【お悩み解決】引越しの荷物を預かります!トランクルームを徹底解説

引越しをするときに、大量の荷物を処分する人も多いでしょう。引越しは、荷物を減らすためにも良い機会ですからね。でも、中には、大切なものばかりで処分したくないと考えている人もいるでしょう。しかし、引越し先の物件の収納量が足りない場合は、困りますよね。そこで、今回は引越しの荷物を処分しなくても良い方法として、トランクルームの活用をおすすめすることにしましょう。

  1. 引越しの荷物にかんする悩みあれこれ
  2. 引越しの荷物は預けることも考えよう!
  3. 引越しの荷物はどこに預けると良い?
  4. トランクルームのサービスを理解しよう!
  5. トランクルームにかんするよくある質問を確認しよう!

トランクルームの性質を学んで、上手に利用することで大切な荷物を捨てることもありません。引越しの荷物の保管方法に悩んでいる人にとって、有意義な内容となることでしょう。

1.引越しの荷物にかんする悩みあれこれ

引越しのときに大きな悩みとなるのが、荷物をどうするかということでしょう。まずは、どのように皆さんが悩んでいるのか具体的に見ていきます。

1-1.荷物が大量にあり過ぎて困る

ものを捨てる習慣が無い人や、大切にものを使う人などは、荷物が大量になりがちです。単純に荷物が大量にあり過ぎて、困っている人も多いでしょう。大量の荷物を整理するにも、運ぶにも手間が掛かることがポイントです。

1-2.引越し先の収納スペースが足りない

今まで住んでいるところは、幸運にも収納スペースがたくさんある場合は、荷物が多くても気にならなかったことでしょう。しかし、引越し先の収納スペースが足りない場合は、荷物があふれてしまうことになります。引越し先を収納スペースの多さで選ばない場合は、やはり悩むことになるでしょうね。

1-3.捨てることができないものの保管に困る

大量の荷物があって、かつ、捨てることができないものの保管に困っている人もいるでしょう。引越しは、大量の荷物を処分する良い機会です。しかし、貴重なコレクションだったり思い入れのあるものたちだったりすると簡単に捨てることもできません。捨てることができないものの保管は、いつでも悩みの原因ですね。

2.引越しの荷物は預けることも考えよう!

引越しの荷物は、良い機会と考えて減らすことだけで頭がいっぱいになってしまう人が多いでしょう。でも、引越しの荷物は預かりを依頼することも考えると良いですよ。

2-1.荷物を減らす方法は「捨てる・預ける」のどちらか

引越しの荷物を減らす方法は、「捨てる・預ける」のどちらかとなるでしょう。大量の荷物には、不用品も多く含んでいるものです。不用品は、保管する必要がありませんから処分してください。しかし、荷物の中には大切なものもたくさんあることでしょう。大切なものにかんしては、どこかに預ける方法を考えることになります。引越し先の収納スペースが少ない場合は、預かり先を探すことを検討しましょう。

2-2.捨てる場合は二度と手にすることができない

荷物を捨てる場合は、二度と同じものを手にすることができません。捨てるのは、とても簡単なことです。捨てたときは、スッキリして気分も良いことでしょう。しかし、何でも捨てて良いわけではありません。思い出の品物は、捨ててしまうと再現できないのです。捨てるべきものと捨ててはいけないものの区別は、しっかり行ってください。

2-3.預ける場合は必要なときに手にすることが可能

荷物を預ける場合は、必要なときに手にすることが可能になります。もちりん、預かり先を確保する手間はあるでしょう。しかし、皆さんが本当に大切にしているものを、捨てなくて済むのです。預かり先にも、さまざまなパターンがあります。捨てたくないものや捨てるのを迷っているものは、預かり先を探して預けることを考えましょう。

2-4.預ける予定の荷物をリスト化しよう

引越しの荷物の中でも、預ける予定の荷物をリスト化しておきましょう。預ける予定の荷物にかんしては、捨てたり処分をしたりするものとは別管理をするのです。リスト化をして、チェックしながら仕分けを行うことで間違って捨ててしまうこともありません。また、業者とトランクルーム契約を行うときにもスムーズに話をすることができるでしょう。

3.引越しの荷物はどこに預けると良い?

