季節ものの収納方法が知りたい! 収納スペースがなくても収納できるコツ

季節ものは、使う時期が終われば収納します。
収納したいけれど、収納スペースがない場合、困ってしまうでしょう。
収納スペースがなく困っている人は、要チェックです。
これから、季節ものを収納する方法について説明します。
季節ものの収納をするコツや種類別の収納方法が知りたい人は、ぜひチェックしてくださいね。収納スペースがない場合でも方法やコツさえ把握すれば、上手に収納できるでしょう。

目次

  1. 季節ものを収納するコツ
  2. 種類別の収納ポイント
  3. 収納で困ったときの対処法
  4. まとめ

1.季節ものを収納するコツ

季節ものを収納するコツや方法について説明します。
シーズンにしか使わないものだからこそ、上手に収納しなければなりません。
「収納できるスペースがないから…」と不安に思っている人でも、コツをつかめば収納できますよ。

1-1.1つのボックスに収納する

狭いクローゼットの中やタンスでも、収納アイテムを利用すれば季節ものが収納できます。
収納する際におすすめしたいのが、「収納ボックス」です。
ホームセンターや雑貨店でも売っていますが、できるだけ費用を抑えたいならば100円均一を利用してください。100円均一では、さまざまな収納ボックスが手に入りますよ。
できるだけ、1つのボックスに、季節ものをわけて収納していきましょう。
季節によって異なるシーツやカバー類を入れていってください。
季節ものにわけておくと、取り出しやすくなりますよ。
また、布団や大きめのシーツは余分なスペースをとってしまうでしょう。
効率的に収納するためにも、「衣類圧縮袋」を利用してください。
「衣類圧縮袋」を利用すれば、袋の中にある空気をすべて抜くことができます。余分なスペースをとることもありません。
衣替えの場合も、衣類圧縮袋が大活躍します。

1-2.押し入れに収納する場合は、「タフキャリー」がおすすめ

収納スペースがないと困っている人は、押し入れやクローゼットを有効活用しましょう。
押入れやクローゼットがごちゃごちゃになっている場合、すべて入っているものを出してください。そして、「タフキャリー」に収納していきましょう。
タフキャリーは、下にキャリーがついている容量が大きいボックスです。
キャリーがついているので、出し入れしやすくなるのが大きなポイントになります。
スポーツ用品やアウトドア用品を収納するにも最適なアイテムですよ。
アウトドア用品の場合は、倉庫や車庫に収納しますが、タフキャリーを使えばまとまりやすくなるでしょう。
また、押し入れやクローゼットの上も有効活用してください。
上に置く場合、キャリーがついているのは向いていないため、取り出しやすい取っ手がついているものがおすすめです。

1-3.ふすまをなくす

押し入れのふすまをなくすのも、収納のコツになります。
あえてふすまをなくすことで、「キレイに収納しなければならない」意識を高く持つことができるでしょう。
いつも収納がごちゃごちゃになってしまう人は、思いきってふすまをとってください。
自然とものがキレイに収納できるのはもちろん、部屋の中が広く感じることもできます。
見た目もおしゃれにできるので、おすすめです。
洋服を収納する際は、ハンガーラックを使うのも1つの方法になりますよ。
ハンガーラックを使えば、形を崩したくない洋服でも上手に収納できるでしょう。

2.種類別の収納ポイント

2-1.庭のスペースを利用する

アウトドア用品やひな人形などの行事品、家電は大きいサイズで収納に困ってしまいます。
一軒家であれば、屋根裏や家の裏にある収納部屋、車庫を利用して収納できるでしょう。
庭にスペースがあれば、倉庫を購入して収納場所をつくることができます。
そとで使うアウトドア用品やスポーツ用品は、家の中に収納したくない人も多いでしょう。
家の中に入れると汚れてしまいます。
家を汚さないためにも、そとに倉庫を置くことも収納ポイントです。
ただし、アウトドア用品・スポーツ用品・ひな人形などの行事品を収納するときは、きちんとキレイにしてから収納してくださいね。
キレイにしなければ、次回使えなくなってしまいます。
来年も同じように使うためにも、キレイにすることが大切です。

2-2.収納場所を決めておく

扇風機や加湿器は、季節ものの中でも高価な家電になるでしょう。
高い家電は、ずっと使い続けていきたいですよね。
もちろん、収納する前に掃除することは収納のポイントになります。
掃除と同時に、もう1つ心得てほしいことが、「収納場所を決めておくこと」です。
収納場所を決めておくことで、次回使うときもスムーズに取り出すことができるでしょう。収納場所を決めず、あちこちに置いてしまうとごちゃごちゃになってしまいます。
種類別に収納しつつ、表から見てもわかるようにボックスには何が入っているのか「シール」を貼っておきましょう。
シールをボックスやキャリーの表に貼っておけば、わざわざ中身を調べる必要もありません。
季節ものの種類別ごとにポイントを押さえておいてください。

3.収納で困ったときの対処法

3-1.要らないものは処分する

季節ものの収納をする際、要らないものを処分するチャンスです。
収納方法やコツをつかんでも、なかなか収納スペースが確保できない場合、思いきって要らないものを処分してください。
ずっと使っていない季節ものがあれば、捨てましょう。
要らないものを処分することも、大切な収納ポイントになります。
季節ものを収納する前に、来年も使う機会があるかどうか考えてくださいね。
新しいものを購入した場合、購入した分捨てると効率的に収納スペースが確保できます。

3-2.トランクルームを利用する

どうしても捨てることができない、けれども収納スペースが家にない場合、「トランクルームの利用」がおすすめです。
トランクルームは、屋外・屋内とさまざまなタイプがあります。
自分が収納したい季節ものによって、トランクルームの場所・大きさを選んでください。
屋外のトランクルームは屋内よりも料金が安く、収納スペースが大きいです。
一方、屋内のトランクルームは、空調管理がしっかりしている、防犯に強い、ワンボックスタイプなど、さまざまな設備が整っています。
トランクルームの業者によってもサービス内容は異なるので、利用する前にチェックしておきましょう。
洋服や行事品を保管するなら室内が最適ですし、アウトドア用品やスポーツ用品などは屋外でも大丈夫です。
どのような季節ものを収納するのか考えながら、適切なトランクルームを利用しましょう。

4.まとめ

季節ものを収納するコツ、種類別の収納ポイント、収納で困ったときの対処法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
収納スペースがないと困っている人は、収納場所を効率的に使っているかどうか再確認する必要があります。
コツや収納方法をマスターしておけば、効率的な使い方ができるでしょう。
また、どうしても収納スペースが確保できないとき、「トランクルームを利用する」方法があります。
月額制で借りることができるトランクルームは、収納場所に最適です。

  • 1つのボックスに季節ものを収納する
  • 押し入れやクローゼットの収納は「タフキャリー」がおすすめ
  • ふすまをなくして収納する
  • 庭のスペースを利用する
  • 収納場所を決める
  • キレイに掃除してから収納する
  • 要らないものは処分する
  • トランクルームを利用する

以上は、ぜひ押さえておきたいポイントになります。
トランクルームを利用する場合は、サービス内容や月額料金を確認してから契約してくださいね。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!