押入れとクローゼットは棚で収納を増やす! 突っ張り棒活用術も紹介

住宅事情により、収納場所が限られてしまうことがありますよね。荷物の量は変わらないけれど、収納場所を増やしてすっきりしまうことができるなら、部屋が今まで以上に快適に感じるはずです。
「収納が少ないけれど、うまくしまいたい」「デッドスペースの活用方法が知りたい」といった、収納にかんする思いはとてもわかります。おしゃれな家にするコツは、収納をいかに上手に使うかがポイントです。意外な場所が盲点となり、デッドスペースとなっている場合もあります。
自宅の収納が限界なら、トランクルームを収納と考える手段もあり、今はニーズが上昇傾向です。収納は、突っ張り棒や押入れに棚を設けるだけでも広がります。
収納スペースを広げたい、コストをかけずに収納を確保するコツを探している方は、この記事を参考にしてみてください。

  1. 収納の悩みについて
  2. 収納を増やす方法について
  3. トランクルームについて
  4. 収納にかんするよくある質問
  5. まとめ

収納は、コツを抑えるだけでぐっと面白くなります。使えないと思っている押入れやクローゼットも、しまい方しだいです。この記事を読むことで、今までの収納を見直すきっかけとなり、自宅を過ごしやすい空間にすることができるでしょう。

1.収納の悩みについて

収納にかんする問題を抱えている人には、共通した悩みがありました。よくある悩みをご紹介します。

1-1.収納場所が少ない

最も多い悩みは、収納場所が少ないことです。荷物の量に対し、押入れやクローゼットが限られてしまうというものでしょう。押入れやクローゼットのしまい方が間違っている方もいて、棚や突っ張り棒などの活用を忘れています。
また、クローゼットは奥行きがないため、しまいにくいと感じている方もいるのです。しかし、上手に生かすコツを知るだけで、ぐっと使いやすく変わります。

1-2.荷物のしまい方に戸惑う

家具を置くと狭くなるので、なるべく置かないようにしているという気持ちは、とてもよくわかります。家具を排除した結果、部屋は広くなるものの、荷物をしまえないという負のスパイラルに陥るのです。
押入れやクローゼットがある場合、すき間ができないように棚を設置するなど、もののしまい方を改めて考えてみてはいかがでしょうか? 家具が置けない場合でも、家のどこかにデッドスペースはあります。空間の無駄を見直すだけでも、収納環境は生まれ変わるはずです。

1-3.押入れやクローゼットを上手に使えていない

部屋に押入れやクローゼットがあるにもかかわらず、収納がばらばらでまとまりがないという悩みもあります。押入れが深くて使いづらい、クローゼットは奥行きがなくてしまいにくいなど、マイナスのイメージを抱く方もいるでしょう。ラックや棚などを上手に活用し、しまいやすい空間にすることができます。せっかくの収納スペースですから、ヒントを得て活用してみてください。

1-4.みんなが収納に悩むものとは? 

しまう場所に困るものといえば、暖房器具や扇風機などの季節用品・スポーツ用品や楽器など趣味のもの・アルバムや服などの思い出が詰まった品でしょう。家に置いておくと場所を取り、かといってしまおうとしたら収まりきらないといった悩みが多いものばかりです。使用頻度が低いものは、別の場所に保管するという手段もあります。家の中を占領するようなら、自宅以外に収納スペースを作るとすっきりするはずです。

2.収納を増やす方法について

今ある収納以外で、どこに収納を増やすことができるかは、誰もが頭を抱える問題です。しかし、見方を変えるだけで、家の中のデッドスペースは簡単に見つかります。

2-1.デッドスペースを活用しよう! 

まず、デッドスペースにはどのような場所があるのかを考えていきましょう。多くの方が見落としているのは、壁面です。キッチン・洗面所・カウンター下・玄関入り口には、空間がたくさんありませんか? 壁面へ突っ張り棒や棚を上手に設置するだけでも、収納率はアップします。壁面や床にものを置かないことで広く感じることができ、デッドスペースを徹底的に排除して無駄なく使い、新たな収納スペースを生み出すことができるでしょう。天井に突っ張り棒で簡易棚を設置すれば、袋類や軽いものをしまうのに便利です。しまいにくい小物やさっと取り出して使いたい日用品など、アイデアしだいでデッドスペースは幅広い用途に使うことができます。

2-2.押入れやクローゼットの活用法

押入れは奥行きがあり、ものをしまい込んで出し入れしにくいと感じるでしょう。奥に普段使わないものをしまい、手前に使用頻度の高いものを収納することにより、空間の無駄を防ぐことができます。奥行きがあるからこそできる技です。出し入れしやすい収納を目指しましょう。
押入れとは反対に、クローゼットは浅くて大きなものを収納しきれないという悩みが多いです。とはいえ、引き出しや棚のサイズを統一することで整理しやくなり、クローゼット活用の幅は広がります。高さにも着目してみましょう。突っ張り棒で吊(つる)す場所と棚を設置する場所にわけ、段差をうまく使いこなす方法がおすすめです。

