勉強机の整理術を紹介! 散らかりやすい原因や整理するメリットも

「片付けてもすぐに勉強机がゴチャゴチャになってしまう」「どうすれば整理できた状態を維持し続けられるのか?」など、勉強机の整理で悩んでいる方は多いでしょう。勉強机を片付けてもすぐに散らかってしまうのは、その原因を把握できていないからです。きちんと原因を知り、整理するポイントを押さえておけば、きれいな環境の中で勉強に集中できるでしょう。

本記事では、勉強机の整理術をいくつか紹介します。

  1. 勉強机が散らかりやすい原因は?
  2. 勉強机を整理するメリット
  3. 勉強机を整理する方法
  4. 勉強机の整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、勉強机をきれいに片付けるポイントなどが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.勉強机が散らかりやすい原因は?

まずは、勉強机が散らかりやすい原因をチェックしておきましょう。

1-1.モノが多すぎる

勉強机が散らかりやすい1番の原因としては、モノが多すぎることにあります。たとえば、学校のプリントが散らかっていたり、ペンや教科書などが乱雑に置かれていたりしているのではないでしょうか。中には、漫画本など関係のないモノが勉強机に置かれていることもあるはずです。モノが多いと収納できるスペースが少なくなり、さらに散らかりやすくなってしまいます。定期的に勉強机を見渡してみて、モノが多くないか・あふれていないかをチェックすることが大切です。

1-2.モノの置き場所が決まっていない

モノの置き場所が決まっていないことも、勉強机が散らかってしまう原因の1つです。ボールペンなどの文具はこの場所、ノートやプリントはファイルにして収納するなど、ルールは決まっているでしょうか。置き場所や整理整頓のルールなどをしっかりと決めて守れば、整理整頓された状態を維持し続けることができます。逆に、モノの置き場所が決まっていない状態だと、どこに何があるのか把握できません。自分で整理したつもりでも、すぐに散らかってしまうことになるでしょう。

1-3.使った後にすぐ片付けない

使ったモノをすぐに片付けたり、元の場所に戻したりしていますか? 勉強机がすぐに散らかってしまうのは、使った後にすぐ片付けないことが原因です。使った後に出したままにしたり、片付けずに放置したりしていると、いつの間にか勉強机が散らかってしまうことになります。使った後にすぐ片付けないのは、モノの置き場所が決まっていないことも原因といえるでしょう。

1-4.モノを捨てられない

いつか使うからと、必要ないモノを捨てることができずにいるのではないでしょうか。片付けてもすぐに散らかってしまう人ほど、モノを捨てられない傾向があります。勉強机に必要ないモノがあっても、いつか必要になるときがやってくると思えてしまい、捨てることができません。モノが捨てられない=どんどん要らないモノが増えてしまうことになり、勉強机がゴチャゴチャになってしまうでしょう。必要ないモノを捨てて整理することも大切なポイントです。

2.勉強机を整理するメリット

ここでは、勉強机を整理するメリットについて解説します。

2-1.作業効率や集中力がアップする

勉強机を整理する大きなメリットは、作業効率や集中力がアップすることです。たとえば、勉強机に漫画本やゲームなどが置いてある場合、勉強の妨げになってしまいます。子どもは誘惑に負けやすいので、勉強を途中でやめてしまいがちです。勉強机には勉強に必要なモノだけにしておけば、誘惑に負けることはなく作業に集中できるでしょう。勉強机が散らかっていると気が散ってしまい、集中力が下がる恐れがあります。きれいに整理することは、勉強の集中力がアップするメリットにつながるのです。

2-2.どこに何があるのか分かりやすい

どこに何があるのか把握しやすく、ひと目で分かりやすい状態になるのも、勉強机をきれいに整理する大きなメリットといえるでしょう。前述したように、散らかっている勉強机はどこに何があるのか把握できず、いろいろなモノが混ざってしまっている状態です。今すぐに使いたいモノがあっても、探す時間や手間がかかってしまえば意味がありません。勉強に必要なモノだけ周辺に置いておき、どこに何があるのか把握しておけば、必要なモノをすぐに手に取ることができます。効率のいい勉強をすることができるでしょう。

2-3.勉強に対する意欲が高まる

「勉強しよう!」という気合いがあっても、勉強机が散らかっているとその気合いも一気に下がってしまいますよね。目に入る情報量の多さが影響しているといわれており、勉強机がスッキリと片付いていれば、脳も集中力を高めることができるでしょう。きれいに整理された勉強机は集中力がアップするだけでなく、勉強や作業に対する意識や意欲を高めることもできます。このように、勉強机を整理するメリットはたくさんあるのです。

3.勉強机を整理する方法

それでは、勉強机を整理する方法とポイントを解説しましょう。

3-1.勉強・作業に必要なモノだけ置く

勉強机を整理する方法は簡単です。まずは、そこに置いているモノ・収納しているモノをすべて取り出し、勉強や作業に必要なモノだけ置くようにしてください。基本的に、勉強や作業に関係ないモノは置かないことが大切なポイントです。勉強に関係ないモノは、すべて机のまわりから撤去しましょう。たとえば、漫画本・ゲーム・フィギュア・雑誌など、自分が好きなモノや勉強に要らないモノは撤去します。それらが目に入る場所に置かれていると、気が散り、作業や勉強に集中できません。どうしても部屋の中に置きたい場合は、クローゼットの中にラックを設置し、そこに収納するのがおすすめです。

3-2.勉強でよく使うモノほど手の届く場所に置く

勉強や作業に必要ないモノは目に入らない場所に置くべきですが、逆に勉強でよく使うモノは手の届く位置に設置することがポイントです。たとえば、教科書・参考書・辞書・プリントなどは、机の上に積み重ねてしまいがちですが、机の上ではなく、手の届きやすい横位置に収納してください。棚・ラックなどを設置すれば、必要なときにすぐ取り出すことができるのでおすすめです。勉強に必要なモノだけ机の上に置くようにできれば、机の上が散らかるのを防ぐこともできます。片付けやすい環境になるでしょう。

