リビングが散らかって困る!!簡単にできる収納アイデアとは?

リビングは家族が集まる団らんの場であると同時に、最も散らかりやすい場所でもあります。
せっかく時間をかけてきれいにしても、汚れるのは一瞬ということもあるでしょう。
そこで、今回はリビングをきれいにたもつ収納アイデアをご紹介します。
リビングはなぜ散らかりやすいのか?
それが分かれば、片付け方も工夫できるのです。
また、リビングに置くべきものと置いておいてはいけないものもご紹介しましょう。
リビングが散らかって困っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. リビングはなぜ散らかりやすいの?
  2. リビングを散らかさないための収納アイデアとは?
  3. 寝る前にテーブルの上を片付ける習慣をつけよう
  4. おわりに

1.リビングはなぜ散らかりやすいの?

収納アイデアをご紹介する前に、リビングが散らかりやすい理由をご紹介しましょう。
お心当たりがある方も多いのではないでしょうか?

1-1.家族の私物が集まる

リビングで、一家団らんをするご家庭は多いでしょう。
各自が自分の私物で好きなことをしている時間も、少なくないはずです。
そんな家族の私物が、いつのまにかリビングにたまってしまいます。
「片付けてもいつのまにか散らかる」理由は、家族が好き勝手に私物を持ってきてリビングに置きっぱなしにするから、というご家庭も多いですよ。

1-2.収納スペースがない

リビングには、そもそも収納スペースがない家が多いです。
ですから、収納家具を置いているご家庭もあるでしょう。
しかし、クローゼットや押し入れに比べれば収納力が劣ります。
さらに、家族が無造作に私物を収納家具に入れれば、あっというまにぐちゃぐちゃになってしまうでしょう。

1-3.家具をたくさん置いてしまう

リビングに置く家具といえば、ダイニングテーブルにソファーというご家庭が多いです。
どちらもある程度の大きさがありますね。
現在の家は、リビングが10畳以上あるのが普通です。
中には20畳以上ある家もあるでしょう。
ですから、「少々大きな家具を置いても大丈夫だろう」と思いがち。
しかし、ダイニングテーブルとソファーセットを置くと、15畳以上あるリビングでも少々狭く感じます。
また、大きな家具を置くとますます収納スペースが少なくなるでしょう。
ですから、ソファーやテーブルの上に私物を置きっぱなしにすることが多くなります。
そうなると、なおさら散らかって見えるでしょう。

1-4.ものの住所が決まっていない

リビングに置いてあるものは、家族全員が使うことが多いです。
しかし、ものをしまってある場所がコロコロ変わると、どこにしまってよいか分かりません。
その結果、テーブルやソファーの上に「とりあえず」と置かれがちです。
特に、ダイニングテーブルが広いほど、私物や共有物が置かれがちになるでしょう。

2.リビングを散らかさないための収納アイデアとは?

では、これをふまえてリビングが散らからない収納アイデアをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

2-1.家族の私物は量を決める

家族の私物は可能な限り、自分の部屋で管理してもらいましょう。
しかし、部屋がなかったり収納スペースに置き切れなかったりする場合もあるでしょう。
そこで、ひとりずつかごやケースを用意して、私物はその中にしまってもらいます。
そうすれば、片付けもかごやケースを重ねたりしまったりするだけでよいでしょう。
また、かごやケースの置き場所も決めると、テーブルの上に出しっぱなしになることもありません。

2-2.共有物の住所を決める

家族全員で使うものは、置き場所を決めましょう。
文房具など細かいものは、空き箱などを利用してまとめておきます。
そして、ひんぱんに使うものほど取りだしやすい位置に置きましょう。
そうすれば、テーブルの上などに出しっぱなしになっていることもなくなります。

2-3.洋服やバッグはリビングに置かない

リビングが応接間を兼ねている、という家は多いでしょう。
お客様をお招きするときは、生活感のあるものはできるだけ隠したいものです。
ですから、洋服やバッグなどはできるだけリビングに置かないようにしましょう。
「また使うから」とソファーの上にバッグや洋服を放り出しておけば、家族全員がそれをまねします。
バッグなどは別の部屋や廊下に置き場所を作りましょう。
服も同様です。
どうしても置いておきたい場合は、すぐに片付けられるようにかごなどに入れておきましょう。

2-4.収納はしまいやすく出しやすいのが一番、と考える

オシャレな収納にあこがれている人は多いでしょう。
モデルルームのように「見せる収納」ができれば、すてきです。
しかし、「見せる収納」はテクニックが必要。
放っておくと、テーブルやソファーの上がすぐにものでいっぱいになってしまうのなら、まだ挑戦しない方がよいでしょう。
とにかく、入れやすく出しやすい収納を心がけてください。

2-5.むやみに収納家具を増やさない

リビングがちっとも片付かないと、「収納家具を買ってくれば、すっきり片付くかも」と思う人もいるでしょう。
しかし、収納家具を増やしても、乱雑にものを詰めこめば片付きません。
収納家具を買う場合は、「どこに置いて、何を、どのように」収納するかを考えてから買いましょう。
無造作にカラーボックスなどを、あいているスペースに置いてはいけません。

3.寝る前にテーブルの上を片付ける習慣をつけよう

テーブルやソファーの上などものを置きやすい場所は、散らかりやすい場所でもあります。
特に、テーブルは散らかりきってしまうと片付けるのも大変です。
そこで、夜寝る前にテーブルの上を片付ける習慣をつけましょう。
できれば、家族全員で行うとよいですね。
そうすれば、すっきりとした気持ちで朝を迎えられます。
「文房具などをしょっちゅうテーブルの上で使う」という場合は、持ち運びできる収納グッズの中に使うものを入れ、収納グッズごと出し入れしてください。
そうすれば、一回で片付けが終了します。
テーブルの上で食事ができないほどものがたまってしまえば、片付けるのも大変です。
しかし、毎晩行えば、10分程度で終わるでしょう。
また、郵便物もそのときに整理します。
必要なものはまとめて収納グッズの中にしまっておいてください。
DMのたぐいはそのままゴミ箱へ。
そうすれば、「あれどこだったっけ」ということもなくなります。
テーブルの上が常にきれいだと、ほかの場所も「きれいにたもちたい」という気持ちが強くなるでしょう。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回は、リビングの収納アイデアについてご説明しました。
まとめると

  • リビングは収納スペースが少なく家族が私物を持ちこみやすい場所。
  • 共有物の住所が決まらないと、散らかりやすい。
  • 家族の私物をしまうかごやケースを作る。
  • 共有物は住所を決めて出しやすい場所に置く。
  • オシャレな収納はきれいな部屋を維持できたら行う。
  • 毎晩寝る前にテーブルの上を片付けよう。

ということです。
ものを片付けるということは、単純なようで難しいもの。
特に、収納スペースが大きいほど管理が大変になります。
また、ものには寿命があるのです。
使わないものはできるだけ早く処分しましょう。
リビングは家の中で一番広い場所です。
のんびり体を伸ばしてくつろぎたいという方も少なくありません。
ですから、できるだけ家具やものを増やさない方がよいのです。
収納家具を買うのは最終手段だと考えましょう。
まずは、いらないものを捨てるところから始めてください。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!