引っ越し荷物の一時預かりを依頼する方法! 主なポイントや注意点も!

「引っ越し荷物を一時預かりしてもらいたいけど、どうすればよいのだろう」とお考えではありませんか? 実際に、何らかの事情で新居に引っ越し荷物を運ぶことができないこともありますよね。しかし、引っ越し荷物を一時預かりしてほしくても、どこにどんな方法で依頼できるのか、どんなポイントに注意すべきなどよく分からないこともあるでしょう。そこで今回は、引っ越し荷物の一時預かりについて詳しく解説します。

  1. 引っ越し荷物の一時預かりがおすすめのケースは?
  2. 引っ越し荷物の一時預かりを依頼できるサービス
  3. 引っ越し荷物の一時預かり業者を選ぶポイントや注意点
  4. 引っ越し荷物の一時預かりに関するよくある質問

この記事を読むことで、引っ越し荷物の一時預かりで失敗しないポイントがよく分かります。引っ越し荷物の一時預かりをお考えの方は、記事を読んでみてください。

1.引っ越し荷物の一時預かりがおすすめのケースは?

最初に、引っ越し荷物の一時預かりがおすすめのケースについて見ていきましょう。

1-1.引っ越し荷物が新居に入りきらない

引っ越し荷物が多過ぎて新居に入りきらない場合は、一時預かりを利用すると便利です。新居の収納スペースが想像以上に狭い、新居の生活スペースにはみ出してしまうといった場合でも、引っ越し荷物の一時預かりが利用できれば、心配ありません。必要最低限の荷物で引っ越ししてから、残りの荷物をどうするか考えることができます。

1-2.実家などに預けることができない

実家などに引っ越し荷物を預けることができない場合も、一時預かりをおすすめします。実家が遠いと、引っ越し荷物を預けることができても新居との往復が大変です。また、実家が近くても十分な保管スペースがないと、一時預かりを断られることがあります。それに、実家に頼るのは気が引ける人もいるでしょう。その点、引っ越し荷物の一時預かりを利用できれば、気兼ねする必要がありません。

1-3.多忙などにより引っ越し荷物の整理ができない

引っ越し荷物の一時預かりは、多忙な人にも大変便利です。仕事などで多忙だと、引っ越し荷物の整理を行う時間が十分に確保できません。それに、休日も疲れてしまって、整理する体力や気力がないこともあるでしょう。しかし、引っ越し荷物の一時預かりを利用すれば、引っ越し当日までに荷物の整理ができなくても、そのまま預けることが可能です。賃貸住宅で退去期限が決まっている場合などでも、焦らずに済みます。

1-4.処分すべきか迷う荷物がある

引っ越しを機会に処分すべきか迷う荷物がある場合も、引っ越し荷物の一時預かりを利用するとよいでしょう。勢いで処分して後悔することを、ひとまず避けることができます。また、いったん一時預かりしてもらえば、新居に引っ越してからじっくり考えることができるのもメリットです。お金を払って一時預かりしてもらうことで、本当に必要なものか冷静に判断できることでしょう。

1-5.新居の入居日まで日にちが空いている

たとえば、現在住んでいる物件の退去期限と新居の入居日のタイミングが合わず、実際に入居できるまで日にちが空いてしまうこともあるでしょう。一時的にホテルや実家などに仮住まいする場合でも、大量の引っ越し荷物を持ち込むわけにはいかないものです。しかし、引っ越し荷物の一時預かりを利用すれば、新居の準備が終わってから余裕を持って荷物を運ぶことができます。

2.引っ越し荷物の一時預かりはどこに依頼できる?