引越しの荷物を預けるためには、どこが良いか考えてみましょう。保管場所にも、いくつかありますよね。

3-1.荷物を実家に預ける

実家がある人は、引越しの荷物の預かり先として実家を選ぶのも良い方法でしょう。もしも、実家に自分の部屋が残っている場合は、保管スペースとして利用できます。ただし、すでにほかの家族の生活スペースに変更していたり収納スペースに余裕が無いと言われたりした場合は、実家を頼ることができません。まずは、引越しの荷物の預かり先として可能かどうか考えてみてください。

3-2.荷物を知り合いに預ける

実家を荷物の預かり先として指定できない場合は、知り合いに預かり依頼をすることも考えてみましょう。ただし、広い家に住んでいるか収納スペースに余裕のあることが必要となります。また、知り合いであっても最低限の礼儀は必要でしょう。もしも、荷物を預かってくれることになった場合は、きちんとお礼をしてください。

3-3.荷物をトランクルームに預ける

さて、実家からも知り合いからも引越しの荷物の預かりが無理と言われたときは、困ってしまうことでしょう。でも、トランクルームに預けることができます。トランクルームは、荷物の預かりと保管を目的にしてサービスですからピッタリのサービスと言えるでしょう。また、家族や知り合いに荷物の預かりを依頼するときのように、気遣いも不要です。引越しの荷物の預かりには、トランクサービスの利用を積極的に検討してください。

4.トランクルームのサービスを理解しよう!

大量の荷物の保管に困っている場合は、トランクルームのサービスを利用する方法がおすすめです。ここでは、トランクルームのサービスを受ける方法について具体的に説明してきますね。

4-1.トランクルームに荷物を預ける方法

トランクルームに荷物を預ける方法は、下記のとおりです。           

  1. トランクルームの運営会社に連絡をする
  2. 預かりを希望する荷物の内容やリストを提示する
  3. 業者に最適なレンタルプランを見積もってもらう
  4. 見積もり内容に納得した場合は契約を行う
  5. 契約後トランクルームに荷物を運ぶ

トランクルームを利用するには、トランクルームサービスを行っている業者に連絡することから始まります。預かってもらいたい荷物の内容をきちんと提示して、最適なプランを見積もってもらうことが大切です。便利なので引越しのときに、荷物リストを作ると良いでしょう。荷物の量や性質によっても、適切なトランクルームの条件は違ってくるからです。

なお、トランクルームの運営で評判の良い業者を下記にご紹介しておきましょう。

アルファトランク:http://www.alpha-trunk.jp/

4-2.トランクルームの利用料金

トランクルームの利用料金については、下記を参考にしてください。

  • 初期費用:数千円程度
  • 月額利用料:無料~数千円程度

なお、上記以外の費用のほかにも施設維持費が数百円程度必要な場合もあります。トランクルームは、レンタル対象となるスペースの広さや条件によって月額使用料も異なってくることでしょう。ピアノなどの大きな品物を保管するためには、広めのスペースが必要になります。

4-3.トランクルームを利用するメリットとデメリット

トランクルームを利用することにも、メリット・デメリットがあるものです。それぞれ、どんな点がメリットでありデメリットであるのか、学びましょう。

4-3-1.トランクルームを利用するメリット

トランクルームを利用するメリットは、自宅の保管スペースが無い場合でも、荷物を保管できることです。また、空調も管理しているので自宅で保管するよりも良い状態を維持できることもメリットと言えるでしょう。大切なコレクションの状態を維持したい場合は、トランクルームの利用をおすすめしますよ。

