ワンルームの収納アイデアを一挙紹介! トランクルームを活用する方法も

ワンルームだからうまく収納できない、収納スペースがそもそも狭いから仕方がない……と収納を諦めているのではないでしょうか。ワンルームであっても工夫しだいでは上手に収納できますし、オシャレな空間を作り出すことができます。しかし、持っているものが多すぎると、なかなか収納も難しく悩んでしまう方が多いでしょう。

そこで、本記事では、ワンルームの収納アイデアとポイントなどを解説します。

  1. ワンルームの収納アイデアを紹介
  2. ワンルームの収納に役立つグッズを紹介
  3. トランクルームを活用する方法も
  4. ワンルームの収納に関してよくある質問

この記事を読むことで、トランクルームを活用する方法やポイントも分かります。収納に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.ワンルームの収納アイデアを紹介

最初に、ワンルームの収納アイデアをいくつか紹介します。

1-1.デッドスペースを活用する

ワンルームの収納スペースはとても狭い空間になっているので、必要なものを収納できずに悩んでいる方が多いと思います。けれども、実は、ワンルームでもデッドスペースを活用すれば上手に収納できるのです。デッドスペースとは、シンク下・ベッド下・棚の上半分・収納扉の裏側・洗濯機の横・押入れの奥側や上部などがあります。家の中で利用できていない空間や有効に使えない無駄な場所をデッドスペースといい、ワンルームにもたくさんのデッドスペースがあるはずです。収納に使える場所がないかどうか、もう一度室内を見渡してみてください。

1-2.吊(つる)して収納する

ワンルームの収納アイデアとしては、吊して収納する方法があります。たとえば、洗面台の下にデッドスペースがある場合、足元の壁に吸盤フックを取り付けるといいでしょう。そこに、ドライヤーとヘアアイロンなどを吊して収納できますし、住宅用洗剤のスプレーなどもかけることができます。床に置くことがないので空間のスペースを収納スペース代わりになりますし、ワンルームという省スペースでも収納が可能です。

1-3.壁面収納もおすすめ!

収納スペースが足りずに悩んでいる方は、壁面収納がおすすめです。ワンルームは洗面所と風呂場が一体化しており、収納スペースが十分にありません。そのようなときは、壁面を収納スペースにしましょう。100円均一ショップでは、壁にかけられるものや吸盤グッズなどがあります。それらを活用すれば、壁面に石けんや洗剤などが収納でき、収入力がアップできるでしょう。また、キッチンでも、壁面を使って料理グッズが収納できます。

1-4.DIY棚を設置する

保管場所や収納場所を増やしたい場合は、DIY棚を設置するといいでしょう。たとえば、玄関に靴を置くスペースが足りなくなったとき、棚を作って靴を見せるように収納します。工作が苦手な型でも、突っ張り式の木材や金具などを活用することで簡単にDIY棚が作れるでしょう。100円均一ショップでもいろいろな木材が売られているので、ぜひチェックしてみてください。DIY棚は玄関だけでなく、キッチンや洗面所でも活用できます。上下の空間を生かして、天井にまで収納スペースを作ることもできるでしょう。

1-5.収納できる家具を選ぶ

ワンルームの収納アイデアとして、収納できる家具を選ぶことも大切なポイントです。ワンルームに配置できる家具も限られているため、収納を最大に増やすためにも家具選びはとても重要といえるでしょう。たとえば、収納付きのベッドを使ったり、リモコンや雑誌などが置けるテーブルを活用したりするなどです。家具を購入する機会があれば、プラスαの家具を選ぶようにしましょう。また、現在使っている家具の下に空間がある場合は、そこにケースやプラスチックといった収納グッズを設置するだけでも収納力がアップします。

