トランクルームを利用して整理しよう! 収納スペースをつくるコツ


トランクルームは、もう1つの部屋・倉庫になる、いわゆる収納スペースの1種です。「ものが多くて部屋の整理ができない」「処分せずに整理したい」と考えている方は、トランクルームを部屋の収納代わりとして使うことができるでしょう。トランクルームを利用すれば、部屋の整理が上手にできます。そんなトランクルームを上手に利用するポイントがあるのです。上手に整理するためにも、トランクルームの使用のコツを押さえることが大切でしょう。そこで、本記事では、トランクルームの整理術を解説します。

  1. 整理について
  2. 整理とトランクルームについて
  3. トランクルームの利用について
  4. トランクルームと整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、トランクルームを上手に使うためのポイントが分かります。整理したい方や利用を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1.整理について

そもそも、整理とはどのような状態を指しているのでしょうか。整理の困りごと・ポイントを押さえておけば、トランクルームを上手に使用することができるのでぜひチェックしてください。

1-1.整理するとは

乱れた状態にあるものを整えて、きちんとすることを「整理」といいます。また、不要なものを取りのぞくという意味もあるのです。よく、「整理整頓」という言葉を耳にしますが、整理と整頓には大きな違いがあります。整頓も整った状態にするという意味を持っていますが、整理のように不要なものを取りのぞくという意味はありません。
つまり、整理をすることで、乱れていた状態が整い、必要なものだけを使用・保管することができます。どこに何があるのか把握することもでき、探しものにかかる時間の短縮にもつながるでしょう。また、部屋がスッキリし、精神的にも落ち着き余裕が生まれます。

1-2.整理の困りごと

よくある整理の困りごとを紹介します。

1-2-1.収納スペースがない

最も多い困りごとは、収納スペースが足りないことです。家に収納できるスペースは限られていますよね。特に、1人暮らしをしている方は、収納できないという問題に頭を抱えているでしょう。ものをギュウギュウ詰めにしてしまえば、取り出したいときに余計ごちゃごちゃしてしまいます。常に、部屋の中にものがあふれている状態になるでしょう。

1-2-2.捨てられない

「いつか使うのではないか」「必要になるときがやってくる」など、ものを捨てられないのも整理でよくある困りごとです。整理は、不要なものを取りのぞく意味もあるため、使っていないものは処分することが大きなポイントとなります。自分にとって本当に必要なものなのか、改めて考えるべきです。

1-3.整理のポイント

整理のポイントは、収納ボックスを使用することです。大量にものがある人は、できるだけ減らし、必要なものを収納ボックスに分けていきましょう。たとえば、プラスチックケースに「シャツ・靴下」などラベルを貼り、どこに何があるのか分かりやすくしておきます。そうすれば、使用後もすぐに収納でき、整理につながるのです。
どうしても収納スペースが足りない場合は、トランクルームを使用するのも方法の1つでしょう。トランクルームは、新たな収納スペースになります。

2.整理とトランクルームについて

では、トランクルームとはどのようなところなのでしょうか。活用法や使用パターンなどについて詳しく解説します。

2-1.トランクルームとは

トランクルームとは、荷物を一時的に預けることができる貸しスペースのことです。大まかに分けると、「屋内型トランクルーム」と「屋外型コンテナ」の2種類があります。
屋内型トランクルームは、名前のとおり室内にあるトランクルームで、セキュリティー・湿度管理が整っているスペースです。一方、屋外型コンテナは外に設置しているコンテナ・倉庫で、料金は安いですがセキュリティー・湿度管理がありません。大切なものや価値あるものを保管するのなら、屋内型トランクルームを利用したほうがよいでしょう。預ける荷物の種類で、トランクルームを選ぶことが大切です。

2-2.トランクルームで整理ができる?

トランクルームは、もう1つの収納スペースです。部屋に収納できないものを保管することができるため、トランクルームの活用で十分に整理ができます。処分したくないものでも、トランクルームに保管すれば部屋もキレイに整理できるでしょう。トランクルームに保管する際は、使用頻度の高いものを手前に置いておくと、取り出しやすくなりますよ。

2-3.トランクルームの活用法

人によって、トランクルームの活用法はさまざまです。たとえば、キャンプ用品・スノーボードなどのシーズンアイテムを保管するケースは多いでしょう。オフシーズンのときは使わないので、トランクルームに収納し、再び必要なときに取り出します。また、社会人サークルで使用している共有物も保管できるでしょう。引っ越しの際は、一時的な保管先としても活用できます。

2-4.トランクルームをどんな場合に使うのか

ここでは、屋内型トランクルームの収納サイズ別に活用例を紹介します。

  • ロッカーサイズ:本・CD・DVD・書類など小物関連を収納するのに最適
  • 0.5~0.8畳サイズ:スキー用品・サーフボード・スーツケースなど大きめのものも収納できる
  • 1~1.6畳サイズ:家族全員分の衣類・布団、電化製品など使用できる。ラック・棚を設置すれば、さらに用途が広がるのでおすすめ
  • 2~3.3畳サイズ:オフィス用品を収納するのに最適。法人向けのサイズ
  • 4畳サイズ:冷蔵庫などの大型家電・家具・自転車などが保管できる。引っ越しや出張などの一時的な保管先として最適

2-5.トランクルームを使うべき人

トランクルームは、収納スペースが足りない、収納する場所がないという方におすすめです。月額制の貸スペースとなるため、引っ越し・出張の短期間でも気軽に利用できます。また、「常に部屋に置いておく必要はないけど、大切なものを保管したい」という方にもおすすめです。ただし、大切なものを保管する場所に適しているのか、慎重に種類を選ばなえればなりません。

