スペース不足は物品過多?

収納についての悩みの第一は、スペースが足りない、ということでしょう。
綺麗に見せるインテリア、効率的な配置といった工夫以前に、「ものが入り切らなくて困る」という問題が最も深刻です。

住居内の収納スペースは、空きスペースの活用で増やすことができますが、領域自体を根本的に増量するには、引越しなどの大仰なプロセスが要されます。
スペース不足と言っても、細かく言えばものとスペースが釣り合っていない、ということです。ものが多すぎるとも言えます。

自分は無駄なものは買わないし、コレクション趣味もない、多すぎるということはない、と思う人もいると思います。
しかし、他人と比べて多いのではなく、与えられた収納スペースに対して多すぎる、という捉え方をすると、どうでしょうか? 溜め込みぐせ、だらしない、という意味では全くなく、物理的に釣り合っていない、という状況なのです。
これには物理的な対処が必要です。

「ものを減らす」ということです。

収納すべきものが減れば、収納に必要なスペースの量も減ります。
スペース拡大ができない状態ならば、ものを減らすしかありません。
今回は、処分するものと保持しておくものとの選定について、見ていきましょう。

カテゴリーを明確にしよう

収納を工夫してでもとっておきたいものは二つの異なる判断基準に基づいています。

「必需品」
これは生きるために必要な、物資のカテゴリーです。趣味のものでも、その趣味を行うために必要で、有用性があるもの、ということになります。

「大事な品」
これはなくても生きてはいけるけども、自分にとって大事なもの、ということです。趣味のものであれば、もう破損して実用できないけれど、おじいちゃんにもらったものだとか、最初に買った思い出の品、そう言ったタイプのものです。これらは劣化や破損で実用できない、使用するのが現実的ではない古いモデルである、こう言った可能性が高いのですが、有用性とは全く異なる基準から、捨てることができない品々です。

もし、ものが多くて困っているならば、手持ち物品の取捨選択が必要となってきます。
その場合、この二つの基準から判断しましょう。

まず、これはまだ使えるか? 使えないとして、捨てても良いものか? もう使えないのに残しておきたい、おそらくそこには思い出があって、持っていることで安心する、眺めるだけでウキウキすると言った、実用性とはまた違う「有用性」が存在していると言えます。
なので、そこは天秤にかけましょう。収納がしきれずにストレスを感じている。ものを減らすとすっきりとして色々捗るでしょう。しかし、「もう使えないし」と、思い出の品を捨ててしまって、後で後悔するというのはとてもマイナスになります。

実用性がある物品と、それ以外の理由でとっておきたいと強く感じるもの、それ以外を全て処分する、というのが第一歩になります。

トランクルームを東京・神奈川エリアでお探しならアルファトランクに戻る