2-3.収納グッズ活用法

棚やラックといった収納グッズは、誰でも真っ先に思いつくでしょう。並行して考えていただきたいのは、突っ張り棒・ハンガーラック・キッチンラックなどの便利なアイテムです。突っ張り棒は場所を選ばず、少しのすき間でも小物を引っかけ、スリムな収納を実現できます。
押入れに服を収納されている方は、ハンガーラックを活用すると便利です。回転式ハンガーラックも販売されており、奥の服に手を伸ばすことなく、手前に寄せて取り出すことができます。キッチンラックは、シンク下の雑然とした状態をすっきりした環境に変えられるのです。フライパンは立てて収納することもでき、同じ空間でもより使いやすさを重視した改善ができるでしょう。
洗濯機の上は無駄な空間が生まれやすい場所です。上棚を設置することにより、洗剤やタオルなどを収納するスペースを確保することができます。洗面所の空間を広げることができるでしょう。

2-4.新たな場所を作る

自宅での収納が限界と感じたなら、自宅以外に収納を確保する方法もあります。季節外のもの・趣味のもの・普段使わないものなど、さまざまなものを一気に収納できる方法が、トランクルームです。トランクルームは自宅から近い場所でも探すことができ、家の空間を維持したいという方にはニーズが高まっています。一時保管場所としての機能も備え、家の中を圧迫していたものを移動することにより、家を広々とした空間に変えることができるでしょう。弊社では、セキュリティー体制もしっかりしていますから、安心して保管することができます。

3.トランクルームについて

自宅とは別に使わないものをしまえる場所として、トランクルームはいかがですか? 季節品・趣味のもの・服などもまとめて保管できる、大変便利なスペースとして多くの方に活用されています。

3-1.トランクルームとは? 

「名前は聞いたことがあるけれど、活用方法がわからない」といった、トランクルームにかんする疑問も寄せられます。今では各地にトランクルームが展開され、空き地などを活用してたくさんのトランクルームを見る機会が増えました。トランクルームとは、貸し倉庫やレンタルスペースと名称が変わる場合もあります。名前のとおり、空間を提供する事業です。

3-2.トランクルームのメリット

普段使う機会が少ないものを自宅に保管する場合、収納が目一杯になって通気が悪くなります。トランクルームのよさは、収納場所を増やすだけではなく、自宅の収納環境をよりよいものにすることにあるのです。トランクルームに趣味のものだけを保管すれば、専用スペースとして趣味を思いきり楽しむことができます。

3-3.トランクルームがおすすめの人

奥行きが使いにくく、押入れをクローゼットにリフォームする人もいます。いくら収納形態を変えようとも、荷物の量に変化がなければ、しまう場所を失うでしょう。自宅に収納場所を確保できない事情を抱えている方は、収納を増やす方法としてトランクルームを使ってみてはいかがですか? 頻繁に出し入れするものでないなら、長く保管することも多いと思います。そのため、自宅以外にトランクルームを利用すると便利に感じるはずです。
大切な品だけを保管しておきたいという方にも、トランクルームは重宝されています。荷物に圧迫されて壊れるといった事態も回避でき、良好な状態を維持して保管することができるでしょう。

3-4.貸し倉庫の種類

貸し倉庫には、室内タイプのトランクルームと屋外タイプのコンテナがあります。室内タイプは管理人が常駐しており、セキュリティー面でも申し分ありません。空調管理もしっかりしており、カビや虫の発生を抑える効果があります。預けっぱなしにしていると心配なのは、通気の悪さです。空調がしっかりしているだけでも、保管環境がよくなります。
コンテナは屋外に設置されており、車での搬入が可能です。保管料が室内タイプより安いため、空調はありません。季節外の品やスポーツ用品など、サイズが大きなものを入れるのに適しています。

3-5.トランクルームのシステムや利用までの流れを覚えておこう

トランクルームは月極(ぎ)めでの利用となります。1年契約が基本で、短期間の契約も可能です。利用したい期間に応じ、契約を決めるといいでしょう。
利用までの流れをご説明します。必要な書類なども参考にしてください。

  1. 立地や利便性などからトランクルームを選ぶ
  2. 広さや条件の確認
  3. 申し込みにかんする確認事項をメールまたはファックスで受け取る
  4. 申込書と身分証明書をメールまたはファックスで送信する
  5. 担当者より申し込みと精算の確認がある
  6. 入金確認ができたら、鍵・契約書・口座振替依頼書の送付がある
  7. 契約書に署名押印を終えた後、契約書の1部と口座振替依頼書の返送手続きをする(身分証明書の写しも同封する)
  8. 実際に利用開始

3-6.トランクルームの利用料金について

キャンペーンなどを利用した場合、初回事務手数料が無料になることもあります。トランクルーム業者のホームページをチェックしておき、お得に利用するといいでしょう。
月額利用料は立地と広さに応じ、それぞれ料金設定がなされています。弊社のトランクルームにかんする利用料金の一部は、下記を参考にしてください。およそ1帖(じょう)前後のタイプとなります。

  • 代々木・参宮橋 19,656円
  • 下北沢 16,956円
  • 雑司が谷・護国寺 16,416円
  • 成増 11,772円

空室状況はホームページで確認してください。利用は申し込み順となります。 

3-7.トランクルーム業者はどう選ぶべきか? 

