毛布の収納はどうやる? コンパクトにしまう方法やコツなどをご紹介

毛布は冬が終わると、収納場所に悩むものです。毛布の収納を考えている方は、コンパクトに収納方法や便利なグッズなどを覚えておきましょう。また、収納前にやるべきことなど、きれいな状態で保管するコツも知っておくと安心です。季節外の毛布をしまいたい方は、本記事を参考にしてください。

  1. 毛布を収納する前の準備
  2. おすすめの毛布収納グッズ
  3. 毛布を収納するポイント
  4. 毛布をトランクルームに預ける選択肢も検討しよう
  5. 毛布の収納でよくある質問

シーズンオフの毛布は、なるべく場所を取らないようにしまうことが大切です。また、次のシーズンも気持ちよく使えるよう、保管前の準備も入念に行いましょう。

1.毛布を収納する前の準備

毛布を収納する前は、どのような準備をすればいいのでしょうか? カビや害虫対策など、具体的な方法をご紹介します。

1-1.洗濯・クリーニング・天日干しをする

使用済みの毛布は、汚れやホコリが付着しているため、収納前は洗濯・クリーニング・天日干しなどを行いましょう。ただし、洗濯する場合は、よく晴れた日を選んでください。しっかり乾かし、湿気を残さないように注意しましょう。毛布の素材によっては自宅での洗濯が難しい場合があります。洗濯タグを確認し、ドライマークがあれば、クリーニングに出してください。

1-2.掃除機で表面を吸引する

洗濯ができない場合は、掃除機で毛布の表面を吸引するだけでも構いません。表面にいるダニの死骸やホコリなどを取り除くことができます。紫外線を照射し、ダニ死滅効果を発揮する掃除機なども便利です。

1-3.収納場所の湿気対策をしておく

毛布は湿気を吸収し、カビや害虫が発生する可能性があるため、収納場所の湿気対策をしっかりしておくことが大切です。毛布を直接置かず、すのこなどを敷き、通気を維持できる環境にしておきましょう。

2.おすすめの毛布収納グッズ

毛布の収納に便利なグッズやアイデアをご紹介します。

2-1.ブランケットケース

ブランケットケースは、毛布2枚分程度の収納が可能です。使用しない間は折りたたむことができるため、保管場所に困りません。軽くて通気性に優れており、コンパクトに収納したい方におすすめです。ブランケットケースは、100均やニトリなどでも購入できます。型崩れしにくいものを選びたい場合は、無印良品やIKEAなどで販売されているものがいいでしょう。

2-2.圧縮袋

圧縮袋は、毛布を省スペースで収納したい場合に最適です。袋に毛布を入れ、内部の空気を抜くため、スリムにしまうことができます。掃除機で吸引するタイプと、手動で空気を抜くタイプがあるので、使い勝手がいいほうを選んでください。

2-3.クッションカバー

大きめのクッションカバーに毛布を入れ、クッションとして使う方法もあります。収納場所が限られている場合におすすめです。大きめサイズのクッションカバーは、インターネット通販での取り扱いが多いでしょう。インテリアとして楽しむことができる収納アイデアです。

3.毛布を収納するポイント

毛布を収納するときに意識したいポイントを覚えておきましょう。

3-1.収納場所に見合う大きさのケースを用意する

まず、どこにしまうのかを明確にし、収納場所に見合う大きさのケースを用意しましょう。クローゼットの上部にしまう場合は、持ち手がついたケースが便利です。また、下部にしまう場合は、引き出し式のケースなどを重ね置きし、空間の無駄が出ないようにしましょう。

3-2.棚を使うと収納力がアップする

押し入れなど奥行きがある収納に毛布をしまう場合は、棚を使うと便利です。収納力がアップし、通気も維持できます。高さ調整が可能で、好みの収納スタイルにカスタマイズできるのもメリットでしょう。カビ対策にもおすすめです。

