トランクルームの現地見学で確認するポイント

「トランクルームを借りる場合、住居として住むわけじゃないから、内装とかは関係ないし、別に見学なんていらないんじゃない?」

そんなことはありません。
自分で荷物を出し入れすることになるケースがほとんどですから、出し入れのルートの確認や導線(通り道)の確保の具合を確認すべきです。
また、「空調完備」を謳っているサービスであっても、見学してみて初めて「理由は全くわからないが、なんだか湿っている」というような発見をすることもあるでしょう。

一般的には住居を一度も見ずに決めることなどほぼ無いように、トランクルームも大事な財産の保管場所ですから、できる限り見学を行うことをお勧めします。

最初に見るべきは、駐車場の有無です。
「専用の大きな駐車場がある」
「数台分しか駐車場がなく、満車の懸念がある」
「そもそも駐車場がない」
これらは荷物の出し入れの具合が、全然違って来ますよね。

空調の管理、充実は、預ける荷物の保存、「現状維持」の可能性を決める重要ポイントです。
カビやサビつき、腐食はこの空調と換気にかかっています。
大事な品、思い出の品を預ける場合や、比較的価値の高い物品を預ける場合は、環境管理の実情を確認しましょう。
ホームページで「空調完備」をうたっていても、そうした自称を100%信じることはできません。
口コミや評判を調べることと合わせて、自分の目で確認もしておきましょう。

自分が利用する空間の大きさ以外に、居室内の広さ・建物の広さ・廊下の幅などの要素も、利便性に深く関わるものです。
当然、廊下の幅より大きな荷物、ベッドや冷蔵庫などは特にそうですが、それは運び入れることが物理的に不可能です。
不便というレベルでなく、無駄な出費になってしまいます。

台車の有無や各種清掃用具のレンタルや提供があるところもあります。
合わせて、しっかりと見ておきましょう。

トランクルームを東京・神奈川エリアでお探しならアルファトランクに戻る