衣類の上手な収納方法はコレ! Tシャツやセーターもコツを知ればうまくいく!

衣類は大量になるほど収納が難しくなるので「収納方法に悩んでいる」という人も多いでしょう。
Tシャツやセーターのように着る季節が限られているものは、うまく収納しないと衣替えも大変になってしまいますよね。
どこに何がしまってあるのか分からなくなってしまい「着たい時にすぐ見つけられない」なんてことも。

そんな人たちのために、衣類の収納方法についてご紹介します。

目次

  1. 衣類の収納方法について
  2. 効率よく収納するコツ
  3. 保管時の注意点
  4. 季節衣類はトランクルームを利用しよう
  5. まとめ

1.衣類の収納方法について

まずは衣類を上手に収納することのメリットや、衣類の収納方法にはどのようなものがあるかをご紹介しましょう。

1‐1.上手に収納するメリット

収納スペースが少なくて部屋中に衣類が散乱していることはありませんか?
確かに収納場所が足りないと脱いだ衣類をどこにしまえばいいのか分からず、ついそのまま放置してしまいがちですよね。
しかし収納スペースは工夫次第でいくらでも作れます。
どうしてもスペースがないなら、収納方法をもう一度考えてみてください。
少ない収納でも方法次第でたくさんの衣類を整理できるはずです。
上手に収納できるようになれば、部屋に衣類が散乱することはなくなるでしょう。
いつでも人を呼べるスッキリとした部屋を手に入れ、快適な毎日を送れるはずです。
また、上手に衣類を収納することで、着たいものをすぐ手に取れるようになります。
「あの服が着たいのにどこにあるか分からない」こともなくなるので、着替えの時間も大幅に短縮できるでしょう。
どの衣類がどこにあるのかが分かっていれば、失くしたと思って再び似たような物を購入することもなくなるので、経済的にも大きなメリットがあるはずです。

1‐2.「たたむ収納」と「吊るす収納」

衣類の収納方法は大きく分けて「たたむ」と「吊るす」があります。
たたむ収納のメリットは「型崩れを防ぐ」ことと「ホコリから守れる」という点。
ハンガーに吊るすと衣類が重みで下に引っ張られるため、型崩れしやすくなります。
特にニットのような伸びやすい素材の衣類はたたんで収納した方がよいでしょう。
コンパクトにまとめて収納できるので出し入れもしやすく、たたんで引き出しにしまえばホコリをかぶる心配もありません。
一方の吊るす収納には「収納が簡単」「視界に入りやすいのですぐ見つけられる」というメリットが。
たたんで収納するのは面倒でも、ハンガーに吊るして引っ掛けるだけなら簡単ですよね。
たたんで引き出しに入れておくと「こんな服持ってたのか」ということにもなりがちですが、吊るしておけば一目瞭然で持っている衣類を見渡せます。
ジャケットやコート類は吊るして収納した方がきれいな形を保てるのでおすすめです。

2.効率よく収納するコツ

衣類を効率よく収納するためにはコツが必要です。
これを知っていると今よりずっと収納上手になれますよ。

2‐1.まず不要な服の処分から

効率のよい収納方法を考えるなら、まずは衣類の量を減らして収納しやすくする必要があります。
衣類の量が多ければそれだけ収納は大変になりますので、使っていない衣類をいかに処分するかが重要なポイントになるでしょう。
これを機に1年以上袖を通していない衣類は処分してください。
捨てるのがもったいないなら、リサイクルショップや古着屋さんに買い取ってもらったり、ネットオークションで売るという方法もあります。

2‐2.立てて収納する

たたんだ衣類を重ねて収納することには「取り出しにくい」「シワになりやすい」というデメリットがあります。
さらに、どうしても上の方にある衣類ばかり手に取りやすくなってしまうでしょう。
衣類をコンパクトにたたんで立てて収納すれば、一度にすべてを見通せるだけでなく、取り出しやすくなります。
重ねて収納するよりもずっと収納スペースを広く使えますので、今まで収納しきれなかった衣類もスッキリ入るはずですよ。

2‐3.用途別に収納する

上手な収納のポイントは「取り出しやすさ」と「しまいやすさ」。
しまう場所が決まっていないと「どこにあるのか分からない」という事態に陥ってしまいがちなので、衣類に指定席を決めてあげましょう。
どこにしまうのか決まっていれば、衣類をその辺に放置してしまうこともなくなりますよね。
例えば「よく着るもの」「お出かけ用」というように収納場所を分けたり、シーズン別に分けることで、取り出しやすさとしまいやすさが格段にアップするはずです。

2‐4.収納グッズの活用

最近は100円ショップでも便利な収納グッズが販売されていますので、どんどん活用しましょう。
引き出しの中を小スペースに分ける「仕切り板」を使えば下着などもスッキリ収納できますし、プラスチックのカゴなどに入れておけば衣替えの際にカゴごと取り替えればいいだけなので、大変便利ですよ。

3.保管時の注意点

衣替えをして使わなくなった衣類は、しっかりと保管しておかなければ寿命を縮めることになるでしょう。
衣類を長持ちさせるためにも、シーズンオフになった衣類の保管に注意しなければなりません。

3‐1.カビ対策

衣類を長期間しまいっぱなしにしておくと、カビが生えやすいので要注意です。
カビの主な原因は、きちんと乾燥させずに衣類をしまってしまうこと。
収納前に消臭スプレーをかけ、しっかり乾燥させずにそのまましまってしまうことが原因になることが多いようです。
カビ対策のために以下のことを十分注意してください。

  • しっかり乾燥させること
  • ぎゅうぎゅうに詰め込みすぎない
  • 湿気取りを活用する

3‐2.防虫対策

シーズンオフで保管していた衣類が虫に食われていた、という例は少なくありません。
最近は化学繊維の衣類でも虫が発生することも多いので、防虫対策はしっかり行いましょう。
収納ケースの中には必ず防虫剤を入れ、密閉した状態にしておいてください。

4.季節衣類はトランクルームを利用しよう

「シーズンオフ中の使わない衣類を収納しておく場所がない」という時は、トランクルームを利用するという手もあります。
部屋を整理整頓するために一時的に預ける場所としてもおすすめです。
トランクルームにはさまざまな種類があり、屋外でもコンテナのような大きなサイズからコンパクトなサイズまでそろっています。
屋内だと一部屋サイズからロッカーサイズまでありますので、保管したい衣類の量に合わせて選んでください。
衣類を保管するのに適した、空調管理されたトランクルームもあります。
トランクルームを選ぶ際は、できるだけ自宅から近くて通いやすい場所にしておくのがおすすめです。
自分にとって利用しやすい場所でなければ意味がありませんので、近くにトランクルームがないか探してみてください。

5.まとめ

衣類の収納方法についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

  • 衣類の収納方法について
  • 効率よく収納するコツ
  • 保管時の注意点
  • 季節衣類はトランクルームを利用しよう

「衣類の収納方法に悩んでいる」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!