貸し倉庫業者の場合、運送業が余った保管施設を再利用しているものが多いです。そのため、セキュリティーがしっかりしておらず、盗難被害なども増えています。
ところが、良質なトランクルーム業者なら安全面や空調管理を意識しており、トラブルを避けることができるのです。しかし、条件や預けるものによって場所の選定は変わると思います。事前に下調べをし、納得できる業者を選びましょう。電話やメールの問い合わせにも迅速かつ丁寧であるか、防犯カメラなどは設置されているかなど、自分なりに不安なポイントをチェックしてみてください。

3-8.トランクルームでの注意点

空調管理が万全な室内タイプでも、定期的に保管状態を確認しに行きましょう。空気の入れ替えも必要ですし、盗難被害のチェックもできます。セキュリティーも空調もしっかりしているから預けっぱなしというのは、よくありません。利用者が主体となって保管と管理をしっかり行うことが理想です。
また、高額なものはなるべく預けないことが、トラブル回避のポイントとなります。貴金属類や希少価値のある品は、目が届かないトランクルームには保管すべきではありません。

4.収納にかんするよくある質問

収納を増やす方法を探している方は、さまざまな疑問にぶつかると思います。疑問は質問集を参考にして解消してください。

4-1.押入れの棚は同じサイズで統一すべきか? 

サイズはなるべく統一し、空間の無駄を省くことを意識してください。段差をあえて作り、高さのあるものを収納する方法もおすすめです。ただし、押入れは奥行きがあるため、奥のものを出し入れしやすくすることを忘れないでください。

4-2.クローゼットの整理が苦手

クローゼットは奥行きがなく、ポールがあって使いにくいと感じる方もいます。クローゼットは棚がない場合がほとんどですから、既製品の棚を活用して収納を増やす方法もおすすめです。足元に空間が生まれがちなクローゼットに棚を入れ、デッドスペースを徹底的になくしていきましょう。倍以上の収納力を発揮してくれます。

4-3.突っ張り棒を収納に使う際のコツは? 

突っ張り棒は100円ショップでも買えるようになりました。家のリフォームグッズとして幅広く使われており、小物を引っかけられるフックも別売りであります。ほんの少し工夫して使うだけでも、手軽な収納グッズに変わるものです。突っ張り棒を2本使い、別売りの専用ネットで簡単に棚を作ることもできるでしょう。購入する際は、耐荷重に着目してください。

4-4.押入れにハンガーラックを使う方法は便利? 

押入れの奥行きを生かし、回転式のハンガーラックを入れると便利です。回転するため、取り出しやすい環境を整えることができます。服をかけて収納でき、シワにもなりません。ハンガーラックを購入する際は、重さに耐えられるものを選びましょう。服は数が多くなると重みがあり、耐荷重が少ないものだと回転時に故障が起こる場合があります。確認してから購入してください。

4-5.トランクルームに保管できないものは? 

生物・腐敗する危険が高いもの・劇薬物・発火しやすい灯油類などは、トランクルームでの保管ができません。先にも述べたとおり、貴金属や高価なもの、有価証券といった重要書類も保管は避け、貸金庫など安全な場所に預けてください。盗難被害に遭遇する可能性も十分あります。

5.まとめ

いかがでしたか? 家の収納は限られていても、アイデアしだいで収納スペースを生み出すことができます。キッチン・天井・洗濯機の上など、デッドスペースになりがちな場所を見つけ、突っ張り棒を設置するだけの簡単なやり方で、収納場所を増やすことが可能です。クローゼットや押入れを使いにくいと感じる方もいます。奥行きの浅いクローゼットは棚や引き出しを使って整理し、空間の無駄を省くことが、収納を増やすコツです。荷物で目一杯という方は、自宅以外に保管場所を確保する目的で、トランクルームを活用しています。収納を占領していたものを一気にしまうことができ、家の圧迫感を取り除(のぞ)いて快適な環境にできるでしょう。室内タイプとコンテナの2種類があり、空調管理がしっかりした室内タイプのトランクルームがおすすめです。セキュリティー面でも安心でき、雨に濡(ぬ)れる心配もありません。ホームページでトランクルームにかんする情報をチェックし、信頼できる業者を探しましょう。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!