引っ越し荷物の一時預かりを依頼できるところについて、詳しく見ていきましょう。

2-1.引っ越し業者

引っ越し業者では、顧客サービスの一つとして引っ越し荷物の一時預かりを受け付けていることがあります。引っ越し業者の一時預かりを利用できれば、引っ越しと同時に預けることができて便利です。なお、一般的には有料で、預けられる物量に制限があることが多いので確認しておきましょう。また、業者によっては、リフォームを目的とした一時預かりだけに対応していることがあるので、注意してください。

2-2.運送会社

運送会社でも、引っ越し荷物の一時預かりを依頼できることがあります。保管費用は、引っ越し荷物の物量と契約日数で計算されるのが一般的です。契約日数は、数日~数十日程度まで複数のプランから選べることが多いでしょう。一時預かり中は、運送会社の倉庫に保管することになります。なお、運送会社の倉庫は郊外にあることが多いほか、都合のよいタイミングで荷物を出し入れできないことがあるので確認が必要です。

2-3.トランクルーム業者

引っ越し荷物の一時預かり先として、トランクルームを借りる方法もあります。トランクルームとは、ビルなどのフロアを細かく区切り、貸倉庫として利用できる物件のことです。多くの場合、都市部など交通の便がよい立地にあり、0.5畳程度の広さから都合に合わせて選ぶことができます。なお、当アルファトランクでも、関東圏の都市部を中心に多数のトランクルームを運営しておりますので、ぜひご検討ください。

3.引っ越し荷物の一時預かり業者を選ぶポイントや注意点

引っ越し荷物の一時預かり業者を選ぶポイントや注意点を、詳しく見ていきましょう。

3-1.引っ越し荷物の一時預かりで豊富な実績がある

まずは、引っ越し荷物の一時預かりで豊富な実績があることを確認しましょう。豊富な実績がある業者なら、あらゆるケースの依頼を受けた経験から、臨機応変に対応してもらいやすいからです。また、不安な点や疑問に感じる点があっても、的確な回答を得られるので安心できるでしょう。

3-2.都合のよい期間で契約できる

都合のよい期間で契約できることも、業者選びで重要なポイントです。引っ越し荷物の一時預かりといっても、数日間だけでよいパターンと1か月単位で預けたいパターンなどがあります。たとえば、数日だけ預けたいのに数か月契約が必要になるのでは、不便でしょう。また、1か月以上預けたくても長期契約できないのでは困ります。

3-3.使いやすい立地にある

自分で引っ越し荷物を出し入れしたい場合などは、使いやすい立地にあることも確認しておきましょう。特に、自分の車などを使いたい人は、駐車場が近くにあることが重要なポイントになります。また、車がなくても、公共交通が至便な立地なら気軽に立ち寄って保管状況を確認することが可能です。新居から遠方にある場合でも、契約期間中に荷物を出し入れしないのならよいでしょう。しかし、少しずつ運び出したい、追加で預ける可能性があるといった場合は立地条件も重視してください。

3-4.見積もりは無料

見積もりは無料であることも、信頼できる業者の特徴です。引っ越し荷物の一時預かりを依頼する場合、実際にどれぐらいの費用がかかるのか、契約前に確認しておきましょう。たとえば、見積もりを無料で行っている業者なら、気軽に依頼できます。見積もりだけでも手間や時間がかかるため、本来なら有料であってもおかしくはありません。しかし、信頼できる業者では、利用者の立場になって考えることができるため、あえて無料にしています。結果的に、無料の見積もりから正式な契約につながることが多いことからも、賢い判断ができ信頼できる業者といえるでしょう。

3-5.リーズナブルで明確な料金設定

引っ越し荷物の一時預かりは、リーズナブルで明確な料金設定をしている業者に依頼しましょう。業者によって、同じような立地や条件でも、料金に大きな差が出ることがあります。業者によっては、ホームページに料金の目安を掲載していることもあるので、一例として参考にするとよいでしょう。なお、ホームページに料金の記載がない場合でも、問い合わせの際にきちんと教えてもらえる業者なら信頼できます。

3-6.都合のよいタイミングで簡単に出し入れできる

引っ越し荷物の一時預かりは、都合のよいタイミングで簡単に出し入れできる業者を選ぶとよいでしょう。引っ越し荷物をすべて預けた後でも、何らかの理由で一部のものだけ出したり追加で預けたりしたくなることがあります。また、一時預かり中の荷物を少しずつ新居に運びたいこともあるでしょう。その点、都合のよいタイミングで簡単に出し入れできる業者なら便利です。

