アクセサリーの収納アイデアを知りたい! SNSで人気の事例も詳しく!

「たくさんのアクセサリーをスッキリ片付けたいので、おすすめの収納アイデアを知りたい」とお考えではありませんか? アクセサリーは小さいので、すぐにゴチャゴチャしてしまいますよね。しかし、使いたいときにすぐ手に取れるよう、普段からスッキリと片付けておきたいものです。

そこで今回は、アクセサリーの収納アイデアを詳しくご紹介しましょう。

  1. アクセサリーの収納に役立つアイテム
  2. アクセサリーの収納アイデアを紹介
  3. アクセサリーを収納するときのポイント
  4. アクセサリーの収納アイデアに関するよくある質問

この記事を読むことで、アクセサリーを効率よく収納するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.アクセサリーの収納に役立つアイテム

最初に、アクセサリーの収納にはどんなアイテムが役立つか詳しく見ていきましょう。

1-1.コルクボードとピン

アクセサリーの収納には、コルクボードとピンが役立ちます。コルクボードにピンを打ち、アクセサリーを引っかけるようにすると、簡単に収納できて便利です。特に、ネックレスやチョーカーなどの収納におすすめします。アクセサリーの一覧性が高いことが主なメリットですが、ホコリなどが付着しやすいのでこまめにクリーニングすることが大切です。

1-2.引き出し式の書類ケースと仕切り

引き出し式の書類ケースと仕切りも、アクセサリーの収納にピッタリです。アクセサリーの種類ごとに分け、仕切りを併用して収納すれば、大量のアクセサリーもスッキリと片付きます。自分で感覚を調整刷るタイプの仕切りなら、ピアスや指輪などの小さなものから、重量感のあるネックレスなどの大きなものまで自由自在に収納でき、さらに便利です。

1-3.プラスチック製の小物収納ケース

アクセサリーの収納には、プラスチック製の小物収納ケースが役立ちます。細かく仕切られているので、ピアスなどの小さなアクセサリーを収納しても迷子になりません。フタ付きのタイプを選べば、ホコリなどが付着するのを防ぐこともできて一石二鳥です。プラスチック製の小物収納ケースは100均ショップなどでも購入でき、安価に入手できるのもメリットでしょう。

1-4.ウォールポケット

アクセサリーの収納には、ウォールポケットもおすすめです。中でも、ピルケース兼用のウォールポケットは、区切りが細かいため、アクセサリーの収納に向きます。ピアスや指輪などもなくしづらく、ホコリなどの汚れからも守れるのもメリットです。中でも、ポケット部分が透明タイプのものを選ぶと、どんなものがどこに収納してあるか一目で分かりやすくて重宝します。

1-5.フェルト生地

大切なアクセサリーの収納には、フェルト生地も便利なアイテムといえます。フェルト生地は柔らかい素材のため、アクセサリーの傷み防いでくれるのがメリットです。また、端からクルクルと丸めて並べると、仕切りの代わりになり、指輪やブローチの収納に役立ちます。収納したものをソフトにホールドし、固定して収納できるのも特徴です。

1-6.パンチングボードとS字フック

パンチングボードにS字フックを組み合わせて使うと、ネックレスやペンダント・チョーカー・ブレスレットなどを、収納するのに役立ちます。指輪やピアスなどは、小さな巾着袋に入れて引っかけることで収納可能です。アクセサリーのほかにも、スカーフやベルトなど、さまざまなアイテムの収納に活用できます。

2.アクセサリーの収納アイデアを紹介

アクセサリーの収納アイデアを、SNSで発信されている事例と併せて詳しくご紹介しましょう。

2-1.100均ショップのプラスチック製の小物収納ケースに収納

この投稿をInstagramで見る

まい*(@maaaisonnn)がシェアした投稿

大量のピアスを、100均ショップのプラスチック製の小物収納ケースを使って上手に収納した事例です。細かく仕切られているので、収納するときにゴチャゴチャせず、スッキリと片付けることができます。こちらの事例では、フタ付きのものなので、使わないときはフタを閉めておけば、ホコリなどの侵入を防ぐことが可能です。また、コンパクトなサイズなので、収納したまま持ち歩くこともできます。

2-2.コルクボードにピンで留めて収納

この投稿をInstagramで見る
ami(@shonemama)がシェアした投稿

コルクボードとピンを使い、アクセサリーを留めて収納した事例です。お気に入りのアクセサリーをインテリアのように楽しむことができ、満足度の高い収納方法の一つになります。ピンをコルクボードの上部に留めると、ネックレスやペンダントなど長さのあるアクセサリーも簡単に収納可能です。

2-3.パンチングボードとS字フックで収納

https://www.instagram.com/p/Bo3kpGSnmB2/

パンチングボードとS字フックを使い、アクセサリーの収納に活用した事例です。フックをかける位置を調整することで、さまざまなアクセサリーを上手に収納しています。この事例はナチュラルな色合いのパンチングボードなので、アクセサリーを見せながら収納しつつ、おしゃれなインテリアとしても楽しむことが可能です。

2-4.ウォールポケット型のピルケースに収納

この投稿をInstagramで見る

eik_azu(@eik_azu)がシェアした投稿

ウォールポケット型のピルケースを活用し、アクセサリーを収納した事例です。ポケットが細かく分かれているため、小さなアクセサリーも簡単に収納できます。また、透明なポケットなので、どんなアクセサリーを収納してあるか分かりやすいのもメリットでしょう。1か月分のポケットを活用し、日にちごとに着用するアクセサリーを収納する方法もあります。

