【必見】狭い部屋でも賢く収納! 居心地のいい部屋を作る方法

狭い部屋だと、持ち物が全て収納できなくて困ってしまいますよね。だからといって収納がたくさんある広い部屋は家賃も高いです。狭い部屋には収納スペースは限られますが、実は狭い部屋でも、スッキリ収納して快適に暮らせる方法があります。

今回は狭い部屋に最適な収納のコツから、部屋以外の場所で収納スペースをもうける方法などをご紹介します。

1.狭い部屋で最適な収納術とは

1-1.狭い部屋でも収納できるアイデア

狭い部屋では、どうしても収納できるスペースは少なくなってしまいます。しかし、狭い部屋でも収納できるアイデアはあります。洋服ならば小さく畳むだけで収納スペースが増えますし、靴は重ねて収納するとか、ちょっとしたアイデアだけで大丈夫です。

狭い部屋では、あらゆるところに収納スペースを設けてしまうと部屋が余計に狭く見えてしまうので、収納を増やすというよりは、収納方法を工夫して収納の容量を増やすことを考えましょう。

1-2.隙間空間を活用しよう

狭い部屋だから収納が少ない・・・と困っている人、見逃している隙間空間はないでしょうか?例えばトイレの上など、棚が設置されていないならば設置してしまいましょう。

また、ベッドの下も収納スペースになります。こうした隙間空間を見逃さずに活用しましょう。これが狭い部屋の収納術です。

1-3.見せる収納で勝負

全てを収納するのは、狭い部屋だと限界もあります。どうしても片付けきれないものは、思い切って見せる収納にしてみてはどうでしょうか。おしゃれな雑誌の表紙を見せて収納するとか、見えるとごちゃごちゃしやすい筆記用具などは色分けをしてペンホルダーに立ててみるなど…適当に置かれていると散らかっているように見えてしまうものでも、整理整頓ができていれば意外とインテリアのように部屋のアクセントになります。洋服もラックに色のグラデーションを作って畳んでおくだけで、見せる収納になるでしょう。

収納は隠すことだけが正解ではないので、見せる収納をマスターして狭い部屋をより有効活用できるといいですね。

2.収納するだけではなく捨てることも考えよう

2-1.捨てる基準

収納しきれなかったものは、捨てるのも一つの方法です。荷物が減れば単純に収納しなくてはならないものが減り、片付きます。では、捨てる基準はどうやって決めたらいいのかですが、まず自分で全てのものをチェックしましょう。その時の直感で、いるものといらないものを分別してくださいね。どうしようと迷った場合はその場で決める必要はありません。保留にしてどんどん分別していってください。そして、その場でいらないと判断したものについては捨ててしまいます。不用品の処分にもなりますし、余計なものに貴重な収納スペースを取られずに済みますね。

保留にしたものは日を改めてチェックしなおして、いるものといらないものでもう一度わけてみましょう。

2-2.収納用品の買い足しはしない

収納しきれないならば収納用品を購入したらいいのではと思うでしょうが、狭い部屋の場合は収納用品を買い足ししても、その収納用品をどこに置くかで迷います。置いたら圧迫感がすごくて居心地が悪くなるでしょう。収納用品を買い足したくなる気持ちもわかりますが、絶対に買い足しはしないでくださいね。

これは狭い部屋だからという問題ではなく、片付け方の根本的な間違いです。片付けというのは収納用品を増やしていいなら誰でもできます。今ある収納用品だけで片付けをする、それが本当の片付けなのです。

3.捨てられないけど収納しきれない…となったらどうする?

3-1.捨てられるようになるまで待つ

捨てられない荷物が多くて、収納しきれなくなってしまった…という場合は、ゆっくり時間をかけて、捨てられるようになるまで待ってみてください。その間は荷物がたくさんあってジャマかもしれません。その場では捨てる決断ができなくて迷っていても、実際にジャマになっているものがあって、毎日見ているうちに「捨ててもいいかな」という気に不思議となります。そう思ったときが捨て時なので、思い切って処分してしまいましょう。

3-2.収納するスペースを確保する

収納が足りないならば、収納用品を増やして部屋で収納するのではなく、部屋の外に収納するスペースを確保してしまいましょう。特にシーズンものであるスノーボード、もしくはゴルフバッグなど…大きくて使う頻度が低いものなどはトランクルームを借りて収納してみてはどうでしょうか。

部屋だけで収納しようとすると大変ですが、別の場所に収納スペースが出来ると、部屋も片付いてすっきりします。収納スペースが少ない場合は、こういうサービスを賢く利用してくださいね。

4.上手なトランクルームの利用方法

4-1.荷物の出し入れがしやすいトランクルームを選択

トランクルームにはさまざまなタイプがあります。利用するにあたって重視してほしいのは、荷物の出し入れがしやすいかどうかです。立地としては自宅から問題なく通える範囲の場所が安心です。いざというときにすぐに荷物を取りにいけます。

また、車で取りに行くとなると駐車スペースがあるかどうかもチェックしなくてはいけませんね。

さらには、トランクルームの中でどのブースが空いているかによっても出し入れのしやすさはかわります。通路の突き当たりしか空いていないとなると、荷物の出し入れが想像以上に面倒だと思います。一度見学にいくとどこが空いているかも見せてくれますので、ぜひ実際に自分の目で見て確かめましょう。

4-2.費用の相場を考えよう

トランクルームは月々の費用を支払い、荷物を置かせてもらう場所です。立地がいい、大きさが広いとなれば費用は高くなります。自分が収納したいものを明確にしてから、そのサイズのトランクルームをいくつかチェックして相場を考えてみましょう。

あまりに高すぎると金銭的な負担が大きくなりすぎてしまいますから、自分が毎月支払いをする中でつらくない金額のなかから選択してくださいね。

4-3.セキュリティもしっかりチェック

荷物を預かってもらうのですから、セキュリティチェックもきちんとしましょう。もしも盗難などがあったらと思うと自宅の外に荷物を置くのは勇気がいると思います。最近はトランクルームもセキュリティが充実してきて、安心して預けられるところが増えました。

とはいっても、貴重品と呼ばれるものはトランクルームではなく貸金庫などが預け先としては正解なので、間違ってもそういう貴重品はトランクルームには預かってもらわないようにしましょう。

どんなセキュリティが使われているのか、これも見学の際にチェックしておくと安心です。

まとめ

いかがでしたか?

  • 狭い部屋で最適な収納術とは
  • 収納するだけではなく捨てることも考えよう
  • 捨てられないけど収納しきれない…となったらどうする?
  • 上手なトランクルームの利用方法

部屋の大きさには限りがあります。荷物が増えるたびに引っ越しもできないでしょうし、その部屋の大きさでおさまる生活をしなくてはなりません。もしも収納しきれない荷物ができた場合には、トランクルームを借りるなどして、部屋だけで収納することを考えるのではなく、別の場所に収納スペースを作るという方法を考えてみてはどうでしょうか。狭い部屋にたくさん置いておくよりは、部屋でゆったりと過ごせるスペースが増えて住みやすいと思いますよ。狭いアパートでも快適に暮らすためのコツです。