部屋をきれいにしたい人必見! 片付けられない自分とサヨナラするための4箇条

部屋はきれいにしている方が身も心もリフレッシュできます。
散らかった部屋で過ごすことにはさまざまなデメリットがあるでしょう。

そんな悩みをお持ちではありませんか?
しかし実際には「部屋をきれいにしたい」と思っていても、簡単にできないから悩んでいるのでしょう。
汚い部屋をきれいにする方法や部屋をきれいに保つコツが分かれば、あなたの生活もきっと変わるはずですよ。

目次

  1. 部屋が汚くなってしまう原因
  2. 部屋をきれいにするためのポイント
  3. 不要なものを処分する方法
  4. 捨てられないものは預けるという手も
  5. まとめ

1.部屋が汚くなってしまう原因

部屋をきれいにする方法を知る前に、まず「なぜ部屋が汚くなってしまうのか」を考えてみましょう。
原因が分かれば部屋をきれいにするにはどうしたらいいのかが見えてくるはずですよ。

物が多すぎる

一度「断捨離」が成功すれば、いかに部屋の中に物が多すぎたかが分かるはずです。
部屋が汚くなる最大の理由は「物が多い」ということでしょう。
物が多ければ収納が追いつかず、部屋中に散乱してしまいがちです。
その物の中に、あなたが本当に必要としているものはどのくらいあるでしょうか。
「いつか使おうと思っている物」「また着るかもしれない洋服」は、最後に使ってからどのくらい経ちますか?
本当は不要な物がたくさんあるのに、また新しく買ってしまう。
これでは部屋が片付くはずありませんよね。
一つ物を買ったら一つ捨てる習慣をつけるようにしましょう。

床に物を置いてしまう

部屋が汚くなるきっかけは「床に物を置いてしまうこと」にあります。
最初は「置く場所がないから」「しまうのが面倒だから」という理由で床に置いたかもしれません。
でも、それがどんどん増えてきたらどうなるでしょう。
あっという間に歩く場所がなくなり、その状態が当たり前になってしまいます。
まずは床に物を置くクセを何とかしなければなりません。

物の定位置が決まっていない

部屋がきれいにならないのは物が散乱しているためです。
つまり、物の定位置が決まっていないのでしょう。
「床に物を置かなければいい」というわけではありません。
ソファーやテーブルの上に「とりあえず置く」というクセがある人は、部屋がすぐに汚れてしまいます。
出しっぱなしの小物や脱ぎっぱなしの洋服が放置されていると、いつまで経っても部屋はきれいになりませんよ。

2.部屋をきれいにするためのポイント

では、どうすれば部屋をきれいにできるのでしょうか。
ポイントさえつかんでいれば、面倒な部屋の片付けもすぐに終わらせられるはずです。

いらない物は処分する

常に部屋をきれいな状態にしておくためには「いつでも片付けやすい部屋にしておく」ことが大切です。
物が散乱した部屋とそうでない部屋とでは、どちらが片付けやすいかすぐに分かりますよね。
まずは不要な物を処分して「片付けやすい部屋」を作り出しましょう。
大切なのはあなたにとって「不要な物」と「必要な物」の区別をつけることです。
「いつか使おうと思っている物」「捨てるのはもったいないので誰かにあげようと思っている物」は、あなたにとって「いらない物」である可能性が高いでしょう。
使おうと思ったまま1年以上経過している物に関しては、もう使うことはありませんのですぐに処分してください。
「使わない物は処分する」という決断をすることこそが、きれいな部屋づくりの第一歩なのです。

片付けの正しい手順を知る

一気に片付けをする必要はありません。
汚い部屋を掃除するには相当の覚悟が必要ですので、それを一度に片付けようとしてもなかなかやる気が出ないでしょう。
片付けを効率的におこなうためには、正しい手順を踏む必要があります。
「今日は床の物を片付ける」「明日は物の定位置を決めて収納する」というように、できる時に少しずつ片付けを始めていってください。
最終目標さえ決めていれば、確実に部屋をきれいに片付けられるはずです。

定期的に人を呼ぶ

「どうしても片付ける気になれない」「片付けてもすぐ散らかってしまう」という人は、定期的に人を部屋に呼ぶようにしてください。
人が来ると思えば片付けるしかありませんし、再び散らかる心配もないでしょう。
強制的な手段ではありますが、意外と効果的でおすすめですよ。

3.不要な物を処分する方法

不要な物は捨てる以外にも処分する方法がいくつかあります。
「使わないけれど捨てるのはもったいない」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

リサイクルショップに売る

「自分では使わないけれどまだ使えるもの」はリサイクルショップに売りに行きましょう。
近くにリサイクルショップがあるなら、不用品をまとめて持って行ってみてください。
商品として価値のあるものであれば、それなりの金額で買い取ってもらえる可能性があります。
もちろん「商品として売れない」と判断されれば買取不可になる場合もありますが、その時はまた別の方法を考えてみましょう。

ネットオークションに出品する

昔のアイドルの音楽テープや漫画本などは、ネットオークションに出品すれば高く売れる可能性があります。
自分にとっては不要な物でも、必要としている人はいるかもしれません。
買い手が見つかるまでは手元に置いておかなければなりませんし、取引や宅配の手配は少々面倒ですが、自分の希望価格で売れるので試してみる価値はあるでしょう。

人に譲る

リサイクルショップやネットオークションで売れなかった物は、誰か周りに欲しい人がいないか考えてみてください。
もちろんお金を取って譲るわけにはいきませんが、お金を払って処分するよりずっとお得です。
自分の大切にしていた物を使ってくれる人がいると思えば、処分しやすいのではないでしょうか。

4.捨てられない物は預けるという手も

中には「使っていないけれどどうしても捨てられない物」もあるでしょう。
しかしそういった物を置いたままにしておくと、いつまでも部屋はきれいになりません。
そんな時は「トランクルームに預ける」という手もあります。
好きな時に出し入れが可能だったりセキュリティの完備されたものもありますので、大切な物の保管場所としては最適です。
必要になった時、収納スペースに余裕ができた時まで預けてみてはいかがでしょうか。
それほど広さのないトランクルームであれば、格安でレンタルが可能ですよ。
もし近くにトランクルームがあるなら、一度はチェックしておくことをおすすめします。

5.まとめ

部屋をきれいにする方法についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

  • 部屋が汚くなってしまう原因
  • 部屋をきれいにするためのポイント
  • 不要なものを処分する方法
  • 捨てられないものは預けるという手も

部屋が汚くて困っている人、部屋をきれいにする方法を知りたいという人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。
部屋を常にきれいな状態にしておくことは、心や体の健康にもつながりますよ。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!