3-3.収納ケースの規格を統一するとしまいやすい

収納ケースはなるべく同じ規格のものを用意しましょう。幅・高さ・厚みが同一のものなら、コンパクトにしまえるだけでなく、出し入れもしやすくなります。色味も合わせると、より統一感が生まれるでしょう。

3-4.湿気・害虫対策もしっかり行うこと

毛布をケースなどに入れる際は、湿気・害虫対策をしっかり行ってください。市販の除湿剤や防虫剤を入れるだけでも構いません。通気を確保するためにすのこを活用する以外に、こまめに換気を行うことも大切です。

4.毛布をトランクルームに預ける選択肢も検討しよう

自宅で毛布の保管場所を確保できない場合は、トランクルームを活用する方法も検討してみましょう。トランクルームの選び方や注意点などをご紹介します。

4-1.業者のホームページから申し込む

トランクルームの利用時は、業者のホームページから申し込みを行ってください。ホームページには、トランクルームの空(あ)き状況・月額利用料・広さなどが明記されています。空調・設備・セキュリティー体制など、納得できる環境かどうかを確かめることが大切です。東京都や神奈川県でトランクルームの利用を希望される方は、アルファトランクまでお問い合わせください。

4-2.空調や湿度管理がしっかりしていることが大切

毛布は温度や湿度の影響を受け、カビや害虫が発生する可能性があるため、空調や湿度管理がしっかりしているところを選んでください。月額利用料の安さだけで選んでしまうと、衛生面に問題がある場合があるので注意しましょう。衣類や布団などの預かり実績が豊富なトランクルームなら、毛布の保管も安心して依頼できます。利用前に、どのような用途で使用されていることが多いのかなど、疑問点を業者に確認するといいでしょう。

4-3.出し入れのしやすさも重視すること

トランクルーム選びは、出し入れのしやすさも重要なポイントとなります。駐車場が完備されているか、24時間出し入れ自由など、利便性に配慮しているトランクルームを選びましょう。利用前に現地へ見学に出向き、規約や環境を確かめることをおすすめします。

5.毛布の収納でよくある質問

毛布の収納に関する質問を集めました。

Q.収納ケース内に毛布を入れるときのポイントは?
A.詰め込まない・きちんとたたむことがポイントです。収納ケースにはゆとりを持って毛布を入れ、湿気がこもらないようにしましょう。

Q.除菌スプレーなどをかけてから収納したほうがいいのか?
A.洗濯やクリーニングをした後であれば、除菌スプレーをかけなくても構いません。カビ対策に使用したい場合は、スプレーを吹きつけた後、天日干しでしっかり乾かしてからしまってください。

Q.消臭効果がある収納ケースはあるのか?
A.はい、あります。炭の成分を配合した収納ケースです。ただし、消臭効果はあっても、カビや害虫には効果を発揮しません。必ず、湿気・害虫対策も忘れずに行ってください。

Q.ふたがない収納ケースを使う方法は?
A.ふたがない収納ケースは、長期保管時は避けましょう。ケース内に湿気やホコリが入り込みやすいためです。また、除湿剤や防虫剤を使っても、ふたがないと適切な効果を発揮しないでしょう。なるべくふたつきの収納ケースを使用してください。

Q.筒型の収納ケースも毛布の保管に使えるのか?
A.はい、使えます。ただし、毛布は丸めると場所を取るため、立てて保管しましょう。また、直接床などに触れないよう、すのこを活用して湿気がこもらない工夫をしてください。

まとめ

毛布は、シーズンオフになると収納の仕方で困ることがあります。ブランケットケースや圧縮袋などを使い、コンパクトな状態にして保管すると、収納を圧迫せずに済むでしょう。また、しまう前に洗濯やクリーニングをしておき、きれいな状態で保管することも、カビや害虫対策では大切なポイントとなります。保管前の準備や収納方法を覚えておき、毛布の収納で手間取らないようにしましょう。自宅での保管が難しい場合は、トランクルームなどの活用も考えてみてください。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!