引越しの梱包のコツをつかみたい人は必見! 引越しに役立つ豆知識

引越しを考えている人は必見です。
できるだけ引越しにお金をかけたくはありませんよね。
少ない初期費用で引越しするコツを紹介します。
引越しの梱包(こんぽう)をするコツや引越しで出た不用品をお得に処分する方法、引越しの荷物が多いときの対処法について説明しましょう。
効率的に引越しをすすめたい人はぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 引越しの梱包(こんぽう)のコツ
  2. 引越しで出た不用品をお得に処分する方法
  3. 引越しの荷物が多いときの対処法
  4. まとめ

1.引越しの梱包(こんぽう)のコツ

引越しをするとき、最も時間がかかるのは「梱包(こんぽう)」ですよね。
家の中にあるものをダンボールに詰めていかなければなりません。
そこで、スムーズに梱包(こんぽう)できる効率的なコツをご紹介します。
引越しを予定している人は確認してくださいね。

1‐1.普段使わないものから梱包(こんぽう)する

引越しの準備をすすめる際、梱包(こんぽう)をどこから始めたら良いのか迷うものです。
効率的に引越しの準備をすすめたいのなら‟普段使わないもの”から梱包(こんぽう)していきましょう。
押し入れの奥にあるものや季節外れの洋服などは使いません。奥に眠っているものから順にダンボールへ詰めてください。
逆に、毎日使っているものから詰めてしまうと後で取り出さなければなりません。
再びダンボールに詰めなければならないので2度手間になってしまいます。
また、梱包(こんぽう)が大変なものも先に包んでください。
引越し日が近づいてくるほど慌てるものです。
梱包(こんぽう)が適当になってしまい、移動中に壊れるケースもあります。
大切なものほど早めに梱包(こんぽう)しておきましょう。

1‐2.色テープを活用する

梱包(こんぽう)は‟取り出しやすくする”ことが大きなポイントになります。
新居先での荷ほどきを考えながら梱包(こんぽう)しなければなりません。
ただダンボールに入れるだけでOKというわけではないのです。
なぜなら、せっかくの新居先でもものでごちゃごちゃになってしまいます。
荷ほどきしやすいように梱包しておけば、スムーズに引越しができるものです。
荷ほどきしやすくするためにも「色テープ」を活用してください。
すぐ使うものが入っているダンボールには「黄色」、割れ物が入っているダンボールには「赤色」など、自分にとってわかりやすい表示をすると良いでしょう。
色テープの利用は便利なのでおすすめですよ。

1-3.要らないものはすべて処分する

引越しの梱包(こんぽう)におけるポイントは‟要らないものは捨てる”ことです。
今あるものをすべて新居に持っていく必要はありません。
引越しは要らないものを処分する大きなチャンスになります。
ある程度ものを減らすことも新居をキレイにするポイントになるのです。
荷造りをする際に「使っているもの」「要らないもの」にわけていきましょう。
迷った場合は「1年以上使っているかどうか」を判断基準にしてくださいね。
1年以上使っていないものは保管しても使いません。
上手に梱包(こんぽう)するためにも要らないものは処分してくださいね。

2.引越しで出た不用品をお得に処分する方法

2‐1.まだ使えるものはリサイクルショップで売る

引越しではたくさんの「不用品」が出るものです。
たくさんの不用品が出ると困ってしまうのが‟処分方法”になります。
不用品の処分はどうすれば良いのか悩んでいる人は、リサイクルショップを利用してください。
自治体のゴミとして処分できますが、量が多いと近所迷惑になってしまいます。
そこで、まだ使えるものはリサイクルショップで売りましょう。
使えるものをそのまま処分するのは非常にもったいないです。
壊れている、目立つ傷がついていないかぎり、ほとんどのリサイクルショップで買い取ってもらえますよ。
ただし、リサイクルショップによって買い取り価格が異なるでしょう。
できるだけ高値で売りたい人は最低でも3~4社のリサイクルショップを比較してくださいね。
サービス内容も異なるので要チェックです。

2‐2.不用品回収業者を利用する

使えるものはリサイクルショップやオークションで売ることができます。
しかし、中には売れなかった不用品もあるでしょう。
買い取りできない不用品は「不用品回収業者」を利用してください。
不用品回収業者はほとんどの不用品を回収してくれます。
壊れているもの、使えないものでもOKなので安心してください。
また、不用品回収業者は電話1本ですぐに自宅までやってきてくれます。
365日24時間無休の業者もあるので非常に効率的です。
引越し当日、急に不用品が出たとしてもすぐに対応してくれるでしょう。
不用品回収業者に依頼するときは、必ず‟見積もり”を確認してくださいね。
見積もりに不備な点がある場合は業者に問い合わせて解決しましょう。

3.引越しの荷物が多いときの対処法

3‐1.荷物が多いほど費用がかかる

引越しの荷物が多いほど費用がかかってしまいます。
引越し業者に依頼すると、ダンボールの数によって時間や人数も異なるのです。
また、引越しをする際ダンボールは業者から提供してくれます。
しかし、実際は引越し費用の中にダンボール代がすでに入っているのです。
そのため、数が増えれば増えるほど引越し費用も高くなります。
できるだけ引越し費用を抑えるためにも、荷物を減らしていかなければなりません。
中には、どうしてもすべての荷物を新居に持っていきたい人も多いでしょう。
そこで、おすすめしたい対処法を1つ紹介します。

3‐2.トランクルームを利用する

引越し荷物が多いとき、一時的な保管場所として‟トランクルーム”を利用してください。
街中にある空き地やビルの中などさまざまな場所にトランクルームがあります。
トランクルームは月額で借りることができるので一時的な保管場所には最適です。
引越しにお金がかかるようなアウトドア用品やバイク、スポーツ用品などはぜひトランクルームに保管してください。
室内のトランクルームもあるので、洋服の保管場所にもぴったりですよ。
洋服の量が多い人はトランクルームに保管して引越し費用を抑えましょう。
また、トランクルームにもさまざまな種類があります。
1畳サイズやロッカーサイズ、コンテナなど本当に幅広いです。サイズが小さいほど月額料金も少なめになるのでぜひチェックしてくださいね。
自分が預けたい荷物のサイズに合わせたトランクルームを選びましょう。
以上のように、引越しの工夫はさまざまです。
荷物がどのくらいあるのかきちんと把握してから効率的な方法で引越しをすすめてくださいね。

4.まとめ

引越し梱包(こんぽう)のコツや引越しで出た不用品をお得に処分する方法、引越しの荷物が多いときの対処法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
効率的に引越しをすすめたい場合、必要な知識を身につけるとお得です。
キレイな新居で快適に過ごすよう、要らないものは捨てていきましょう。
どうしても新居に荷物を持っていきたい場合は‟トランクルーム”を利用するのも1つの方法ですよ。

  • 普段使わないものから梱包(こんぽう)する
  • 色テープを活用して仕わける
  • 要らないものはすべて処分する
  • まだ使えるものはリサイクルショップで売る
  • 不用品回収業者を利用する
  • 荷物が多いほど費用がかかる
  • トランクルームを利用する

以上のポイントは押さえておきましょう。
トランクルームを利用する際は「月額料金」に気をつけてください。
できるだけ費用を抑えたい人は月額料金が安いトランクルームを利用すると良いですよ。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!