2-5.DIYでアクセサリーボックスを作成して収納

この投稿をInstagramで見る

100均の材料を使用してDIYでアクセサリーボックスを作成し、収納した事例です。素朴な風合いの木箱と、パステルカラーのフェルト生地をうまく使い、ファンシーな雰囲気のアクセサリーボックスに仕上げています。フェルト生地を使っているので、収納したアクセサリーをしっかりホールドし、傷が付きにくいのもポイントです。安い材料でも工夫することで、自分好みの収納グッズを作成できるよい事例といえるでしょう。

3.アクセサリーを収納するときのポイント

アクセサリーを効率よく収納するには、いくつか押さえておくべきポイントがあります。

3-1.不要なアクセサリーを処分して物量を減らす

最初に、不要なアクセサリーを処分して物量を減らしましょう。物量を減らすことで、余裕を持って収納しやすくなります。不要なアクセサリーの仕分け基準は、以下を参考にしてください。

  • 汚れや傷みが目立つ
  • 好みが変わって使わなくなった
  • 特に思い入れがない
  • 同じようなデザインのものが複数ある
  • 今後使う予定がない

3-2.汚れをきちんとクリーニングしてから収納する

アクセサリーを収納するときは、汚れをきちんとクリーニングしてからにしましょう。使用後のアクセサリーには、皮脂や汗・化粧品・ホコリなど、さまざまな汚れが付着しています。そのまま収納してしまうと、アクセサリーが傷んでしまう原因になるので注意してください。アクセサリーを使った後は、柔らかい布などで汚れをキレイに拭き取ってから収納するよう徹底しましょう。

3-3.収納の定位置を決める

定位置を決めて収納することも、重要なポイントです。それぞれ定位置を決めて収納すると、どんなアクセサリーがどこにあるか分かりやすく、使いたいときにすぐ見つけることができます。また、使った後も戻しやすくなるので、紛失を防ぐことが可能です。アクセサリーを種類ごとに分け、定位置を決めて収納すると、より分かりやすくなります。

3-4.詰め込み過ぎない

詰め込み過ぎないことも、アクセサリーの収納で大切なポイントです。無理に詰め込み過ぎると、アクセサリー同士がぶつかったり絡んだりしてしまいます。すると、アクセサリーに傷が付いてしまう原因になるので注意してください。アクセサリーは、ゆったりと余裕を持って収納するようにしましょう。

3-5.出し入れしやすいように収納する

アクセサリーを収納するときは、出し入れしやすいように収納しましょう。キッチリ並べることばかりを意識すると、出し入れしづらくて使いにくい収納になってしまいます。アクセサリーを収納する際は、適度に余裕を持たせるようにしてください。余裕を持たせて収納すれば、アクセサリー同士がぶつかりにくく、収納中に傷んでしまうことを予防する効果もあります。

3-6.使用頻度ごとに分けて収納する

使用頻度ごとに分けるのも、アクセサリーを効率よく収納するポイントです。たとえば、収納ケースなどを使う場合は、以下のように意識して収納していくとよいでしょう。

  • よく使うもの:中段
  • たまに使うもので小さなもの:上段
  • たまに使うものでやや大きなもの:下段

また、最もよく使うものは、中断でも手前側に収納するのがベストです。

4.アクセサリーの収納アイデアに関するよくある質問

最後に、アクセサリーの収納アイデアに関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.見せる収納のメリット・デメリットは?
A.以下を参考にしてください。

メリット

  • 一覧性が高く、どこに何があるか分かりやすい
  • 簡単に出し入れできる
  • インテリアの一部としても楽しめる
  • 壁などデッドスペースを活用できる

デメリット

  • 収納量が多いとゴチャゴチャして見える
  • ホコリなどが付着しやすい
  • キレイに収納するにはセンスが必要になる

Q.市販のアクセサリーボックスを購入する際の注意点は?
A.価格が安い、デザインが気になったなどの理由だけで購入すると失敗しやすいので注意しましょう。まずは、不要なアクセサリーを処分して物量を減らし、どんなアクセサリーがどれだけあるか把握してから購入すると失敗がありません。

Q.アクセサリーを常にきちんと収納しておくコツは?
A.使用したら定位置に必ず戻すこと、定期的にチェックして不要なアクセサリーを処分することなどがコツです。また、むやみに新しいアクセサリーを購入しない、一つ購入したら一つ処分するなどの方法も、おすすめします。

Q.人気の高い収納アイデアを参考にすれば満足できる?
A.一概にはいえません。人によって、収納すべきアクセサリーの量や種類が異なるため、収納アイデアの内容によっては不満が残ることもあるでしょう。大切なのは、人気の高さよりも、自分に合った収納アイデアを参考にすることです。

Q.もう使わないアクセサリーを処分する方法は?
A.以下のような方法があります。

  • 不燃ゴミとして処分する
  • 知人などに譲る
  • 買取に出す

不要になったアクセサリーでも、金・プラチナ・宝石が付いたものなどは、壊れていても買取してもらえることがあるので調べてみるとよいでしょう。また、有名ブランド品も、状態がよいものは、思わぬ高値で売れることもあります。

まとめ

今回は、アクセサリーの収納アイデアについて詳しく解説しました。大切なアクセサリーをきちんと収納するためには、最初に不用品を仕分けて処分して物量を減らし、どんなものがどれだかあるか把握することが大切です。その後、この記事で紹介した収納アイデアを参考にして、片付けていくとよいでしょう。なお、キレイに収納した状態を維持するには、使った後に定位置に戻す、定期的に不要なアクセサリーを仕分けて処分するなどの方法が効果的です。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!