トランクルームを契約する際には審査が必要なのか? 選び方も紹介!

トランクルームの利用を検討するにあたって、審査や契約についても知っておく必要があります。自宅の収納スペースに入りきらない荷物や、普段使わないものを保管しておくのに便利なトランクルームですが、利用するためにはどうすればよいのでしょうか。利用の流れとともに、トランクルームの選び方や使い道などをご紹介しましょう。

  1. トランクルームについて
  2. トランクルームの審査について
  3. トランクルームの契約について
  4. トランクルーム選びのポイント
  5. トランクルームに関するよくある質問

この記事を読むことで、トランクルームを利用するにあたって知っておくべきことが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.トランクルームについて

まずは、トランクルームのメリットや種類などをご紹介します。

1-1.トランクルームとは?

トランクルームとは、一時的に荷物を保管できる貸しスペースのことをいいます。個人や法人が貸し主と契約をし、利用料金を支払って利用するという形態です。ほとんどのトランクルームでは、利用期間やスペースの広さを借り主が決めて契約することができます。

1-2.メリット

トランクルームのメリットは、気軽に荷物を預けることができるという点です。自宅の収納スペースに入りきらない荷物や、普段使用しない季節用品などを保管しておけるため、とても利便性が高いといえるでしょう。そのほかにも、引っ越しやリフォームなどで一時的に家具家電を保管しておきたいときなどに、トランクルームを利用する人も少なくありません。

1-3.種類

トランクルームの種類は、大きく分けると「屋内型」と「屋外型」があります。屋外型は道路脇や空き地などにコンテナが設置してあり、サイズも大きめなものが多いため、バイクや自転車などの保管場所として最適です。屋内型はビルや建物内にあり、空調システムが完備されているところが多くなっています。劣化が心配される衣類や書物などの保管に適しているでしょう。大切な荷物も安心して預けることができるということで、利用者が急増しています。

1-4.現状

トランクルームの需要は年々高まってきています。ものがあふれている今の時代には、置き場所に困るものを抱えている人がたくさんいるのです。趣味やレジャー用品の保管場所にも最適という宣伝効果もあり、一般家庭でもトランクルームを利用する人が増えてきています。特に人気が高いのが、空調システムやセキュリティー対策が完備された屋内型のトランクルームです。

1-5.意外な使い方とは?

トランクルームにはさまざまな使い道があります。たとえば、屋外型トランクルームを自転車置き場として活用する方法です。「通勤ラッシュを避けるために自転車で通勤したいけれど、置く場所がない」という人も多いのではないでしょうか。そんなとき、会社の近くにトランクルームを借りておくと、大変便利です。盗難の心配もないため、安心して自転車を置いておくことができます。そのほかのも、遺品の保管場所としてトランクルームを活用する方法もあるでしょう。「手元に残しておきたいけれど収納場所がない」という遺品を保管するために、トランクルームを借りることも検討してみてください。

2.トランクルームの審査について

トランクルームを利用するにあたって、審査が必要な場合もあります。審査内容についてご紹介しましょう。

2-1.トランクルームの審査とは?

トランクルームを借りる際に審査が必要になるのは、利用料金が支払えなくなったときの保証のためです。荷物を保管したまま料金を支払わない利用者が出ないように、業者も契約時には慎重にならなければなりません。

2-2.審査内容

トランクルームの審査内容は以下の6つです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 緊急連絡先
  • 職業
  • 勤務先

2-3.審査がとおらない場合

普通に働いている人であれば基本的には問題なく審査にとおります。しかし、以下のような場合は審査にとおらず、契約を断れる可能性が高くなるでしょう。

  • 未成年
  • 収入がない
  • 住所不定
  • 銀行口座がない
  • 滞納履歴がある

2-4.審査の差について

業者によっては、トランクルームを契約する際の審査が不要なところもあります。その反対に、審査が厳しめの業者もあるのです。ただし、審査不要の業者の中には、料金の支払いが遅れると督促手数料がかかるところもあります。

