【必見】家具の一時保管はこうする!多い荷物がスッキリ片付く方法!

引っ越しや建て替えなどで一時的に家具を保管したいときに困るのが保管場所です。しかし、すべての家具を買い替えるわけにもいきません。まだ使用できたり愛着があったりするものは、処分せずに使い続けたいですよね。そこで、今回は、家具の一時保管の方法やアイデアを解説します。荷物が多くて困っている人も必見です。

  1. 家具の一時保管とは?
  2. 家具の一時保管の場所について
  3. 家具の一時保管はトランクルームの活用を
  4. トランクルームの業者選びについて
  5. 家具や荷物の一時保管にかんするよくある質問

この記事を読むことで、家具の一時保管のために必要な知識が身に付き、適切な方法を選ぶことができます。状況に合わせて最適な方法を選べば、満足度も高くなることでしょう。まずは、記事を理解しながらひとつずつ読み進めてみてください。

1.家具の一時保管とは?

最初に、家具の一時保管についての基本を確認しましょう。どんな場合に必要になるのかだけでなく、困りごとの内容について解説します。

1-1.家具の一時保険はどんな場合に必要?

家具の一時保管は、以下の場合に必要となります。

1-1-1.引っ越しで退去と入居のタイミング合わないとき

引っ越しと同時に新居に入居することができる場合は、家具の保管場所に困ることはありません。しかし、賃貸物件では、旧居と新居との契約で空白期間ができることがあります。空白期間の宿泊先を確保できても、家具の収納に困るものです。

1-1-2.引っ越し先に家具を置くための場所が無いとき

引っ越し先が狭い・間取りに合わないなどの理由で、家具を置くための場所が無いこともあります。物理的に収納できないのですから、家具を処分したくないときは、収納場所を別途探すことになるでしょう。

1-1-3.海外赴任などで一時的に留守にするとき

海外赴任が決まり、家族で移住することになった場合、留守中、一時的に賃貸に出すことがあります。ほかの人に貸すためには、家具を移動する必要があるため、保管場所に困るのです。

1-1-4.家の建て替えをするとき

家の建て替えをするときは、家具を含めすべての家財を一時的に移動しなくてはなりません。小さなものは仮住宅に入れることができても、家具類は置く場所に困るケースが多くなります。建て替え後に家具を使いたい場合は、保管スペースを探すことになるでしょう。

1-2.家具の一時保管の困りごとは?

家具の一時保管では、以下のような困りごとが発生します。

1-2-1.保管場所が無い

保管場所が無いと、どこに家具を置いておけばいいのか困ってしまいます。実家や知人の家などで預かってもらうことができる人ばかりではありません。家具の一時保管をとこに依頼すればいいのかわからない人も多いものです。

1-2-2.汚れや劣化が心配

一時保管中、環境が悪いと汚れや劣化が心配です。特に大切にしているものや、デリケートな材質のものは、保管場所を選ぶことになります。場所さえ確保できればどこでもいいということではありません。

1-2-3.保管場所まで運ぶのが面倒

家具は大きくて重いものが多いため、運搬が大変です。保管場所が確保できても、運搬手段をどうするのか悩む人もいます。自分たちで運ぶにしても軽トラックなどの手配が必要ですし、業者に依頼するにしてもどこにすればいいのかわからないという悩みがあるのです。

1-2-4.保管費用がかかる

業者に家具の保管を依頼する場合は、保管料がかかります。預ける量にもよりますが、月額数千円から数万円程度は必要になるはずです。保管費用のことは、多くの人にとって大きな問題となります。

2.家具の一時保管の場所について

家具の一時保管のためには、どんな条件・場所が向いているのか、保管場所の候補にかんしてメリット・デメリットを踏まえて解説します。

2-1.具の理想の保管場所とは

上質な家具は、デリケートな素材を使っていることも多く、カビや虫害・金具のサビが心配です。そのため、保管場所には以下のような条件が必要となります。

  • 十分な広さや高さがある
  • 通気がいい
  • 湿気がこもらない
  • 直射日光が当たらない
  • 出し入れがしやすい(急に必要になったときに対応しやすい)

2-2.家具の保管場所の選び方

家具の保管場所は、以下の条件を満たすところを選ぶといいでしょう。

  • 十分な広さを確保できる
  • 希望する期間だけ預かってくれる
  • 便利な立地にある
  • 環境が整っている(空調管理がいい・清掃が行き届いているなど)