2.ワンルームの収納に役立つグッズを紹介

ここでは、ワンルームの収納に役立つグッズをいくつか紹介します。

2-1.突っ張り棒

ワンルームの収納に役立つアイテムとしては、突っ張り棒が代表的です。突っ張り棒は収納グッズとして幅広く活用されており、テレビ番組でもよく登場しています。シンク下に洗剤や日用品を収納することが多いと思いますが、上部の空間を持て余してデッドスペースになっているケースが多いでしょう。そこに突っ張り棒を設置するだけで、吊して収納ができるのはもちろん、スプレー等をかけることもできます。また、シンク下に限らず、デッドスペースに突っ張り棒を設置し、そこに棚板を置くだけでも収納スペースになるでしょう。

2-2.吸盤フックと磁石

壁面収納や扉の裏に収納する際に役立つのが、吸盤フックと磁石です。前述したように、吸盤フックはさまざまなアイテムを引っ掛けたり、コードを吊したりすることに役立つでしょう。そして、磁石は扉裏の収納にぴったりです。たとえば、キッチン下の扉へラップ系を収納する際、磁石を活用することで簡単にできます。磁石は冷蔵庫といった家電製品にも貼り付けることができるため、調味料を入れた缶を磁石に貼り付けて収納するのが可能です。そのほか、さまざまな壁面収納グッズが発売されているので、ぜひチェックしてみてください。

2-3.ラックとネットの収納カゴ

オープン式のスチールラックなどは、デッドスペースを生かすことができるグッズとなります。たとえば、洗面台収納が不足しているとき、お風呂アイテムやタオル・選択グッズなどを一緒に保管できるでしょう。洗剤類は詰め替えボトルに入れてサイズとデザインを統一すれば、さらにスッキリします。生活感を出したくない方は、フェイクグリーンや目隠しになるポスターを飾るといいでしょう。中には、カーテンをかけて目隠しをするアイデアもあります。
そして、ネットの収納カゴも便利な収納グッズです。ワイヤーネットと一緒に活用することで、縦のデッドスペースを上手に生かせるでしょう。ラックのタイプが異なっていたとしても、サイドにワイヤーネットを取り付けるだけで同じようにすることができます。

2-4.キッチンワゴン

ワンルームはキッチンスペースも狭く、作業スペースがない場合がほとんどでしょう。そのようなときはキッチンワゴンが役立ちます。キッチンワゴンは調理に必要な道具が収納できるだけでなく、作業スペースも確保できる優れものです。ローラーで移動できるタイプのキッチンワゴンを活用すれば、自由に移動できるでしょう。また、ワゴンタイプはキッチンだけでなく、コスメ用品・文房具などの置き場所としても活用できます。省スペースのワンルームには便利なアイテムですので、ぜひ使用してください。

3.トランクルームを活用する方法も

ここでは、トランクルームを活用する方法について説明します。

3-1.トランクルームはもう1つの収納スペース

どうしてもワンルームに収納できない場合は、トランクルームを活用してみてはいかがでしょうか。トランクルームは、自宅収納の延長として利用できる収納サービスのことです。基本的に、自分が利用したトランクルームの施設を選び、月額料金を支払いながら収納スペースをレンタルすることにあります。月々の料金はトランクルームの種類・大きさ・場所などによって異なるため、予算と見合わせながら最適なトランクルームを選ぶのがポイントです。

3-2.トランクルームの種類は屋内と屋外タイプ

トランクルームにはさまざまな種類がありますが、大きく分けると屋内と屋外の2種類があります。屋外のトランクルームとして代表的なのは、空き地などに設置されているコンテナです。コンテナは気候の影響を受けやすい傾向があるため、湿度や雨風にも強いものの収納に向いています。一方、屋内のトランクルームは空調設備が整っているので、衣類・靴・バッグ・貴重品などの収納に最適でしょう。また、屋内のトランクルームは防犯設備も充実しているところがあり、大切なものも安心して預けることができます。収納したいものに合わせて最適なトランクルームを選んでください。

