トランクルームのタイプと、タイプ別メリット

ひとくちにトランクルームと言っても、その形態は様々です。

やはりまず誰もが思い浮かべるのは、数畳の広さのコンテナが、駐車場に車を止めるように並んでいる、というイメージではないでしょうか?
これは一番基本的なトランクルームの姿であり、「屋外タイプ」などと呼ばれています。

さらには、建物の内部の空間をレンタルするトランクルームという「屋内タイプ」のトランクルームサービスもかなり一般的になってきています。ビルの一室の中に収納スペースが並んでいるようなイメージです。

「屋内タイプ」の利点は、セキュリティーと環境管理であると言えます。
出入りするには許可が必要となりますので、最低限のセキュリティーは確保されていると言えます。監視カメラを設置している業者も多く存在しますし、それでも盗難や紛失が発生した場合、補償を行なってくれる業者・サービスも多いです。
また屋内ということで空調が効くなどの理由で、保管環境を一定の状況に保ちやすくなります。

「屋外タイプ」ですと、誰でも簡単に近づくことができます。
また鉄製の密室ですから、温度と湿度に対する対策はできていないと言えます。
物品によっては、取り返しのつかない劣化、破損の可能性がぬぐえません。
そんな屋外タイプの最大のメリットは、やはり値段が安いというところです。
サービスや補償など付加価値をそいでいけば、それだけ料金も安くなるものです。
そこまで貴重性・重要性の高くないものに関しては、屋外のタイプでも問題ないでしょう。

自分の予算と預ける物品の価値と使用料金とを比較して、どのようなサービスにするかということを決めましょう。

トランクルームを東京・神奈川エリアでお探しならアルファトランクに戻る