2-3.保管場所の候補を考えよう

家具を一時保管する場所について、いくつかの候補をご紹介します。それぞれのメリット・デメリットを理解し、考えてみてください。

2-3-1.引っ越し業者

引っ越し業者でも、家具の一時保管サービスを行っていることがあります。引っ越しを伴う人は、引っ越し業者のサービスを利用するとメリットが大きく感じることでしょう。ただし、業者によっては保管条件や期間に制限がある(引っ越し前後1週間程度までなど)場合もあるので気を付けましょう。

メリット:引っ越しと同時に家具を預かってもらえる・引っ越しと同一御者なので手配が1回で済む
デメリット:保管条件や期間が合わないこともある・ほかの人の荷物と同じ場所で保管することが多い

2-3-2.トランクルーム

トランクルームは、建物の内部を細かく仕切ったり屋外にコンテナを設置したりすることで保管用のスペースをレンタルするサービスのことです。レンタルしたスペースに、家具を保管することができます。広さや立地条件など、自分の都合に合わせて選ぶことができ、便利です。

  • メリット:専用の保管スペースを確保できる・空調管理や清掃など家具の保管条件にピッタリ
  • デメリット:管理費用が発生する・利用しやすい場所にあるとは限らない

2-3-3.実家に置いてもらう

実家に家具を置いてもらう方法もあります。保管してもらうために十分なスペースがあることが前提ですが、実家に聞いてみる価値はあるでしょう。家具や荷物の量が多く無い場合に、おすすめの方法と言えます。

  • メリット:実家に依頼するので気楽・保管料がかからない
  • デメリット:実家に保管スペースが無ければ利用できない・必ず了承してくれるとは限らない

2-4.家具の一時保管場所にかんする注意点

家具の一時保管場所を決めるためには、何を重視するかを考えてください。たとえば、できるだけ費用を節約したいのなら、実家に置いてもらう方法になるでしょう。しかし、実家を利用できない場合は、ほかの手段を選ぶことになります。費用がかかることを考えても、業者に依頼した方が何かと便利です。気を遣うことなく、いつでも家具を出し入れできる・状態よく保管できるなどのメリットも考え、最終的に判断しましょう。

3.家具の一時保管はトランクルームの活用を

家具の一時保管には、トランクルームが便利です。利用方法や選び方について詳しく解説します。

3-1.トランクルームがおすすめの人

以下の人には、家具の保管にトランクルームをおすすめします。

  • 実家など身内に預かってもらうことができない
  • 比較的長期間(1か月程度~)保管する必要がある
  • 状態よく家具を保管したい
  • 保管費用の支払いに納得できる
  • 家具以外にも保管したいものがある
  • 利用しやすい立地にトランクルームがある

3-2.家具の一時保管に向いているトランクルームの条件

家具の一時保管に向いているのは、以下のような条件を満たすトランクルームです。

  • 屋内型(雨風の影響を受けない)
  • 1か月程度から契約できる
  • 十分な広さもしくは部屋数を確保できる
  • 清潔で空調管理がきちんとしている
  • セキュリティーがしっかりしている
  • 便利な立地にある

3-3.家具を保管するときのポイント

家具を保管するときは、通気性の確保に気を付けましょう。保管場所の広さに対して、無理に詰め込むと通気性が悪くなってカビやサビが発生する原因になります。配置は、余裕をもって行ってください。なお、すぐに使いたい家具は手前に保管すると便利です。背の高い家具は壁側に配置すると安定するだけでなく、全体を見渡しやすくなります。ただし、空調設備の通気口をふさがないように注意してください。

4.トランクルームの業者選びについて

トランクルームを利用するときは、業者選びも重要なポイントです。さらに、利用するときの流れや料金の目安・注意点などを解説します。

4-1.トランクルームの業者選びのポイント

トランクルームの業者は、以下のポイントを満たすところを選びましょう。

  • 希望の立地に近いところでトランクルームを運営している
  • 家具の一時保管に適した条件(空調管理・清掃)が整っている
  • 十分な広さを確保できる
  • 利用料金がリーズナブル
  • 24時間いつでも荷物の出し入れできる
  • セキュリティーがしっかりしている
  • 契約時の説明が親切・丁寧でわかりやすい

なお、当アルファトランクでも、東京・神奈川エリアで多数のトランクルームを運営しています。家具の一時保管に適した条件を備えていますのでぜひご検討ください。

4-2.トランクルームを利用するときの流れ

トランクルームを利用するときの流れは、以下を参考にしてください。当アルファトランクで契約する場合です。

  1. トランクルーム業者に問い合わせをする(メール・電話など)
  2. 業者から契約にかんする確認事項が送られてくる
  3. 内容を確認し納得した場合は申込書と業者が指定した必要書類をメールもしくはFAXする
  4. 業者から清算書が送られてくる
  5. 利用者が入金手続きをする
  6. 業者側で入金確認後、依頼者にカギ・契約書・口座引落依頼書を送付する
  7. 契約書1部・口座引落依頼書・本人確認書類(コピー)を返送して契約完了
  8. トランクルームの使用が正式に始まる

