a0a7efd9-0948-4880-884f-1c2869e4b84a

ペットの抜け毛対策でおすすめしたい3つの方法

a0a7efd9-0948-4880-884f-1c2869e4b84a犬との暮らしはまさに「プライスレス」です。多少の犠牲や手間は惜しみません。とはいえ、どれほどかわいいペットでも、抜け毛が部屋に舞うと困ります。どうすればペットの抜け毛に賢く対処できるでしょうか。それでは、抜け毛への対策と掃除の秘けつをご紹介します。

  1. 抜け毛の対策
  2. 抜け毛掃除のコツ
  3. 服についた抜け毛の取り方

1.抜け毛の対策

1-1.抜け毛について知っておこう

犬の種類によって抜け毛の量は違います。年に2回大量の抜け毛がある犬種もいるのです。ほとんどの場合、春先に大量の抜け毛があるでしょう。季節の変わり目に、体温調整のために生じる抜け毛ですので、驚く必要はありません。とはいえ、いつもとは違う時期に抜け毛が多いなら、病気の可能性もあります。それぞれの犬種の一般的な抜け毛の量や時期を確認しておきましょう。

1-2.抜け毛を減らす方法

春先ではなくても、抜け毛は定期的に生じます。抜け毛を完全に防げませんし、無理な対策は犬の体調を悪くするでしょう。おすすめする方法は、定期的なブラッシングです。ブラシで定期的に毛並みを整えてください。毛穴への適度なマッサージ効果もあるため、皮ふや毛を健康にするのにも役立ちます。抜け毛が部屋に舞う前に、しっかりと取りましょう。また、トリミングも定期的にしてください。かかりつけのトリマーがいると毛の状態もよく知ってもらえるため、犬の健康管理にも役立ちます。

1-3.ストレスに注意しよう

季節の変わり目ではないのに抜け毛の量が多いなら、犬がストレスを抱えている可能性があります。ペットの生活環境を確認しましょう。人も快適でない部屋なら気持ちが落ちつかないように、犬にも快適な環境が必要です。また、部屋がきれいでないなら、ノミやダニが増えやすく、抜け毛の原因にもなります。部屋は掃除をしやすい環境にしてください。部屋のものが多すぎて掃除がしにくいなら、レンタルのトランクルームなどを活用し、部屋の環境を整えるのもよいでしょう。

2.抜け毛掃除のコツ

2-1.空気清浄機を活用しよう

抜け毛の掃除は大変です。特に、カーペットには抜け毛がからまりやすく、掃除機でも取りにくいでしょう。床がフローリングなら、空気清浄機の利用がおすすめです。ペットの抜け毛も吸い込める空気清浄機を選んでください。空気中に舞った毛をしっかりと吸い込んでくれます。フローリングであれば、毛が床に残りにくいため、毛を吸い込みやすくなるでしょう。定期的にフィルターを交換するのを忘れないでください。フィルターが詰まったままだと故障の原因になります。

2-2.掃除機を賢く使おう

抜け毛が多い季節には、掃除機の使い方に特に注意しましょう。たくさんの毛を吸い込むと掃除機も故障しやすくなります。フローリングの掃除用シートを使って最初に毛を取り除くのがおすすめです。サイクロン方式などの性能のよい掃除機であっても、抜け毛の回収を事前に行いましょう。カーペットの場合は、通称「コロコロ」と呼ばれる粘着カーペットクリーナーを使ってください。とはいえ、広いカーペット全体を「コロコロ」で掃除するのは大変です。ですから、抜け毛の量が多い犬の場合は、床はフローリングがよいでしょう。

2-3.布団についた抜け毛対策

布団についた抜け毛は、天日で干してから取るのがおすすめです。とはいっても、布団をたたくだけでは抜け毛は取れません。「コロコロ」を使うのもよいでしょう。または、干した状態で湿ったガーゼで拭くのもおすすめです。それほどぬらさなくてもある程度の毛は取れます。干した状態であれば、布団がぬれずにすむでしょう。抜け毛がつきにくい材質のシーツやカバーを使うのもおすすめです。

3.服についた抜け毛の取り方

3-1.洗濯は抜け毛を取ってからにしよう

抜け毛は洗濯では取れません。一緒に洗濯したものまで毛だらけになります。そのため、ペットの抜け毛はしっかりと取ってから洗濯しましょう。エチケットブラシを使うのもおすすめです。「コロコロ」を使うのもよいでしょう。しかし、「コロコロ」はすぐに粘着力もなくなり、費用もかかります。洗って使える「コロコロ」を洗濯用と掃除用に用意しておくと便利です。また、乾燥機を使って抜け毛を取る人もいますが、それぞれの乾燥機によって機能が違うため、機能を確認してから使いましょう。

3-2.服を使い分ける

急いで出かけるときには、ペットの抜け毛を取る時間はありません。トラブルを避けるために、ペットが入らない部屋に服を保管するのがおすすめです。家で着る服と出かけるときに着る服を別々のクローゼットに入れましょう。同じ場所に収納すると毛がつくので注意してください。また、服の材質によっても毛がつきやすいものがあります。出かけるときの服には、毛がつきにくい材質を選ぶなら、出かける前のストレスも軽減できるでしょう。

3-3.保管場所を賢く使う

大切な服にペットの毛がつくのも困ります。また、家の服と出かける服を別々に保管するにも収納スペースが十分必要です。そのためにクローゼットを増やして部屋をせまくする必要はありません。どうぞ収納スペースを整理して、使用頻度の低いものを取り出してください。収納頻度の低いもののために自宅の収納を使うのは無駄になります。近所にあるトランクルームを活用するとよいでしょう。必要なときだけ取りにいけばよいのです。賢くトランクルームを使うなら、部屋も十分広くなり、収納スペースにも毎日使うものだけ収納できます。

まとめ

いかがでしたか?ペットの抜け毛は防ぎようがありません。上手に掃除の対策を考えるなら、ストレスなく生活できます。定期的な掃除が必要です。掃除をしやすい環境にするために、部屋に置くものをシンプルにするとよいでしょう。トランクルームなどを活用して、部屋を簡素にするなら、掃除もしやすく、犬との楽しい生活をきれいな部屋で楽しめるはずです。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!