トランクルーム業者には2種類ある

トランクルームサービスを行う業者には、一般的に2種類のものがあります。

まず、倉庫業者によるもの。
この場合、「荷物を預ける」という契約になりますので、預ける物品に対して、保障の義務が発生します。
法律的には寄託契約というものに属します。

次に、不動産業者によるもの。
この場合、やり取りされるのは荷物ではなく、土地です。
自分の土地で起きる劣化や破損は自己責任になります。
基本的に保障制度はないものと思っておいた方が良いでしょう。
これらは賃貸借契約になります。
このタイプのサービスの場合、トランクルームと呼ぶ場合も少なくありませんが、「レンタルスペース」などの別の表現で表すこともあります。

トランクルームサービスを選ぶときには、この二つのカテゴリーがあるということを必ず把握しておきましょう。

また屋内と屋外のうち、どちらのタイプを選ぶかということも大事です。
一般的に屋内タイプはセキュリティ面や空調などの環境管理面で優れていますが、利用料金が高く設定されていることが多くなります。
対して屋外タイプはセキュリティ面や環境管理面では屋内タイプに劣りますが、利用料金が安く設定されていることが多いようです。

自分が預けたい物品について、温度と湿度の管理が必要かどうか。
必要な空間のサイズはどれくらいか。
保障が必要なほど高価かどうか。

これらを慎重に考慮しながら、業者とサービス内容の選定をしていきましょう。

トランクルームを東京・神奈川エリアでお探しならアルファトランクに戻る