トランクルームの収納にはコツがある! スペースを有効活用しよう!

「トランクルームの収納がうまくできない」「スペースを有効活用するコツは?」とお悩みではありませんか? 自宅に収納しきれないものが多いとき、トランクルームがあるととても便利です。しかし、便利だからといって何でもトランクルームに収納してしまうとどうなるでしょうか。気がついたときにはトランクルーム内にものが山積みになっていて、使い勝手が悪くなってしまうこともあるはずです。

この記事では、トランクルームに荷物を収納する際のコツや注意点などを詳しくご紹介しましょう。

  1. トランクルームの特徴を紹介
  2. トランクルームのスペースを有効活用するには?
  3. トランクルームを利用する際に確認すること
  4. トランクルームに荷物を収納するコツ
  5. トランクルームを利用する際の注意点
  6. トランクルームの収納に関するよくある質問

この記事を読むことで、トランクルームの収納量や、収納に役立つアイテムなどがわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.トランクルームの特徴を紹介

まずは、トランクルームのサイズやタイプにはどのようなものがあるのかをご紹介します。

1-1.トランクルームとは?

トランクルームとは、荷物を保管するためのスペースをレンタルできるサービスのことをいいます。自宅には収納しきれないものや、普段使わないものなどを保管しておく場所を、自宅以外に確保することが可能です。利用者は月々の料金を支払ってレンタルします。

1-2.屋内型と屋外型がある

トランクルームは大きくわけて屋内型と屋外型があります。屋内型はビルやマンションの一部を収納スペースとして提供している場合が多く、空調管理が整っていたりセキュリティーがしっかりしていたりするのが特徴です。一方の屋外型にはガレージタイプやコンテナタイプがあり、物置のように屋外に設置されています。空調管理やセキュリティー設備が整っていない場合が多く、その分、料金は屋内型より安い場合がほとんどです。

1-3.サイズごとの収納量は?

さまざまなサイズのトランクルームがあるため、どのくらいの量の荷物が収納できるのか確認しておきましょう。たとえば、ロッカータイプのトランクルームは本やDVDなどの収納に最適なサイズです。そのほか、1帖サイズから4帖サイズまで、収納量の目安を下記にまとめたので参考にしてください。

  • 1帖サイズ:140㎝サイズの段ボール約36個分
  • 2帖サイズ:140㎝サイズの段ボール約72個分
  • 3帖サイズ:セミダブルベッド2台分
  • 4帖サイズ:2トントラック1台分

2.トランクルームのスペースを有効活用するには?

トランクルームのスペースをできるだけ有効活用するためのポイントをご紹介しましょう。

2-1.高さを生かす

トランクルームは高さがあるので、空間を活用するのがおすすめです。背の高い棚を設置したり壁にフックを取り付けて吊るしたりして収納するのもよいでしょう。空間を有効活用することでデッドスペースができるのを防ぎ、より多くの荷物を収納できるようになります。

2-2.道具を使う

スチールラックや突っ張り棒・収納ラックなどの道具はどんどん活用すべきです。自宅のクローゼットと同じように、さまざまなサイズや形の荷物が収納しやすくなるよう工夫してみましょう。ハンガーラックを設置すれば荷物をかけて収納することもできるので便利です。

2-3.荷物を小さくまとめる

収納する荷物はできるだけ小さくまとめてください。衣類や布団など、かさばるものは圧縮袋に入れると場所を取りません。空箱などはすべて畳んで小さくしてしまいましょう。また、長細いものは立てて収納するとスペースを有効活用できます。

3.トランクルームを利用する際に確認すること

トランクルームの利用を検討するにあたって、以下のことを確認しておきましょう。

3-1.収納したい荷物の量に合ったサイズか

トランクルームを選ぶときは、収納量に合ったサイズかどうかをしっかり確認してください。収納したい荷物の量に合わないサイズのトランクルームを借りてしまうと使い勝手が悪くなってしまうでしょう。借りる前に、どのくらいの量の荷物を収納したいのか、リストを作成するなどして確認しておくことをおすすめします。

