クローゼットの片付け術 ~コツを知って運気が上がるお部屋に~

女性ならばクローゼットに自分の好きな衣類を収納しておきたいもの。しかし、空間の使い方や収納がうまくいかずいっぱいになっていないでしょうか。せっかくならば空間も有効活用したいですよね。そこで、クローゼットの片付け術をご紹介しましょう。

  1. クローゼットが片付かない原因
  2. クローゼットを片付けるコツ
  3. クローゼット収納に使いたい道具
  4. クローゼットの片付けから考える運気との関係
  5. まとめ

1.クローゼットが片付かない原因

クローゼットが片付かないのには原因があります。その原因を知って問題解決の糸口を見つけましょう。

1-1.ものを詰め込み過ぎている

クローゼットが片付かないのは、ものを詰め込み過ぎているのが原因です。ものを整理する場所がいっぱいだと整理のしようがありません。まずは、ものを減らすところから始めましょう。
クローゼットがものでいっぱいになる人は、買った分だけ減らしていない人です。クローゼットの容量には限りがあります。しかし、新しいものを買ったにもかかわらず服やカバンの数が減らない限りは、クローゼットの中はパンパンで片付けられません。
衝動買いやバーゲンが好きな人は、特に注意しておきましょう。クローゼットがいっぱいになってしまうと片付け・整理はできません。

1-2.無駄なスペースがある

クローゼットの片付けができない人に多い悩みです。クローゼットに服を掛けた後、その下にあるスペースを有効活用できていないケース。
クローゼットは丈の長い服を収納するのに向いている収納場所です。しかし、クローゼットが長過ぎて下の空間が開くことが多くなっています。その空間を使わないと部屋的にも収納スペースの無駄使い。クローゼットの下も有効活用しましょう。

1-3.収納グッズを使い過ぎている

クローゼットの中にさまざまな収納グッズを入れている人は、クローゼットがうまく機能していないことがあります。
収納グッズは、確かにクローゼット内をきれいに整頓できる場所。しかし、クローゼット内が収納グッズでいっぱいになると本来入れたいものが入らなくなるのです。
クローゼット内は服以外にも入れることができる収納空間。その空間に自分が何を入れたいのか考えながらグッズを取り入れましょう。

2.クローゼットを片付けるコツ

クローゼットにものを収納するにはコツがあります。そのコツを知ってしっかり整理セントを行いましょう。

2-1.ハンガー収納を使う

クローゼットは縦に長く収納できるスペースです。また、標準でハンガーを掛けることができる場所でもあります。そのため、クローゼットではハンガーでできる収納を活用しましょう。
丈が長いものはハンガーに掛けて収納します。このとき、服の長さを合わせるのがコツ。服の丈を合わせておけば下のスペースが使いやすくなります。また、衣類を掛けるときは同じ種類やデザインのものをまとめておきましょう。まとめておけば朝に慌てて取ることも無くなります。
しかし、服をハンガーに掛けるだけではもったいないものです。ハンガーラックを使って衣類を畳んで置けるようにするのもおすすめ。また、S字フックを使ってカバンなどをおけるようにしましょう。

2-2.下のスペースを使う

ハンガーなどを使って生まれた下側スペースは、クリアボックスなどを使って収納場所を作ります。その場所にカバン、小物、下着類などを入れるスペースに使いましょう。
衣類だけでなく家電や本、帽子、おもちゃなどを収納しても大丈夫です。また、圧縮袋で小さくした布団を収納してもいいでしょう。
さらに、ポールを使って服を掛ける場所を2段作る方法もあります。上には丈の長いもの、下には丈が短いものを収納すれば自然と分類もできるので便利です。

2-3.下に置く収納棚をキャスター付きにする

クローゼットに使う収納棚は、キャスター付きにするのがおすすめ。キャスター付きであれば出し入れが簡単になります。
また、キャスター付きならば重い家電などを入れても出し入れに支障が出ません。また、頻繁に出すものを入れておいてもいいでしょう。

3.クローゼット収納に使いたい道具

クローゼットは、普通に使っていると勝手の悪さを覚えることがあります。しかし、自分たちで工夫することで収納スペースとして一気に見違えるのです。クローゼットの使い勝手をよくしてくれるグッズについてまとめました。

3-1.クリアボックス

クローゼットの隙間スペースに置きたいグッズの1つです。収納スペース・入れたいもののどちらから考えても大丈夫。自分にあったクリアボックスを取り入れましょう。
クリアボックスは、クリアパネルを組み合わせて作るタイプがあります。組み合わせて作るので自分の収納スペースに併せて使い分けができるのです。また、プラスチック製のクリアボックスならば衛生面でも安全になってきます。さらに、透明なので中身を確認するのも簡単です。

3-2.ハンガーラック

縦長の収納スペースを生かせるハンガーラックは使いたいところ。ハンガーラックとは、ポールにつることができる3~4段ほどのラックが付いたものです。
ハンガーラックは、基本的に細長いのでクローゼット内を圧迫することはありません。ラックには畳んだ服や帽子、小物を置くのに最適です。クローゼットを持っている人は、ぜひ使ってほしいアイテムの1つになっています。

3-3.チェスト

クローゼット内に大き目のスペースがあるときは、小さなチェストを置いてみるのもいいでしょう。チェストを置けば収納スペースとして使い勝手が広がります。
チェストには小物や服などを自由に入れることができるので便利です。また、書類など大事なものを入れておくのにもいいでしょう。収納したいものに併せてチェストの大きさ・棚の形を選ぶのがコツです。

4.クローゼットの片付けから考える運気との関係

クローゼットの片付けには、運気アップも大きく絡んできます。ここでは、クローゼットの片付けから考えたい運気との関係性についてまとめました。

4-1.靴と服は一緒にしない

クローゼットの中に靴を一緒に収納する人がいます。しかし、衣類と靴を同じ空間に収納するのはよくありません。
風水的に考えたとき、衣類はさまざまな気を吸うと言われています。また、靴は足元から色々な気を集めるものです。そのため、衣類が靴に付いているあらゆる気を吸ってしまいます。靴は靴箱へ片付けるようにしましょう。

4-2.古い下着類は捨てるようにする

古い下着をいつまでもしまっている人は、早めに片付けるようにします。
衣類はさまざまな気を吸い込むものと風水では言われているもの。ボロボロで古い下着のままだと悪い縁ばかり呼び込むので注意しましょう。

4-3.不用なものを捨てる

クローゼット内は「運の貯金箱」とも言われています。そのため、ものでいっぱいだと良い運気がたまりません。要らないものはしっかり捨てるようにしましょう。
ものを捨てるといるものだけが残って無駄が無くなります。クローゼットから不用なものがたくさん出たときは、不用品回収業者に回収してもらいましょう。

5.まとめ

いかがでしたか? この記事ではクローゼットの片付け方についてまとめました。
クローゼットは縦長に収納できるのに適した場所です。基本的にはハンガーへ掛けて収納するようにしましょう。また、下にできる収納スペースにはチェストなどを使って無駄のないようにします。さらに、ハンガーラックを使って細長いスペースを生かせるようにしましょう。
クローゼットが汚いと運気も下がってしまいます。ぜひ、クローゼットを片付けて運気を上げましょう!

トランクルームで収納不足の悩みを解決!