3-7.空調管理や清掃が行き届いている

保管場所の空調管理や清掃が行き届いていることも、押さえておくべきポイントです。信頼できる業者では、保管場所の温度や湿度の管理を徹底し、清掃をきちんと行っています。そのため、保管中の荷物が傷むことを心配する必要がありません。しかし、管理がずさんな業者では、保管場所が高温多湿になったりホコリっぽくなったりし、カビや害虫などが繁殖してしまうことがあります。一時預かりであっても、引っ越し荷物に思わぬダメージを受けないよう、保管場所の空調管理や清掃が行き届いている業者を選びましょう。

3-8.セキュリティーがしっかりしている

保管スペースのセキュリティーがしっかりしていることも、必ずチェックしておきましょう。セキュリティーが甘い業者では、大切な引っ越し荷物が盗難被害に遭う可能性があります。その点、信頼できる業者では、警備会社と契約して24時間監視しているなど、セキュリティーに十分な配慮があるので安心です。また、契約者以外立ち入ることができない、カギを紛失した場合の再発行手続きに必ず本人確認が必要になるなどの点もポイントになります。

3-9.スタッフが親切で顧客からの評判もよい

スタッフが親切で顧客からの評判がよいことも、大切なポイントです。スタッフの感じがよく、言葉遣いや対応が丁寧なら、引っ越し荷物の一時預かりを安心して依頼できます。何か不安なことや疑問に感じることがあっても、気軽に問い合わせることができるでしょう。スタッフが親切な業者は、総じて顧客からの評判もよいので併せてチェックしてみてください。

4.引っ越し荷物の一時預かりに関するよくある質問

最後に、引っ越し荷物の一時預かりに関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.引っ越し業者とトランクルーム業者の両方に見積もりを依頼してもよい?
A.構いません。ただし、むやみに多くの業者に見積もりを依頼しても時間と労力がかかるだけです。まずは、この記事の「3.引っ越し荷物の一時預かり業者を選ぶポイントや注意点」を参考にして信頼できると判断した業者2~3社程度に絞って依頼するとよいでしょう。

Q.引っ越し荷物で業者に一時預かりしてもらえないものは?
A.以下を参考にしてください。

  • 貴重品(現金・預金通帳・有価証券など)
  • 生鮮食品など
  • 悪臭を発するもの
  • 生きもの・植物
  • 排せつ物・体液・血液など
  • ガソリン・灯油などの引火性の高いものや薬品類などの危険物
  • 拳銃など所持することで公的秩序や法律に違反するもの

上記のほかにも業者によって一時預かりしてもらえないことがあるので、事前に確認しておくことが大切です。

Q.引っ越し荷物が一時預かり中に破損したら補償してもらえる?
A.明らかに業者の落ち度によるもの以外は、基本的に補償してもらえません。なお、業者によっては、任意保険に加入できることがあるので確認してみてください。

Q.トランクルームを借りる場合は敷金・礼金・保証人などが必要になる?
A.敷金・礼金のいずれも必要ありません。ただし、契約時に初期費用および初月使用料・事務手数料などが必要になるのが一般的です。また、保証人の代わりに緊急連作先の提出が必要になります。

Q.契約期間が終わっても引っ越し荷物をそのままにした場合はどうなる?
A.業者にもよりますが、一定期間を過ぎた後は廃棄処分されることになります。なお、場合によっては、処分費用や違約金を請求されることもあるでしょう。

まとめ

今回は、引っ越し荷物の一時預かりについて詳しく解説しました。何らかの理由で新居に引っ越し荷物を運ぶことができない場合などは、一時預かり先を探す必要があります。たとえば、引っ越し業者のなどでは、引っ越し荷物の一時預かりサービスを行っていることがあるので調べてみるとよいでしょう。そのほかにも、引っ越し荷物の一時預かり先として、トランクルームを借りる方法もあります。トランクルームなら、契約中は自由に荷物を出し入れできる、空調管理が行き届いた環境で保管できるなど、何かと便利です。いずれにしても、信頼できる業者を選ぶことがカギになるでしょう。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!