洋服の収納を見直そう! 収納するコツやトランクルームの活用事例も

「洋服が収納スペースからはみ出してしまっている」「どうすれば上手に収納できるのか?」など、洋服の収納で悩んでいる方は多いでしょう。オシャレが大好きな人ほどたくさんの洋服を持っているので、収納スペースに入りきれなくなっていると思います。そんなときは、一度、洋服の収納を見直すことが大切です。

本記事では、洋服を収納するコツなどについて解説します。

  1. 洋服の収納を見直す前に
  2. 洋服収納に役立つグッズを紹介
  3. 洋服を収納するコツは?
  4. トランクルームを使用する選択も
  5. 洋服の収納に関してよくある質問

この記事を読むことで、トランクルームを利用する方法も分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.洋服の収納を見直す前に

まずは、洋服の収納を見直す前にすべきことをチェックしておきましょう。

1-1.着ていない洋服は処分する

収納スペースには限りがあるので、洋服の収納を見直す前に必要なものと必要でないものに仕分けることが大切です。基本的に、長く着ていない洋服は処分しましょう。特に、1年以上着ていない洋服は今後も着る可能性は低めです。そのまま持っていても意味がないので、迷わずに手放してください。ある程度、必要ない洋服を処分するだけでも収納スペースに余裕が生まれます。できれば、収納スペースの2割は余裕を持たせたほうがスッキリするでしょう。

1-2.どのくらいの量を持っているか確認する

「なかなか洋服を捨てることができない」と悩んでいる方は、自分がどのくらいの量を持っているのか確認することも大切です。改めて、自分が持っている洋服を見直してみると、膨大な量を持っていたり、すでにサイズが合わなくなった洋服がまだあったりすることが判明します。洋服の量を自覚することで、片付けに対する意欲が自然と湧き出てきますし、捨てる決断力も身につくでしょう。洋服の収納を見直す前に、クローゼットなどに入っている洋服をすべて出してみてください。

2.洋服収納に役立つグッズを紹介

ここでは、洋服収納に役立つグッズをいくつか紹介します。

2-1.フタ・扉付きのボックス

クローゼットの中をスッキリさせたい方におすすめなのが、フタ・扉付きのボックスです。ハンガーポールにコートやシャツをかけて収納すると思いますが、その下には空間が生まれるでしょう。そこに、フタ・扉付きのボックスを置くことで、下着・靴下といった細かいアイテムが収納できます。フタや扉が付いているボックスはホコリがかぶる心配もないので安心です。オシャレに収納したい方は、木目調のボックスを選ぶといいでしょう。北欧テイストな雰囲気になるので、オシャレかつスッキリとした収納スペースに仕上がります。

2-2.S字フック

ほとんどのクローゼットにはハンガーポールが設置されていますが、そこに引っかけるS字フックも役立つ収納グッズです。S字フックを使うことで、ベルトやストールといった小物をかけて収納できます。ベルト・ストールなどの小物は散らかってしまいがちなアイテムですので、S字フックにかけて収納すればごちゃごちゃすることなく管理できるでしょう。奥のちょっとした空間も生かすことができるため、コーディネートもしやすくなります。

2-3.棚・ラック

棚とラックも洋服収納で役立つグッズです。たとえば、クローゼットに棚を取り付けるだけで、そこにバッグや洋服が置けます。見せる収納として棚はベストなグッズです。賃貸でも安心して使用できる棚もあるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。そして、ラックは余っている空間を活用できる便利なグッズです。棚板の高さを調節できるラックもあるため、収納したい洋服の丈感に合わせることができるでしょう。特に、メタルラックはほかのラックに比べて耐荷重があるので洋服以外のものも収納できます。

2-4.突っ張り棒

洋服の収納スペースをもっと増やしたい方は、突っ張り棒を活用してください。押し入れに突っ張り棒を設置すれば、ハンガーポールの代わりになります。押し入れはクローゼットよりも奥行きがあるため、空間をうまく活用するのがポイントです。突っ張り棒を2本設置すれば、持て余している空間も活用できるのでぜひ利用してみてください。中には、ポールハンガー型の突っ張り棒もあるので、バッグやストールなどが収納できます。

3.洋服を収納するコツは?

