部屋が狭い人必見! ベッド下を活用した収納方法で問題解決!

「収納スペースが足りない」とお困りではありませんか?
モノは増える一方なのに、収納する場所がない…。
出しっぱなしにしていると、部屋が乱雑に見えてしまいますよね。
そんなときは、ベッド下を活用して収納スペースにしてしまいましょう。
ベッド下収納は、コツさえつかめば部屋の中をスッキリ見せることができておすすめです。

そんな人たちのために、ベッド下収納のコツや注意点をまとめてみたいと思います。

目次

  1. ベッド下収納のメリット
  2. ベッド下収納のコツ
  3. ベッド下収納の注意点
  4. まとめ

1.ベッド下収納のメリット

まずは、ベッド下を活用して収納スペースにすることにどのようなメリットがあるのかまとめてみました。

1-1.部屋を広く使える

ベッド下を収納スペースにする最大のメリットは、やはり「部屋を広く使える」ということです。
「一人暮らしで部屋が狭い」「家族が多いのに部屋数が少ない」など、部屋の広さに関する悩みを持っている人は多いでしょう。
生活をしていくうえで、モノは増えていきます。
収納スペースを作るためにタンスを置いたら、部屋がますます狭くなってしまうでしょう。
ベッド下収納は、そんな悩みを解決してくれます。

1-2.大きなモノも収納できる

ベッドは大きいので、ベッド下のスペースは広く使うことができます。
このスペースを収納場所として使えたらうれしいですよね。
クローゼットやタンスの中に収納できないような大きなモノでも収納することができるでしょう。

1-3.普段使わない部分を活用できる

ベッド下のスペースは、収納以外に使い道がなかなかありません。
「部屋が狭くてもベッドは置きたい…」そんな人にとって、ベッド下はもったいないスペースです。
そんな「普段使わないデッドスペース」を活用して、モノを収納することができます。

2.ベッド下収納のコツ

次に、ベッド下を活用した「上手な収納のコツ」をご紹介しましょう。
思わぬ方法で意外なモノまで収納できる可能性がありますよ。

2-1.収納ケースにもこだわりを

ベッド下は目に見える場所です。
スペースがあるからと言ってそのままモノを押し込んではいけません。
見た目と使いやすさを重視したケースに入れて収納しましょう。
たとえば、クリアケース。
横に引いて開けるタイプや、上が開くタイプのケースがあります。
中身によって、使い勝手の良い方を選ぶようにしましょう。
また、防臭機能付きの収納ケースを使うのもおすすめです。
長期間使わないモノを収納しておいても安心でしょう。
さらに、インテリアの一部になることを考えて、デザインにもこだわりたいところです。
オシャレなデザインの収納ボックスを使えば、部屋の雰囲気も一新しますよ。

2-2.キャスター付きだと便利

頻繁に出し入れするモノを収納したいなら、キャスター付きの収納ケースを使うべきです。
大量の本など重たいモノを収納するときも、キャスターが付いていれば簡単に出し入れできますよね。
出し入れが簡単だと、ベッド下を掃除するときもとても楽です。
床が傷つかないように、下にマットを敷くことを忘れないでください。

2-3.ベッドを高くすれば収納スペースも広がる

「せっかくだから収納スペースをもっと広くしたい」という人におすすめなのが、ベッドを高くする方法です。
脚部分にはめてベッドを高くするためのグッズが売っています。
ぜひチェックしてみてください。
この方法によって収納ケースを2段重ねてしまえるようになり、収納できる量もグッと増えますよ。

2-4.引き出し付きベッドを購入する場合

もともとベッド下に引き出しが付いたベッドを購入すれば、収納がもっと楽になります。
サイズの異なる引き出しがいくつかタイプや、大型のモノをそのまま収納できる仕切りのないタイプのベッドなど、さまざまです。
ベッド下をどのように活用したいのか、何を収納したいのかをよく考えてから選ぶようにしてください。

3.ベッド下収納の注意点

ベッド下収納は大変便利ですが、注意しなければならない点がいくつかあります。
最後に、ベッド下収納の注意点をご紹介しましょう。

3-1.湿気対策が必要

ベッド下収納はとても便利ですが「湿気がたまりやすい」という点が最大のデメリット。
睡眠中にかいた汗はベッド下に湿気としてたまります。
大切な衣類などを収納するときは、特に注意が必要でしょう。
ほかにも、本や写真などは湿気によるダメージを受けやすくなります。
湿気対策に一番効果的なのは「換気」です。
頻繁に出し入れすることで換気につながるため、日常的によく使うモノと一緒に収納することをおすすめします。
また、除湿剤を入れておくことを忘れないようにしましょう。
少しでも通気性をよくするために、あまりモノをつめこまず、隙間を開けるようにすることも大切です。

3-2.ほこりがたまりやすい

ベッド下は掃除しにくいため、ほこりがたまりやすいのが特徴です。
そんなほこりのたまりやすいスペースに収納するのですから、より注意が必要になるでしょう。
対策としては、掃除しやすいように収納すること。
キャスター付きの収納ケースを利用するなど、ベッド下も簡単に掃除機をかけることができるような工夫が必要です。
湿気とほこりはダニやカビの原因になります。
この2点については十分注意が必要でしょう。

3-3.収納付きベッドの選び方

もともと収納の付いたベッドも販売されています。
収納スペースを増やすためにわざわざベッドを買い替える必要はないでしょう。
しかし、「これからベッドを購入しようと思っている」「収納付きのベッドを買いたい」と思っている人のために、収納付きベッドの種類や選び方のポイントをご紹介します。
まず、マットの下がすべて収納スペースになるタイプのベッド。
マットレスをはずすと大きなボックスのようになっており、中に収納できます。
大きなモノをそのまま収納することもできますし、ボックスやカゴを使って仕切る方法もおすすめです。
次に、下が引き出しになっているタイプのベッド。
自分で収納ボックスを用意する必要もありませんし、マットレスをはずすタイプと比べて出し入れが断然簡単です。
そして、ロフトベッドの下が収納場所になるタイプのベッド。
ロフトベッドは高さがあるため、その下をクローゼットにする方法や、デスクを入れて空間を有効活用する方法があります。
部屋の使い方や収納したいモノは何なのかを考えて、自分に合ったベッドを選ぶようにしてください。

4.まとめ

ベッド下収納のコツをご紹介しました。

  • ベッド下収納のメリット
  • ベッド下収納のコツ
  • ベッド下収納の注意点

「部屋が狭くて収納スペースが足りない」「ベッド下を活用した収納方法を知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!