4-3-2.トランクルームを利用するデメリット

トランクルームを利用するデメリットは、毎月の管理費が必要になる点と自宅から離れた場所に保管するためすぐに見ることができない点でしょう。毎日自分の大切なものに囲まれて生活をしたいという人には、向きません。

4-4.トランクルームの利用をおすすめする人

トランクルームの利用をおすすめする人は、主に以下のような人たちですね。

  • 荷物がとにかく多過ぎる人
  • 大切なものを保管するスペースが無い人
  • 大切なものの保管状態が気になる人
  • 月額使用料の負担が気にならない人

トランクルームは、自宅よりも空調管理がしっかりしています。また、保管だけを目的に設計したスペースなので無駄がありません。月額使用料を負担してもメリットが大きいと感じる人には、とても魅力的なためおすすめなのです。

5.トランクルームにかんするよくある質問を確認しよう!

さて、トランクルームにかんするよくある質問を確認しましょう。トランクルームはまだ新しいサービスなため、皆さんもさまざまに疑問を持っているようですね。

5-1.毎日荷物を確認しに行っても問題ありませんか?

引越しの荷物の中でも、コレクション品など皆さんにとって大切なものの預かり依頼をしている場合は、毎日でも見に行きたいことでしょう。自宅に収納場所が無くても、近くにトランクルームを借りることができれば問題はありません。業者によっては、365日24時間いつでも契約者が荷物の確認をできるようにしているところもあります。詳しくは、契約を検討している業者に確認してください。

5-2.トランクルームで保管できないものは何がありますか?

トランクルームに保管できないものは、以下を参考にしてください。

  • 動植物
  • 薬品などの危険物
  • 異臭や悪臭を伴う品物
  • 水分や高温を発する可能性があるもの
  • そのほか犯罪にかかわるもの

トランクルームは、個人契約となりますがほかの契約者に迷惑が掛かるものは保管できません。より詳しい内容は、トランクルーム業者に確認すると良いでしょう。

5-3.1か月だけ契約することは可能でしょうか?

引越しの荷物の預かり先として、1か月だけ契約したいという人もいるでしょう。多くの業者では、1か月単位の契約となっているので問題は無いはずです。ただし、長期契約時と比べるとお得なキャンペーンを利用できなかったり割高になったりすることもあるでしょう。でも、皆さんにとって最も都合の良い契約期間なのですから1か月だけの利用でも良いですよ。

5-4.トランクルームのセキュリティー管理はどうなのでしょうか?

大切な荷物をトランクルームに預ける場合、セキュリティーが気になりますよね。でも、トランクルームのセキュリティーは厳重に管理されているので問題は無いでしょう。トランクルーム内に入ることができるのは、基本として契約者だけになります。契約後、トランクルームのカギを発行することになるでしょう。カギを持っている人だけが入ることができるのです。また、トランクルームの警備にかんしては別途警備保障会社との契約をしている業者もあるでしょう。セキュリティー管理については、契約時にしっかり確認してください。

5-5.トランクルーム内の荷物に保険を掛けることは可能ですか?

セキュリティーが完備となっているトランクルームでも、万が一のときを心配する人もいるでしょう。もしも、大切な品物が盗難に遭(あ)ったり損害を受けたりしたりした場合に、保険を掛けたいと考えるのも当然です。トランクルーム内の品物に対する損害保険については、皆さんご自身で手配するか業者が仲介をするかによるでしょう。契約時の業者に相談して、適切な対応を行ってください。

まとめ

トランクルームのサービスは、収納スペースが少ない住宅に住む人にとっては画期的なものと言えるでしょう。実際に、トランクルームを利用する人も増えてきています。もしも、引越し先の収納スペースが無くて荷物の保管に困っている場合は、トランクルームの利用を積極的に考えてください。大切なコレクションや思い出の品物を処分しなくても、良いのです。トランクルームを上手(じょうず)に利用して、引越しのときの荷物を片付けてしまいましょう。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!