てられない思い出の品
  • 住み替えや長期出張で置き場がなくなった荷物
  • バイク

3-2.どんな人におすすめ?

トランクルームは契約も比較的簡単にできるため、「気軽に荷物を預けたい」という人におすすめです。自宅の収納スペースに入りきらないものがある人、部屋をすっきりさせたい人は、ぜひ利用してみるとよいでしょう。セキュリティー対策がしっかりしているトランクルームもあるため、大切なものの保管場所として活用することも可能です。

3-3.流れ・費用・準備について

トランクルームを利用するまでの流れや費用・必要な準備などをまとめました。

3-3-1.流れ

東京・神奈川エリアでトランクルームを展開している「アルファトランク」は、以下のような流れで利用できます。

  • ホームページ上でトランクルームの空き状況を確認する
  • 電話またはホームページのフォームから申し込む
  • 申込書などの書類が送付されてくるため、メールまたはFAXで返送する
  • 契約担当者から連絡がくる
  • 入金確認後、鍵・契約書・口座引落依頼書が送付されてくる
  • 必要事項を記入し、身分証明書を同封して返送する
  • 契約完了

3-3-2.費用について

トランクルームを契約する場合、通常は月額使用料のほかに事務手数料や管理費がかかります。「アルファトランク」では、月額使用料の割引や事務手数料無料などのキャンペーンを実施中です。お得にトランクルームを利用するチャンスなのでぜひチェックしてみてください。

3-3-3.準備しておくこと

アルファトランク」では、契約時に以下のものが必要になります。事前に準備しておきましょう。

  • 本人確認書類
  • 金融機関取り引き印
  • 金融機関・支店・口座番号が分かるもの
  • 認印
  • 身内など緊急連絡先の番号
  • 初期費用

3-4.業者選び・トランクルーム選びのポイント

トランクルームの貸し出しを行っている業者は全国にたくさんあります。安心して利用できる業者の選び方や、トランクルーム選びのポイントをご紹介しましょう。

3-4-1.業者の選び方

トランクルーム業者を選ぶ際には、特に保証内容やセキュリティー対策の内容をしっかりチェックしましょう。安心して利用できるトランクルームを貸し出しているかが重要なポイントです。また、問い合わせた際の対応が丁寧でスピーディーであるかどうかも確認することを忘れないでください。

3-4-2.トランクルーム選びのポイント

衣服の保管に適したトランクルームを、以下のポイントをチェックした上で選んでください。

  • 温度・湿度の管理がしっかりされているか
  • 保管したい量に適したサイズか
  • セキュリティー対策は万全か
  • 24時間、いつでも自由に出し入れが可能か
  • 通いやすい立地条件か

3-5.注意点

トランクルームを利用する際、ほかの利用者との間にトラブルが発生する可能性もあります。「荷物を出し入れするタイミングが重なり邪魔をしてしまった」などの理由で、言い合いになった例も実際にあるのです。できれば利用する前に見学をし、使い勝手を確認しておくとよいでしょう。

4.衣服の収納に関するよくある質問

「衣服の収納について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.「使いにくいクローゼット」とはどのようなものですか?
A.「種類ごとに収納されていない」「出し入れが簡単にできない」「欲しいものがすぐ見つからない」というクローゼットは、使いにくさを感じるでしょう。

Q.衣服を減らしたいのですが、捨てる以外の方法はありますか?
A.状態がよいものやブランドものの衣服は、リサイクルショップや古着屋に売るとよいでしょう。被災地や発展途上国などに寄付をする方法もあります。

Q.衣装ケースに衣服を収納するとしわになってしまうのですが、どうすればよいですか?
A.衣服を重ねて収納するのではなく、縦に並べるようにして収納しましょう。衣服に重みがかからないため、しわがつきにくくなります。

Q.コートやジャケットなどを長期間収納する際はどうすればよいでしょうか?
A.専用のカバーをかけてつるしておくとホコリがつかないためおすすめです。100円ショップにもカバーが売っています。クローゼットの中などにつるす場合は、防虫剤も一緒につるしておきましょう。

Q.トランクルームに預けられないものもありますか?
A.現金や生もの・危険物・生きものなどは保管できないのが一般的です。

まとめ

いかがでしたか? 衣類の収納によくある悩みや解決方法をまとめてご紹介しました。増えてしまいがちな衣類は、「収納スペースが足りない」という問題が起こりがちです。劣化を防いで収納するためにも、トランクルームの活用を検討してみるとよいでしょう。ぜひこの記事を参考にして、悩みを解決してください。


トランクルームで収納不足の悩みを解決!