至れり尽くせり? トランクルームサービス内容の充実傾向

最もシンプルな収納スペースのためのサービスといえば、屋外型のコンテナタイプのトランクルームを思い浮かべますよね。
駐車場だったような空き地に、コンテナを積み、並べただけの空間。
確かに、派手さやサービスとケアの充実などはあまり感じませんが、堅固でシンプルなところは、プラスの印象を与えることもあるでしょう。
自転車や園芸のものなどのように、このタイプに収納するのが最適だという物品もあります。

また一方で、「単にものを置いておく」という最もシンプルな出発点から、どんどんサービス内容の充実という方向へ向かっていく傾向の業者もあります。

トランクルーム業者の爆発的な増加、サービス自体の急速な普及が、各社の競合を刺激しています。
各社とも、「他社ではなくうちを」という選択をしてもらうために、様々な特有の利点を設定し、魅力的に見えるよう宣伝しています。

特に「サービスがシンプルな分、お値段が安くなります」という方向や、「様々なオプショナル(付随的)なサービスを提供することで、費用が上がっても選んでもらえる価値を実現します」という方向のトランクルームサービスが盛り上がっているようです。

では、コンテナタイプのミニマルなサービスから、どれほど遠くまで、現在のトランクルームサービスは至っているでしょうか?

ある業者は、利用者の自宅まで預け荷物を回収しに訪問するサービスを行っています。
利用者は、段ボールなどの指定のケースに荷物を収納し、ドライバーに手渡せば、それで終了です。
さらに驚くことに、預け荷物が必要になったら、指定されたものを選出して、届けてくれるというサービスも行っています。
これは、トランクルームサービスにおいては画期的です。

もちろん、いいことばかりではありません。
サービスにオプションがつけばつくほど、必要経費は上がり、請求額も増大します。
利用者自身がで収納環境を確認できないという点も注意が必要かもしれません。

なんにせよ、選択肢が多いのはよいことです。
自分に合う業者やサービスを選ぶようにしましょう。

トランクルームを東京・神奈川エリアでお探しならアルファトランクに戻る