トランクルームの活用の仕方とは? こんなものを預けると便利!!

家に入りきらない荷物を預かってくれるトランクルーム。
「街中で見かけたことはあるけれど、使ったことはない」という方も少なくないでしょう。
また、「レンタル収納ルームとどこが違うの?」と思っている方も多いですよね。
そこで今回はトランクルームの利用方法などをご紹介しましょう。
トランクルームとはどのような使い方をするのでしょうか?
また、レンタル収納スペースの違いとはなんでしょうか?
トランクルームを利用してみたいという方や使い方を知りたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

1.トランクルームとは?

この項では、トランクルームとはいったいどのようなサービスを提供する場所なのかということや、レンタル収納スペースとの違いをご紹介します。
預けるものによって使い分けるとよいでしょう。

1-1.トランクルームとは?

トランクルームとは、国土交通省に許可をえた倉庫業者が倉庫業法に基づいて個人向けに荷物を預かるサービスのことです。
かつては法人向けのみのサービスだった倉庫業が、だんだんと個人向けにもサービスを拡大させていった結果ということでしょう。
業者は荷物を預かるプロですし、荷物を預かる場所もセキュリティーがしっかりしています。
これは、倉庫業法で「顧客の荷物が破損したり、盗難にあったりしたら一定額の補償をしなければならない」と定められているからです。
ですから、トランクルームによっては温度や湿度を一定に保たれているところもあります。

1-2.レンタル収納スペースとの違いはなに?

レンタル収納スペースは、不動産会社が、不動産の法律に基づいて顧客と契約を結び、荷物を預けるスペースを貸し出すサービスです。
レンタル収納スペースに利用される場所は、古くて借り手が付かなくなったマンションやアパートが利用されることも多く、セキュリティーは一般の住宅レベルでしょう。
また、レンタル収納スペースは、普通の家を借りるのと同じ契約を結びます。
ですからたとえ荷物が破損したり盗難にあったりしても業者が補償をする義務はありません。
また、空き地に貨物用のコンテナを積み上げて「レンタル倉庫」という看板を出しているケースもありますが、あれもレンタル収納スペースの1種です。屋外にあるのでアウト度用品など外で使うものを収納するのに適しています。

1-3.トランクルームに預けられるもの、預けられないものとは?

トランクルームは家に置き切れない荷物を預ける場所です。
ですから、

  • 腐敗するようなもの
  • ペットなどの生き物
  • 現金・証券・通帳・貴金属
  • 危険物

などは預けられません。
しかし、ワインや缶詰など開封しなければ年単位で保存できるものは預けても大丈夫でしょう。
現金や証券などは、銀行の貸金庫のほうがおすすめです。
トランクルームに預けたほうが良い荷物とは、

  • 引っ越しの際に新居に入りきらなかった高価な家具家電など
  • 長期の出張や旅行に行く際に家に置いておくのが心配な高価な家電
  • 楽器やワインなど温度や湿度管理が必要なもの
  • あまり取り出さない貴重なもの

です。
ピアノなどの大型楽器は、専門のレンタル収納ルームもあるので、活用してみるとよいでしょう。
また、車やバイクなどを預けたい、という場合も専用の屋外トランクルームがあります。
その他でも「これは預けられるのだろうか」というものがあったら業者に相談してみましょう。

2.トランクルームの使い方と活用の仕方とは?

では、トランクルームの使い方や活用の仕方にはどんなものがあるのでしょうか?
この項ではそれをご紹介します。

2-1.トランクルームの選び方

トランクルームは全国にたくさんあります。インターネットやイエローぺージで検索して、自宅近くのものを探しましょう。
遠すぎると荷物の移動に手間がかかります。
また、引っ越し荷物をそのままトランクルームに入れたいという場合は、引っ越し業者とトランクルームの両方に連絡をしておけば問題ありません。
なお、引っ越し業者の中にはトランクルームを運営しているところもありますので、そのようなところを利用してみるのも良いでしょう。

2-2.預けたいものの寸法を測ろう

トランクルームというと、ワンルーム程度の部屋を想像される方もいるでしょう。
しかし実際は、ロッカーのような小さいものもあります。
もちろん小さいものの方が賃料が安いので、預けたいものの寸法をきっちりと測りましょう。
預けるものが少ないのに大きなスペースを借りたり、逆に小さなスペースに無理やり荷物を押し込んではいけません。
また、トランクルームには保証制度がありますが、破損を防ぎたいものは厳重に梱包しておくとよいでしょう。
さらに、預ける際には余計なものが紛れ込んでいないかしっかりチェックしてください。
マッチやライターなどが紛れ込んでいると火災の原因になるかもしれません。

2-3.どのくらい預けるか期間を決める

トランクルームは、月単位で借りるのが普通です。中には年単位で借りると割引がある場所もあるでしょう。
預ける期間が未定という場合は、とりあえず1カ月だけ借りてみて、後々に追加していくということもできます。
また、トランクルームはクレジット払いのところもありますので、カードを1枚作っておきましょう。

2-4.トランクルームは部屋として活用できるの?

同じようなサービスを行っているレンタル収納ルームは、趣味部屋として活用してください、とうたっているところもあります。
実際1~2時間程度の楽器の練習などにレンタル収納ルームを利用する人もいるそうです。
では、トランクルームでも同じことはできるでしょうか?
結論からいうとできません。
トランクルームはあくまでも荷物を安全に預かるサービスです。
ルームの中に人が入って過ごすことは想定されていませんので、中で過ごすことは不可能です。
特にセキュリティが厳しい場所では、借り主といえども屋内に入ることができず、待合室で自分の荷物が出てくるのを待つ、というところもあります。

2-5.たまには荷物をチェックしよう

洋服やアルバムなど家に置ききれない荷物を預けている場合は、1年に1度程度は荷物のチェックをしましょう。
温度や湿度が保たれているからといって劣化や破損の可能性がゼロではありません。
また、時には荷物を取り出しているかいらないか再確認することも大切です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回はトランクルームの使い方や活用法をご紹介しました。
まとめると

  • トランクルームはレンタル収納スペースよりも、セキュリティが高い
  • 荷物が破損したり盗難にあったりしたら一定の補償がある
  • 高価な家具家電を預けるには最適

ということです。
トランクルームは家に収納しきれない荷物を預けるだけでなく、温度管理が難しいものや、長らく家を留守にする場合に家具家電を預けるのにも適した場所なのですね。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!