ここでは、洋服を収納するコツについて説明します。

3-1.上段・中段・下段のスペースを使い分ける

洋服を収納するポイントは、上段・中段・下段のスペースを使い分けることです。上段は取り出しにくい傾向があるため、使用頻度が低く、軽量なものを収納してください。少しでも取り出しやすくなるように、取っ手などが付いているボックスを使用するといいでしょう。そして、中段には使用頻度が高いものを収納します。ハンガーポールに洋服を引っかけて収納する際は、丈感を合わせることが大切です。また、下段のスペースには重いものを収納しましょう。空いているスペースに入る衣装ケースを設置すれば、Tシャツ・ズボンなどを畳んで入れることができます。

3-2.衣装ケースやタンスの引き出し内は仕切る

衣装ケースやタンスの引き出しは、意外と使いにくい空間です。そのままの状態で洋服を入れるのもいいですが、できれば仕切ったほうがいいでしょう。特に、インナー・下着・靴下・ハンカチなど小さめのアイテムは、仕切って収納することで見た目も使いやすさも格段によくなります。プラスチックケースやブックスタンドなどを活用して仕切る方法もありますが、引き出し内の仕切りに特化したアイテムを使ったほうがスムーズに整理できるでしょう。

3-3.ハンガーを統一する

洋服の収納にはハンガーが必要不可欠ですが、そのハンガーを統一することも大切なポイントです。ハンガーを統一することでスッキリとした見た目になるのはもちろん、服の量を把握しやすくなるメリットもあります。服の量は変わっていないのにハンガーを統一しただけで、クローゼットにすき間が増えるでしょう。ぜひ試してみてください。

3-4.洋服は立ててしまう

Tシャツ・トレーナー・ニットなどを平置きで重ねて収納している方は多いでしょう。けれども、その方法では収納できる数が限られてしまい、引き出しを開けたときは1番上にある洋服だけ見える状態になってしまいます。1番下に何があるか分かりませんし、着たい洋服がすぐに見つけられないのもデメリットです。時間と手間を省くためにも、洋服は立ててしまいましょう。自立するように畳んで収納すれば、どこに何があるのかひと目で分かります。出し入れも簡単なのでおすすめです。

4.トランクルームを使用する選択も

ここでは、トランクルームを使用する方法やポイントを解説します。

4-1.便利な収納サービス

トランクルームとは、自宅以外の収納として利用できる収納サービスのことです。月々の料金を支払うことで収納スペースをレンタルでき、そこに洋服などさまざまなものを預けることができます。どうしても自宅の収納に洋服が入りきらない場合は、トランクルームを利用するのも選択肢の1つでしょう。必要な広さだけ借りることができますし、必要な時間だけ利用できるため、コストを最小限に抑えることもできます。最近は、以前よりもトランクルームが増えて着ているので、近所にあるかチェックしてみるといいでしょう。

4-2.洋服収納は屋内タイプがおすすめ

トランクルームの主な種類は、屋外タイプと屋内タイプの2種類があります。屋外タイプのトランクルームといえば、コンテナが代表的です。屋外タイプは気候の影響を受けやすく、湿気で洋服が傷む可能性もあるのでおすすめしません。洋服を収納するなら、屋内タイプのトランクルームがいいでしょう。屋内タイプのトランクルームは、空調設備だけでなく防犯設備も整っているところが多いので、ブランドものでも安心して預けることができます。

