法人のトランクルーム活用例を知りたい! トランクルームのメリットとは?

トランクルームを利用するのは個人だけでなく、法人も多いでしょう。
トランクルームを利用したい法人に向けて、法人のトランクルーム活用例について説明します。また、トランクルーム活用のメリットや注意点にも注目していきましょう。
活用例を把握しておけば、上手にトランクルームの活用ができますよ。
トランクルームの利用を検討している法人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 法人のトランクルーム活用例
  2. トランクルーム活用のメリット
  3. 法人がトランクルームを利用する際の注意点
  4. まとめ

1.法人のトランクルーム活用例

実際に、トランクルームを借りている法人は、どのような活用例をしているのでしょうか。
具体的な活用例を把握すれば、上手に利用できます。
ぜひチェックしてくださいね。

1-1.事務所・オフィスに入りきれなくなった書類の保管

事務所やオフィスに保管できる書類の量には限界があります。
トランクルームを書類の保管場所として利用している法人は結構いるものです。
書類を事務所・オフィスにためこんでしまうと、ごちゃごちゃになってしまいます。
頻繁に使うことはなくなったけれど、保存したい書類があるでしょう。
過去に扱った重要書類や帳簿書類の保管には、ぜひトランクルームを利用してください。
ダンボールに書類を整理して、トランクルームに保管しておけば安心です。
屋外では防犯設備がゆるいので、心配な場合は屋内のトランクルームがいいでしょう。
重要書類だからこそ、防犯設備が整っているかどうか確かめなければなりません。

1-2.工具置き場にぴったり

住宅設備や工務店を営んでいる人にとって、工具置き場には困ってしまうものです。
お店に置けなくなった工具類の保管場所として、トランクルームを利用している法人もたくさんいますよ。
大きい工具類ならば、屋外に置くことができるでしょう。
効率的な活用をしている法人の中には、作業現場の近くにあるトランクルームを借りています。作業現場の近くに工具類を置いておけば、持ち運びも楽にできるでしょう。
わざわざお店から運ぶ必要もありません。
駐車スペースがある屋外とランクルームなら、車にそのまま積み込みができます。
トランクルームの用途も、とても幅広いことがわかるでしょう。

1-3.会社の商品・備品の保管場所に

会社が発売している商品や備品の保管場所としても、トランクルームは最適です。
まだ、起業してから数年しか経っていない法人は、自分たちの倉庫を持つ余裕がないでしょう。そこで、毎月の利用料金さえ支払えば、倉庫の1つとしてトランクルームが利用できます。
会社の商品・備品をそのままトランクルームに保管できますが、ダンボールに収納して保管した方がいいでしょう。
なかなかオフィスや事務所に置くことができない商品・備品があれば、ぜひトランクルームを利用してくださいね。
また、オフィスや事務所の移転で一時的に保管しておきたい荷物があれば、トランクルームに保管するのも1つの方法ですよ。
一時的な保管に最適な場所になるでしょう。
保管場所に困っている人は、ぜひ利用を検討してくださいね。

2.トランクルーム活用のメリット

2-1.社内コストが削減できる

法人がトランクルームを活用するメリットはたくさんあります。
1つが、「社内コストが削減できること」です。
何が社内コストの削減につながるの?と疑問に思う法人もいるでしょう。
たとえば、書類専用の保管倉庫を持っていない法人によって、トランクルームは大きなメリットになります。
文書保管にかかるコストがまったくかからないので、大幅にコストが削減できるでしょう。
オフィスにためこんでいた文書を整理して、トランクルームに保管できますね。
スペースコストはもちろん削減できるでしょう。
また、書類で圧迫していたオフィスがスッキリできるメリットもあります。
オフィス空間を有効活用できるのでおすすめです。
仕事の効率化はもちろんのこと、オフィスの雰囲気がよくなります。

2-2.快適なオフィス環境になる

多くの企業が賃料の高いオフィスにものを置くのではなく、トランクルームを利用して不要なものを保管しています。
トランクルーム活用のメリットは、「社内コストの削減」だけではありません。
オフィスに不要なものをなくし、常にキレイで好印象のオフィスを保つことができます。
急な来客がオフィスにやってきたとき、ごちゃごちゃになっている汚いオフィスを見ると悪い印象を受けるでしょう。
うまくいっている法人ほど、オフィスをキレイにしています。
ごちゃごちゃになっているオフィスを片付けたい、整理整頓をしたいと考えている法人は、ぜひトランクルームを利用してください。

3.法人がトランクルームを利用する際の注意点

3-1.防犯設備がきちんと整っているかどうか

機密情報に関係する重要書類をトランクルームに保管する場合、「防犯設備」に注目しなければなりません。
防犯設備が整っていないところに重要書類を保管すると、トラブルにあってしまいます。
カギはついていますが、カギを壊す泥棒もいるのです。
漏らしたくない書類を保管する場合は、防犯設備が整っている屋内のトランクルームを利用しましょう。
屋外トランクルームは、防犯設備が整っていないのでおすすめしません。
屋内でも24時間警備体制が整っているところ、セキュリティカードがないと通ることができないトランクルームを利用してください。
防犯設備が整っている分、毎月の使用料金は高くなってしまいますが、安心して預けるためには大切なことです。
使用料金を確認しながら、防犯設備もチェックしてくださいね。

3-2.契約内容の違い

個人と法人では、トランクルームの契約が異なります。
個人は、身分証明書と印鑑さえあれば借りることができるでしょう。
しかし、法人の場合は、「社判」が必要になるので要注意です。
会社で使う印鑑を契約書にきちんと押さなければ、契約できません。
また、法人として営業の許可を得た証しになる「登録簿」も必要になるでしょう。
トランクルームのメリットには、契約しやすい特徴を持っています。
しかし、契約しやすいのは個人の場合だけです。
法人でトランクルームを契約する場合は、契約が少々やっかいになっているので注意してくださいね。
契約内容をきちんと確かめてから、トランクルームの契約をすることがポイントです。
後でトラブルにならないためにも、事前にチェックすることが大切になるでしょう。

4.まとめ

法人のトランクルーム活用例、トランクルーム活用のメリットや注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
賃料が高いオフィスビルで起業した法人にとって、商品や備品が保管できるトランクルームは、とても効率的な保管場所になります。
社内コストの削減にもつながるので、トランクルームを利用する法人も増えてきているのです。

  • 事務所、オフィスに入りきれなくなった書類の保管
  • 工具置き場に最適
  • 会社の商品や備品の保管場所になる
  • 社内コストが削減できる
  • 快適なオフィス環境になる
  • 防犯設備が整っているかどうか
  • 法人と個人では契約内容が異なる

以上のポイントは、ぜひ押さえておいてください。
トランクルームを運営している会社によっては、月々の使用料金やサービス内容、契約内容が異なるので、事前に確認しておきましょう。
トランクルームを上手に活用するためにも、基礎知識を身につけてください。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!