3-3.キャスター付きのミニラックを活用する

勉強机の上には必要なモノだけ置きたいところですが、どうしても収納できないケースがあるでしょう。そのようなときは、勉強机の近くにキャスター付きのミニラックを設置するのがおすすめです。スチールラックであれば、重いファイルや教科書でも気楽に置くことができます。最近では、さまざまな高さや奥行きのあるスチールラックがそろっているので、自分のニーズに合わせてカスタマイズするのも可能です。勉強机まわりの収納にぴったりのアイテムですので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

3-4.整理のポイントは区別

勉強机を整理したいけれど、どうすればいいのか分からない……と悩んでいる方は、整理のポイントを押さえておきましょう。整理のポイントは区別にあります。「必要なモノ」「不要なモノ」「迷っているモノ」の3つに区別して、勉強机にあるモノを分類していくといいでしょう。所持しているモノの区別を正確に行うことで、自分にとって必要なモノが分かります。必要か不要か迷ってしまった際には、すぐに決めず、少し時間をおいてからもう一度考えることが大切です。時間が経過しても使うことがなければ、あなたにとっては必要のないモノですので処分することをおすすめします。

3-5.モノの定位置は使用頻度で決める

モノの定位置を決めることは大切ですが、どこに何を置けばいいのか悩んでしまいがちです。そんなときは、使用頻度で置き場所を考えるといいでしょう。たとえば、勉強でよく使うモノほど近くに置き、使う頻度が低いモノは引き出しの中などを置き場所にします。使う頻度が多いモノは目の届く範囲に置き場所を決めることが大切なポイントです。必要なモノをすぐに手に取ることができる整理方法を心がけておけば、片付ける際にもすぐに元の位置に戻すことができるでしょう。

3-6.壁かけ収納にすることも

勉強机のまわりをスッキリさせたいけれども、収納スペースがなくてすぐに散らかってしまうことがあるでしょう。収納スペースに悩んでいる方は、壁かけ収納をおすすめします。名前のとおり、壁を使って収納する方法ですので、無駄に余っているスペースが活用できるのです。たとえば、勉強机の横にフックを取り付けて、そこにランドセルや上着を収納します。壁に収納スペースを作ることでモノが周辺に散乱することなく、整理整頓された状態が維持し続けられるでしょう。

4.勉強机の整理に関してよくある質問

勉強机の整理に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.勉強机がゴチャゴチャになるデメリットは?
A.どこに何があるのか把握できなくなり、探しモノがたくさん出てくることになるでしょう。学校に提出しなければならないプリントをなくしたり、宿題のプリントが見当たらなかったり……いろいろな不便さを感じることになります。また、集中力が低下し、気が散りやすい環境になってしまうのも大きなデメリットです。成績を上げたいという方は、勉強机の整理整頓から始めてみてはいかがでしょうか。

Q.勉強机をきれいにキープするコツは?
A.勉強机の上は、常にモノが散らかっていない状態を心がけることです。使った後はきれいに片付けたり、リセットしたりする習慣をつけていきましょう。勉強を終えた後は机の上をきれいにするといったルールを自分の中で決めておけば、整理整頓された状態がキープできるはずです。また、1年以内に使った教材だけ残したり、文房具類は使用頻度に合わせて収納したりするのも大切なポイントとなります。そして、収納方法はできるだけシンプルにしましょう。

Q.勉強机の引き出しの収納アイデアは?
A.1番深い引き出しには、出し入れしやすいように立てたまま収納するのがおすすめです。ファイルや資料などを横にして積み重ねてしまうと、1番下にあるプリントが取り出しにくくなってしまいます。けれども、立てたまま収納することで、どのようなプリントがあるのかひと目で分かりやすくなるでしょう。ファイリングをしたりラベルを貼ったりすることで、さらに分かりやすくなります。また、引き出しにもケースなどで仕切ることで、小さい子どもでも片付けやすくなるでしょう。

Q.子どもに整理整頓の大切さを教えるコツは?
A.まずは大人が見本を見せてあげることが1番のコツといえるでしょう。「片付けなさい」と子どもに指示をしていても、指示をする大人が片付けていなければ意味がありません。毎日使う食卓やダイニングテーブルをきれいにすることで、子どもにいいお手本を見せることができ、「こうすればいいんだ」と子どもも分かりやすくなります。子どもと一緒に、大人も片付ける習慣をつけていきましょう。

Q.収納スペースを増やしたいときの対処法は?
A.どうしてもモノを捨てることができない・収納スペースを増やしたいと思っている方は、トランクルームを活用するのも選択肢の1つです。トランクルーム=屋外に設置されているコンテナというイメージがあると思いますが、最近では室内のトランクルームも種類が増えてきています。1畳分の大きさのものやロッカーサイズの小さな空間を月額制で貸し出しているところもあるのです。勉強に必要な資料やファイルなどの収納にはぴったりなサイズ感といえるでしょう。アルファトランクでは、さまざまなトランクルームを貸し出しているので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

勉強机が散らかりやすいのは、使ったものを出したままにしていたり、置き場所が決まっていなかったりすることが主な原因となっています。まずは、なぜ散らかりやすいのか、自分がどのように勉強机を使っているのか把握することが大切です。そして、必要なモノだけ勉強机に置くように心がけてください。勉強机にあるモノの中には、使っていないモノや必要ないモノもあるはずです。定期的に片付けたり、要らないモノを処分したりすることで、きれいな勉強机を維持し続けることができるでしょう。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!