4-3.月々の料金を確認する

トランクルームを利用する際は、契約前に必ず月々の料金を確認してください。費用がサービス内容に見合っているかをチェックしなければなりません。預けたいものの量や大きさなどによってトランクルームの広さを自由に選択できますが、広いトランクルームほど月々の料金が高くなってしまいます。また、トランクルーム会社によって利用条件やサービス品質も大きく異なるため、ホームページ等でしっかりと確認してください。月々の料金が安易トランクルーム会社でも、荷物を出し入れするたびに追加コストがかかることもあるので要注意です。

4-4.トランクルーム会社選びのポイント

どのトランクルーム会社を選べばいいのか分からない方は、以下のポイントに注目するといいでしょう。

  • トランクルームの種類や広さが自由に選択できるか
  • 立地が優れているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • ホームページ等にサービス内容などが記載されているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • キャンペーン内容が充実しているか
  • 口コミや評判がいいか

上記のポイントを踏まえた上で、複数のトランクルーム会社を比較するといいでしょう。比較することで悪徳業者が見極めやすくなります。なお、東京都を中心にトランクルームを運営しているアルファトランクでは、事務手数料が無料などのキャンペーンを実施中です。トランクルームの利用を検討している方は、ぜひホームページをチェックしてください。

5.洋服の収納に関してよくある質問

洋服の収納に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.洋服の正しい畳み方は?
A.ニット・セーターとTシャツの畳み方を紹介します。

ニット・セーターの畳み方

  1. セーターの後ろ面を上にして広げる
  2. 収納ケースのサイズに合わせて左右のそでを折る
  3. 三つ折りもしくは二つ折りにする
  4. 収納ケースに立てて入れる

Tシャツの畳み方

  1. Tシャツの後ろ面を上にして広げる
  2. 収納ケースのサイズに合わせて左右のそでを折る
  3. 三つ折りもしくは二つ折りにする
  4. 収納ケースに合わせてさらに折る

Q.洋服を散らかさないコツは?
A.どこに何を収納するのかハッキリと決めることです。面倒に感じるかもしれませんが、洋服だけでなく小物類も収納場所を決めておきましょう。また、各エリアに1種類のアイテムを収納することで、見た目がスッキリします。さらに、収納場所は使用頻度に応じて決めるのも大切なポイントです。よく使うものや着るものは、出し入れしやすい場所に収納してください。

Q.チェストやタンスを選ぶ際のポイントは?
A.置く場所や収納するアイテムを考慮することです。チェストやタンスを購入する前に、置く場所のサイズをしっかりと測っておきましょう。また、引き出しの深さも必ずチェックしてください。セーターといった厚みのある洋服を収納する場合、深めの引き出しがあるチェストやタンスがおすすめです。

Q.トランクルームを利用する際の注意点は?
A.月々の料金だけでなく、初期費用の有無も確認することです。トランクルーム会社によっては、初期費用が高くかかるケースがあります。また、月額料金の内訳もチェックしておきましょう。そして、契約前に自分の目でトランクルームを確認することも大切なポイントです。きちんと防犯設備が整っているか、空調設備に不備はないかなど確認してください。

Q.トランクルームの月額料金はいくらぐらいか?
A.屋外タイプは約2,000~7,000円、屋外タイプは約3,000~20,000円です。屋外のトランクルームは、防犯設備や空調設備が整っているので、その分費用が割高になります。また、駅から遠いトランクルームよりも駅近のほうが料金は高めです。トランクルームの種類だけでなく、立地や設備の有無などによっても費用が異なります。

まとめ

洋服の収納を見直す前に、まずは着ていない洋服を処分することが大切です。クローゼットや押し入れの中には、長く着ていない洋服や必要ないものもあるでしょう。それらを手放すだけでも収納スペースに余裕が生まれます。また、ハンガーを統一したり、フックを使ったりするのも収納のコツです。それでも、収納スペースに洋服が収まりきらない場合は、トランクルームの利用を検討してみてください。屋内のトランクルームなら、空調設備と防犯設備が整っているので、大切な洋服でも安心して預けることができるでしょう。預けたい洋服の量などでトランクルームの種類を選んでくださいね。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!