3-3.トランクルームの料金相場は約5,000~20,000円

トランクルームの種類や大きさによって異なりますが、月々の料金相場は約5,000~2万円です。あくまで目安となるため、もっと安いところもあれば高いところもあります。たとえば、駅から近いトランクルームほど高くなり、駅から遠いトランクルームほど高くなりがちです。また、屋内型のトランクルームは相場が2,000~7,000円程度ですが、屋内型は3,000~20,000円が相場となります。屋内が屋外がどうかでも月々の料金は変わってくるので注意が必要です。

3-4.トランクルーム業者選びのポイント

どのトランクルーム業者を選べばいいのか分からないときは、以下のポイントを参考にしてください。

  • トランクルームの種類が豊富か
  • サービス内容が充実しているか
  • 防犯設備や空調設備が整っているか
  • 管理費や事務手数料などの手数料がかからないか
  • 月々の料金が明確になっているか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 口コミや評判がいいか

東京都を中心にトランクルームを展開しているアルファトランクでは、多数のトランクルームを扱っています。気になっている方は、ぜひ一度お問い合わせください。

4.ワンルームの収納に関してよくある質問

ワンルームの収納に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.極力ものを増やさないコツは?
A.ワンルームでものをうまく収納するためには、極力ものを増やさないことが大切です。ものを増やさないためにも、まずは自分が今持っているものを見直してみましょう。中には、すでに使っていないものや要らないものもあるはずです。1年以上使っていないものは今後も使う機会がないものですので処分しましょう。また、新しく購入したものがあれば、古いものを捨てて収納スペースを空けるのもポイントの1つです。

Q.ワンルームで衣類を上手に収納するコツは?
A.クローゼットに収納できない場合は、ハンガーラックを活用するといいでしょう。ハンガーラックに服をかけて収納することで、クローゼットに収まりきれない衣類も上手に片付けることができます。また、服を色別にまとめたり、ハンガーのデザインを統一したりすることも収納のコツです。

Q.ミニキッチンの収納力をあげるアイデアは?
A.キッチン下のスペースを上手に使いたい方は、引き出せる収納棚がおすすめです。そこに炊飯器といった家電製品も置くことができますし、必要なときに引き出すこともできます。普段はカーテンなどで目隠しをしておけば、生活感が出ることもありません。そのほか、扉裏収納や壁面収納なども上手に活用するといいでしょう。

Q.トランクルームを利用する際の注意点は?
A.月々の料金がいくらかかるのか、必ずチェックすることです。トランクルーム業者の中には、事務手数料や管理費など手数料を高く設定しているところがあります。手数料は月々の料金に加算されることになるため、負担になってしまうでしょう。毎月支払うものですから、極力事務手数料がかからない業者を選んでください。また、トランクルームをレンタルする前に、しっかりと空調設備が整っているか現場を確認するのがおすすめです。

Q.トランクルームをレンタルするまでの流れは?
A.大まかな流れは以下のとおりとなります。

  1. ホームページ等で申し込みをする
  2. 申込書・契約にあたっての確認事項をメールまたはFAXで確認する
  3. 申込書に必要事項を記入し、本人確認書類と一緒に業者へ送る
  4. 精算書を確認し、必要な金額を入金する
  5. 宅配便で送られてくるトランクルームのカギ・契約書・口座引落依頼書を確認する
  6. 返信用封筒に契約書1部・口座引落依頼書・本人確認書類のコピーを入れて送れば完了

トランクルーム業者にとっては流れが異なる場合があるため、事前にしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

ワンルームは省スペースですので収納に困っている方が多いのですが、上手に収納している方は断捨離を定期的に行っています。要らないものを処分することが、ワンルーム収納のポイントといえるでしょう。ただ、中にはどうしても捨てられなかったり、収納がうまくできなかったりすることもあるはずです。そのようなときには、トランクルームを活用するといいでしょう。トランクルームはもう1つの収納スペースですので、家に入りきれないものが収納できますよ。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!