トランクルームは短期間でも利用可能なところもある

収納できない家財を収納しておく、という以外にもトランクルームには便利な使用方法があります。

トランクルームは短期間であっても利用可能な業者が存在していることから、例えば引越しをすることになったので家を引き払ったのだが、次の部屋に入居できるのがまだ先になってしまった……というような場合でも、トランクルームは利用できるのです。
つまり一時的な家財の避難場所として使うということです。
これは事務所の移転など、荷物を移動させなければならない事例すべてに当てはまることです。
他にも転勤が決まったので年単位で家財を預けたい、リフォーム期間だけなどのように、多くのケースで利用可能でしょう。
このようなイレギュラーな出来事に対応するための一時的な避難場所とする場合、レンタル期間が短く済むことから、比較的安くあがる確立が高いです。

しかし、月単位以上などでの契約しかしない業者も決して少なくありませんので、注意が必要です。

もし家の近くには月単位の契約しかできない業者しかいないとなれば、いっそ長期スパンでレンタルして、その他住居においておく必要のない家財を預ける普段使いの空間として用いるというのも良いと思います。
普段使いにするにしても、屋外コンテナ型で保証も必要ないという類のものか、大事な革製品や趣味のコレクションなど温度と湿度の管理が必須なものなのかというところで、選ぶべきサービスが異なり、料金も変わってくるでしょう。

トランクルームを東京・神奈川エリアでお探しならアルファトランクに戻る