3-2.保管環境が充実しているか

保管する荷物の内容に合わせてトランクルームを選ぶことも大切です。たとえば、衣類や布団・楽器などは湿気に弱く、長く保管していると傷んでしまう可能性があります。そういったものを収納するのであれば空調設備の整ったトランクルームを選ばなければなりません。

4.トランクルームに荷物を収納するコツ

トランクルームに荷物を収納する際に知っておきたいコツをご紹介します。

4-1.出し入れのしやすさを重視する

トランクルームに保管する荷物は、出し入れのしやすさを考えながら収納してください。すべての荷物を段ボールに詰めて次々に積み上げてしまうと、下のほうにある荷物を取り出す際に大変な作業が必要になります。隙間なく積んでいくのではなく、コの字型になるように積んでいくと動線が確保しやすくておすすめです。また、出し入れの頻度が高いものは手前に、ほとんど出し入れしないものは奥に、というように、使用頻度も考慮するとよいでしょう。

4-2.何がどこにあるかわかるようにする

荷物が多くなってくると何がどこにあるのかわからなくなり、取り出したいときに探す必要が出てしまいます。最終的には、何を収納してあるのかもわからなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。段ボールに中身を書いておくなどして、何がどこにあるのか一目でわかるようにしておきましょう。

4-3.収納量が多くなりすぎないようにする

どんなに収納方法を工夫しても、収納量が多すぎるとうまくいきません。ある程度はスペースに余裕が生まれるよう、荷物の量を減らすことも考えましょう。トランクルームに収納する前に、本当に必要なものなのかを見直してみるのがおすすめです。

5.トランクルームを利用する際の注意点

トランクルームを利用する際には、以下の注意点を確認しておきましょう。

5-1.転倒防止対策をする

トランクルーム内に荷物を高く積み上げたり、背の高い棚などを設置したりする場合は、転倒防止対策を忘れないようにしましょう。何かの拍子に倒れてくると大変危険です。荷物の下に耐震マットを敷くか、ストッパーなどを使って荷物を固定することをおすすめします。

5-2.湿気対策をする

屋外型のトランクルームを利用する際は、湿気対策をしておいたほうがよいでしょう。気温差で結露が発生すると保管してある荷物が傷んでしまう可能性があります。床に直接荷物を置かないよう、すのこなどを敷くのもおすすめです。また、屋内型のトランクルームを利用する場合でも、衣類や布団などを保管する際には除湿剤を一緒に入れておくと安心でしょう。

6.トランクルームの収納に関するよくある質問

「トランクルームに荷物を収納したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.トランクルームを利用するメリットにはどのようなものがありますか? 
A.自宅のスペースを広く使える・ものを捨てずに済む・周囲に気を使うことなく荷物を収納できるなどがメリットです。

Q.トランクルームを借りる際の初期費用にはどのようなものが含まれますか?
A.月額料金のほかに、保証金や事務手数料などが必要です。

Q.トランクルームに保管した荷物は好きなときに出し入れできるのでしょうか?
A.運営会社によりますが、24時間いつでも荷物の出し入れが可能なトランクルームも多くなっています。

Q.トランクルームは契約する前に見学したほうがよいですか?
A.実際のサイズや使い勝手などを確認するためにも、事前の現地見学はしたほうがよいでしょう。

Q.トランクルームの契約には何が必要ですか?
A.一般的には、本人確認書類や金融機関の取引印・支店や口座番号がわかるもの、認印、初期費用などが必要になります。

まとめ

トランクルームのスペースを有効活用する方法や、荷物を収納するコツなどを詳しくご紹介しました。収納の悩みを解決するためにトランクルームをお探しなら、東京・神奈川の主要エリアにトランクルームを構えるアルファトランクにご相談ください。お得なキャンペーンも実施しているので詳しくチェックしてみるとよいでしょう。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!