トランクルームの階数について

トランクルームは屋内型のものが多くなっています。
この際、1階のスペースを利用するのと2階以上を利用するのとでは、様々な違いが発生します。

アパートやマンションでは、一般的に1階は安く、2階以上の部屋の方が高くなっていることが多いですよね。
ですがトランクルームでは反対に、1階の利用料は高く、2階以上の利用料の方が安くなっている傾向があります。
これはなぜでしょうか?

理由は単純で、荷物の運びやすさにあります。
1階の方が荷物を運ばなければならない距離が短くなります。
また、「エレベーターに乗せて、また降りて」というようなわずらわしさもありません。
こうした理由から、1階の方が商品価値が高いとみなされ、利用料金も割高になっているのです。

ですので、頻繁に出し入れする可能性のある荷物を預ける場合は、多少の経済的負担を増してでも、便利さをとった方が賢明な場合もあるでしょう。

「大事な持ち物だから費用をかけても構わないので1階を選ぶ」
「仕方なく一時保管するだけで、とにかく収まっていればいいから、2階以上でコストを抑えよう」

そうした判断は、財布と便利さとを天秤にかけて、自分の理想に近い判断をするようにしましょう。

また、荷運びを常に複数人数で行う、同僚と連れ立っての出し入れしかしないから、2階以上への荷物の出し入れも全く問題にならないなど、ここの細かな事情が関係して来ますので、「実際に自分が荷物を運び入れるとき、出し入れをする時はそのような形になるか」というシミュレーションを行いましょう。

多くの業者が、現地見学に応じてくれますので、一度現場を見ておくと、イメージがしやすくなりますね。
ただし、現地にスタッフが常駐しないタイプはたくさんありますので、その場合は予約が必要となります。
電話やメール、お問い合わせフォームなどからご確認ください。

トランクルームを東京・神奈川エリアでお探しならアルファトランクに戻る