3.トランクルームの利用について

トランクルームを上手に利用するためには、場所・種類・業者選びが大切です。失敗しないためにも、トランクルームの利用に必要なポイントを押さえておきましょう。

3-1.トランクルームの選び方

さまざまなトランクルームの中から、保管するものによって適切な種類を選ばなければなりません。たとえば、毛皮やコートなどの衣類・ひな人形などの限られた季節にしか使用しないものなどは、屋内型トランクルームがよいでしょう。一方、屋外型コンテナに保管すると、雨風で汚れたり、セキュリティー面の弱さから盗まれたりする可能性があります。大切で高価なものほど、セキュリティー・湿度管理など保管環境が整った場所を選んでください。
また、保管するものの量や大きさによって、使用するトランクルームの広さも異なります。保管するものをきちんと考えた上で、適切なトランクルームを選んでくださいね。

3-2.業者選びのポイント

安心して保管するためには、業者選びも大切な要素となります。業者によって、運営しているトランクルームの種類が異なるため、複数をチェックしたほうがよいでしょう。利用を考えている方は、以下のポイントを踏まえた上で業者を選んでください。

  • トランクルームの種類を多く取りそろえている
  • アクセスが良好な場所にある
  • 保管環境が整っている
  • 低費用で利用できる
  • 管理費・事務手数料などがかからない
  • キャンペーン内容が充実している
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー

悪徳業者は対応が悪く、管理費・事務手数料を高めに請求する傾向があります。契約前に、きちんと見積書を確認しておきましょう。

3-3.申し込みと使用の流れについて

申し込み方法は、ホームページのフォームか、電話・メールで可能です。業者によって申し込み方法が異なるため、事前に確認しておきましょう。参考として、トランクルームの運営を行っている「アルファトランク」の申し込みから契約までの流れを、以下にピックアップしてみました。

  1. 申し込み後、業者から契約の確認事項が記載されている書面がメール・FAXで届く
  2. 申込書と本人確認書類を一緒に、メールまたはFAXで送る
  3. 契約担当者から、清算書がメールまたはFAXで届くので入金する
  4. 入金確認が取れしだい、カギ・契約書・口座引落依頼書が宅急便で届く
  5. 返信用封筒で契約書1部・口座引落依頼書・本人確認書類(コピー)を送る

3-4.価格について

トランクルームの月額料金は、約2,000~50,000円と非常に幅広い傾向があります。部屋の広さとサイズ・立地・施設環境・エレベーターの有無などで費用が大きく異なるのです。また、屋外・屋内によっても費用が異なります。屋内型トランクルームの4畳サイズは約40,000円ですが、屋外型コンテナの場合は20,000円に抑えられることもあるのです。具体的な費用に関しては、契約前に業者へ確認してください。

3-5.注意点

業者の中には、費用が異常に高額なところがあります。たとえば、事務手数料・管理費用が使用料よりも高いというケースです。悪徳業者に引っかからないためにも、月々何にいくらかかるのか、見積書を細部まで確認してください。また、「実際に使用してみたら、雨漏りが起きていて保管できない」など、設備面でのトラブルもあります。トラブルを未然に防ぐために、できることなら自分の目でトランクルームを確認しておきましょう。

4.トランクルームと整理に関してよくある質問

トランクルームと整理に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.トランクルームのデメリットは?
A.利用期間が長くなるほどお金がかかる点がデメリットといえるでしょう。できるだけ費用を抑えたい方は、複数の業者を比較して安価に利用できるトランクルームを選んでください。また、「ホームページに載っていた写真とは違う」などのトラブルもあります。できれば、契約前に足を運び、利用するトランクルームをチェックしてください。疑問点があれば、その場でスタッフに尋ねることが大切です。

Q.屋外型コンテナに収納できるものとは?
A.屋外型コンテナは、セキュリティー・設備面が屋内型よりも劣っています。雨風がすき間から入ったり、汚れたりするおそれがあるでしょう。そのため、スキー用品・アウトドア用品・園芸用品など、外で使うものの保管に最適です。大切なものを保管する場所としては向いていません。

Q.保管できないものはあるのか?
A.基本的に、動植物・危険物・異臭や悪臭のするもの・水分と高温を発するものなどは保管できません。業者ごとに保管できないものがあるため、契約前に確認しておきましょう。

Q.立地を選ぶときのポイントとは?
A.収納するものをどのように運搬するのかを念頭に考えてください。車を持っている方なら、都市部・駅近ではなく、車で自由に出入りできる立地がおすすめです。また、預けるものが大きい場合は、車を持っていないと運搬しにくい傾向があります。預けるものの使用頻度を踏まえた上で、運びやすいか、車での出し入れがしやすいかチェックしましょう。

Q.トランクルームの利用契約に必要なものとは?
A.「アルファトランク」の場合は、本人確認書類、金融機関取引印や金融機関・支店・口座番号の分かるもの、認印、契約時に必要な費用、緊急連絡先が必要です。契約時に必要な費用は、保証金2ヵ月・事務手数料0.5か月・当月日割り使用料・翌月使用料となります。業者によって、必要なものが異なるので事前に確認してください。

まとめ

いかがでしたか? トランクルームは、収納スペースが足りないときにおすすめです。収納スペースができるため、部屋にあふれていたものを保管することができます。別の場所に移動させておけば、部屋もキレイに整理できるでしょう。また、引っ越しや出張など、一時的な荷物保管場所としても活用できます。ただし、トランクルームといっても屋内・屋外型、サイズ、広さ、設備環境など種類はさまざまです。預けるものを明確にした上で、適切なトランクルームを選択してください。できれば、多種多様なトランクルームを扱っている業者を選びましょう。


トランクルームで収納不足の悩みを解決!