なお、業者によっては、契約前に現地物件の見学ができる場合があります。物件を見てから契約したいときなど、必要に応じて申し込むといいでしょう。

4-3.トランクルームの料金について

トランクルームの料金は、月額制を採用している業者が多くなります。目安としては、以下を参考にしてください。

  • 東京・都心1部屋(3.6畳):月額45,000円程度

利用料金は、立地や部屋の広さで増減します。保管する家具の量に合わせて検討してください。なお、月の途中から契約開始となった場合は、日割り計算してくれるところもあるので確認しておきましょう。

4-4.トランクルームの業者選びにかんする注意点

トランクルームの業者選びでは、信頼できる業者かどうかが大きなポイントです。問い合わせのときの態度が悪かったり、説明が不親切でわかりにくかったりするところには気を付けましょう。また、大切な家具を保管するためには、セキュリティーがしっかりしていることも重要です。契約中に万が一家具が破損した場合の補償などについても、規定を確認し、納得してから利用を開始しましょう。

5.家具や荷物の一時保管にかんするよくある質問

最後に、家具や荷物の一時保管にかんするよくある質問に回答します。ほかの人が疑問に思う内容は、とても参考になるものです。

5-1.夜中に家具の出し入れをすることは可能ですか?

業者によっては、24時間出し入れが可能なところもあります。夜中に家具を出し入れしても、契約時間内なら問題ありません。ただし、契約者だけが出入りできるという制限があることが多いでしょう。ほかの人に家具の出し入れを手伝ってもらいたいときは、事前に業者に相談してください。

5-2.家具以外に荷物を保管するときの注意点は?

家具の上に重いものを置くのは、破損の原因になるのでやめましょう。また、荷物を置きすぎると通気が悪くなって、家具が傷みやすくなることが心配です。家具をすべて搬入しても余裕があった場合にだけ、ほかのものを置くことをおすすめします。なお、トランクルームを利用する場合は、薬品類など置いてはいけないものもあるので、注意事項をよく読んで利用しましょう。

5-3.予定より長く家具を預かってもらうことはできますか?

たとえば、1か月契約の予定だったはずが、2か月預かってほしいといった場合は、業者に相談してください。特に問題が無ければそのまま契約を継続できるでしょう。ただし、当初の契約期間満了後、ほかの人が契約している場合があります。残念ながら、同じ場所での契約継続ができないこともあるので気を付けましょう。なお、ほかの部屋が空いていれば、家具を移動することで再契約も可能です。

5-4.トランクルームの契約時に必要な書類や用意した方がいいものは?

トランクルームの契約時には、以下の書類やものが必要です。

  • 本人確認書類:個人契約の場合は運転免許証・パスポート・健康保険証・住民票・住民基本台帳カードなど
  • 金融機関取引印と金融機関・支店・口座番号のわかるもの
  • 認め印
  • 契約時に必要な費用
  • 緊急連絡先の情報(個人契約の場合は身内の連絡先)

契約時に必要な費用にかんしては、後日振り込みでいいところもあれば、初月は現金支払いのところもあるので業者に確認しておきましょう。

5-5.トランクルーム内で家具が破損した場合は補償してもらえますか?

トランクルーム内で起こった破損にかんしては、補償を受けられるかどうかは状況によるとしか言えません。どんな状況で起こったのかきちんと調査し、業者に報告してください。業者に不備がある場合は、補償してもらえることもあります。なお、家具の破損を避けるためにも、配置の仕方を工夫したりスペースに余裕を持たせたりすることが必要です。まずは、破損を極力防ぐように努めましょう。

まとめ

今回は、家具の一時保管にかんして詳しく解説しました。引っ越しや建て替え・長期出張など、家具を一時保管する必要があるとき、問題となるのは保管場所の確保です。家具は、重さや大きさがあり、またデリケートな性質を持つため、どんな場所でもいいとは言えません。物量や希望条件によって、さまざまな候補から最適な場所を選びましょう。記事を参考にして、理想的な保管場所を探してみてください。中でも、トランクルームは家具の一時保管に向いています。大切な家具をきちんと保管したい場合は、特におすすめです。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!