3.トランクルームの契約について

トランクルームを契約する際の流れや必要なものなどをご紹介します。

3-1.契約の流れ

東京と神奈川エリアでトランクルームを展開している「アルファトランク」の場合、以下のような契約の流れになります。

  • ホームページでトランクルームの空き状況を確認
  • メールまたは電話で申し込み
  • 申込書が送られてくるため、記載して本人確認書類のコピーと一緒に返送
  • 入金
  • 鍵・契約書・口座引き落とし依頼書が送られてくるため、記入して返送
  • 利用開始

3-2.必要なもの

個人が契約する際には、以下のものが必要になります。

  • 本人確認書(免許証、パスポート、保険証、住民票など)
  • 銀行の届け印
  • 認印
  • 初期費用
  • 緊急連絡先

3-3.料金設定

トランクルームを利用する際、月額使用料のほかに保証料や事務手数料などの初期費用・管理費などがかかる場合が多いでしょう。「アルファトランク」では、月々の管理費が不要です。さらに、現在はお得なキャンペーンを実施しており、月額使用料の割引や事務手数料無料サービスを行っています。ぜひチェックしてみてください。

4.トランクルーム選びのポイント

トランクルームを選ぶ際のポイントや注意点をまとめました。

4-1.選び方のポイント

トランクルームを選ぶ際には、予算はもちろんのこと、利用方法やセキュリティーなどのポイントもしっかり確認しておきましょう。たとえば、24時間自由に荷物の出し入れが可能なのか、車で荷物を運べるのかなど、使い勝手のよさは重要なポイントになります。セキュリティーについても、防犯カメラの設置や警備システムの導入などがあるか確認しておきましょう。万が一のときに備えて保険に加入している業者もあるため、チェックしておくことをおすすめします。

4-2.業者選びの注意点

トランクルーム業者を選ぶ際にも注意が必要です。盗難などの被害にあわないためにも、セキュリティー対策に力を入れた業者を選ぶようにしましょう。盗難以外にも、預けた荷物の劣化など、さまざまなトラブル例が報告されています。そういったトラブルが発生しないように、信用できる業者を選ぶようにしてください。利用しやすい料金設定か、スタッフの対応が丁寧かなども、業者を選ぶ際のポイントになります。

4-3.注意点

どんなものでもトランクルームに預けられるわけではありません。生ものや危険物・異臭を放つものなど周囲への迷惑になるものは保管できないのが基本です。具体的な決まりは業者によって異なるため、必ず事前に確認しておきましょう。

5.トランクルームに関するよくある質問

「トランクルームを利用したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.衣服の保管にはどのようなトランクルームが適していますか?
A.カビやダニ・虫食いの影響を受けないように、温度や湿度の管理がしっかりされている屋内型のトランクルームを選ぶようにしてください。

Q.契約の際に必要な「緊急連絡先」には、どのようなときに連絡がいくのですか?
A.基本的に、契約者と連絡がとれないときに緊急連絡先に連絡がいくことになるでしょう。ただし、保証人ではないため、契約者が利用料を滞納しても法的な支払い義務はありません。

Q.トランクルームで利用者同士のトラブルが発生することもあるのでしょうか?
A.荷物を出し入れするタイミングが重なり、一方がもう一方の作業を邪魔してしまったことでトラブルに発展した例が報告されています。

Q.事前にトランクルームを見学することは可能でしょうか?
A.「アルファトランク」では事前予約することで見学が可能です。

Q.トランクルームに家電を預ける場合の注意点を教えてください。
A.洗濯機や冷蔵庫などの家電は、しっかり乾かして水気が残っていない状態で保管するようにしましょう。できれば空調設備のある屋内型トランクルームに保管してください。

まとめ

いかがでしたか? トランクルームを契約する際に知っておくべきことをまとめてご紹介しました。トランクルームは気軽に荷物を保管できる便利なスペースです。スムーズに利用するためには、審査や契約についてもしっかりと把握しておきましょう。ぜひこの記事を参考にして、トランクルームに関する不安を解消してください。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!