漫画を上手に収納する4つのアイデア。こんな方法も試してみて。

漫画が大好き、という方は多いでしょう。
現在の漫画は巻数が多いものも珍しくありません。
1作品につき、50冊以上になる作品も多いでしょう。
そこで困るのがコミックスの収納方法です。
本棚に収まりきらずに困っているという方もいるでしょう。
そこで今回はコミックスの収納アイデアをご紹介します。
今は電子書籍というものもありますし、自分で本を電子化することもできるんですよ。
また、どうしても本の形で取っておきたいという場合の収納のアイデアもご紹介します。
コミックの収納方法に悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

  1. コミックの収納アイデアとは?
  2. 漫画を電子化してみよう
  3. トランクルームを利用するという方法もある
  4. おわりに

1.コミックスの収納アイデアとは?

この項では、コミックを効率よく収納するアイデアをご紹介します。
今は、コミックス専用の収納グッズもたくさん出ているのです。

1-1.大きな本棚を使う

今は壁一面が収納スペースになる本棚も販売されています。
コミックはいろいろなサイズが出ていますが、天板を移動させてサイズを調節できる本棚もありますので、そのような物を利用してみましょう。
壁一面の本棚を使う場合は、大きくて重い本を下に入れて小さい本を上に入れるのが収納のコツです。
また、よく読み返す本は目線の高さに入れておくと取り出しやすいでしょう。
そして、本棚にぎっしりと本をつめすぎないことも収納のコツです。
常に3割程度の空きを作っておくと、新しい本を買ってもスムーズに収納できるでしょう。

1-2.省スペース本棚を利用する

スライド式本棚や、回転式本棚は少ないスペースでたくさんの本を収納することができます。
ただし、場所によっては取り出しにくい所もあるので、よく読む本を取り出しやすいところに入れましょう。
このような本棚は通販で販売されていることが多く、「何冊入ります」と表示されているものもあります。
しかし、この冊数はあくまでも普通サイズのコミックの場合です。
ワイド判や愛蔵版などはもっと収納冊数が少なくなりますので、注意しましょう。

1-3.押入れを利用して収納する

押入れにいれて引き出して使うタイプの本棚も、コミックの収納に適しています。
また、「読まないけれど取っておきたい」という本がある場合は、ボックスタイプの収納グッズに入れて収納スペースにしまっておいても良いでしょう。
本棚はどれほど大きなものでも、1000冊前後が収納の限度です。
漫画好きの方ならば、数千冊コミックを持っている人も珍しくありません。
読まない本はこのようなしまい方をして、本棚に空きを作ってください。

1-4.定期的に整理することも大切

もう読まない、という本は手放すことも整理の一環です。
幸い漫画の中古市場はとても活発なので、たとえ古い漫画でも買い手がつきやすいでしょう。
コミックを売却するには

  • チェーン店形式の新古書店に売る
  • 漫画専門の古本屋に売る
  • インターネットオークションで売る

という3つの方法があります。
昔ながらの古本屋はコミックを取り扱っていない店もあるので、注意してください。
まだ新しく、雑誌で連載が続いているようなコミックは新古書店で売るとよい値段がつきやすいです。
また、新古書店では、高く買い取るコミックをチラシで宣伝していることもありますから、参考にするとよいでしょう。
漫画専門の古本屋は、逆に絶版になってしまったコミックの方が高く売れやすいです。
今でも販売されている本でも、初版本ならば高値がつくこともあるでしょう。
また、「手塚治虫」や「石ノ森章太郎」など誰もが知っている大御所漫画家の古いコミックは、十万円単位で取引されることもあります。
さらに、インターネットオークションならば少々汚れていたり、冊数がそろっていない漫画でも買い手がつきやすいでしょう。
最初は安い値段からスタートさせると、入札者がつきやすいです。

2.漫画を電子化してみよう

「本を手放したくないけれど、内容が分かれば形状にこだわらない」という場合は、コミックを自分で電子化してみましょう。
パソコンとスキャナーがあれば、誰でも簡単に本を電子化することができます。
コミックの背表紙の部分をカッター等できれいに切り、バラバラになったページをスキャンしていくだけです。
最近は、本を切らずに電子化できるスマートフォンアプリも登場しているので、電子化の雰囲気をつかみたい人はまずはそれで試してみてもいいでしょう。
たくさんの本を電子化したい場合は、裁断機があると便利です。
今は、本を電子化できる場所を提供してくれる業者も出てきましたので、そのような場所を使うという方法もあります。
これならば、何千冊もの本が1枚のSDカードに収まってしまうでしょう。
また、コミックを最初から電子書籍で買えば収納場所に悩むこともありません。

3.トランクルームを利用するという方法もある

  • 今では手に入れない貴重なコミックが何冊もあるが、収納スペースが足りない
  • 捨てたり電子化する決心がどうしてもつかないので、家に収納できないコミックを一時的に預けたい

という場合は、トランクルームを利用してみましょう。
トランクルームは一般の人向けに有料で荷物を預かってくれるサービスです。
個々の収納スペースには鍵もかかり、部外者が侵入しようとした場合は警報装置も作動するので盗難の心配もありません。
また、施設によっては温度管理や湿度管理をしてくれる所もあるでしょう。
「コミックを預けるのにわざわざ部屋を借りるなんて」と思う方もいるかもしれません。
しかし、トランクルームと言っても大きさはさまざまです。
コミックだけを預けるなら、小さなスペースをお得に借りることもできるでしょう。
そこに一旦本を預けて、ゆっくりと対処の仕方を考えてもよいですね。
また、最近は希少本に高値がつく場合も多く、前述したようにコミック1冊に十万円以上の値段がつく場合もあります。
そのような本は盗難の対象になりやすいですので、長期出張などの場合もトランクルームに預けておくとよいでしょう。
トランクルームは全国各地にありますが、できるだけ家の近くに借りた方が荷物の出し入れがしやすいです。
また、出し入れの方法を事前に確認しておくとよいでしょう。
トランクルームの中には職員が出し入れを行う所もあるので、頻繁に荷物を出し入れしたい人は自分で出し入れできるところを選ぶほうがよいですね。

4.おわりに

いかがでしたか?今回はコミックの収納アイデアについてご紹介しました。
まとめると

  • コミックは冊数がたくさんあるものも多いので、できるだけ大きな本棚に収納しよう
  • 読まないけれど取っておきたい本は、ボックス型の収納グッズに入れたり電子化したりしよう
  • 収納スペースがいっぱいだけれど、コミックを取っておきたい場合はトランクルームを利用しよう

ということです。
トランクルームは営業している業者も、営業形態もいろいろあります。
近所に複数トランクルームがあるという場合は、下見をしてよさそうなところを選びましょう。
また、引っ越しの際に荷物を一時的に預かって欲しいという場合も、トランクルームは便利です。
さらに、長期出張で家を1か月以上留守にする場合は、空き巣が心配でしょう。
このような場合も、トランクルームに貴重品を預ければ安心して出発できますね。
コミックは、愛好家にとって財産です。
できるだけよい場所で保管しましょう。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!